新型「プリウス」ついに発売! 「高級仕様」と「廉価モデル」で「100万円」の差! 「意外と少ない」装備の違いとは

トヨタは2023年1月10日、新型「プリウス」を発売しました。PHEVモデルに先立って発売されたハイブリッドモデルには4タイプのバリエーションが用意されますが、最上級と最廉価グレードではそれぞれどのような違いがあるのでしょうか。

新型プリウスのバリエーションは4つ 100万円の価格差の違いは?

 トヨタは2023年1月10日、5代目となる新型ハイブリッドカー「プリウス」を発売しました。まずハイブリッド車からの展開で、PHEV車は遅れて今春の発売予定となっています。
 
 先行発売されるハイブリッド車のバリエーションは4タイプとなっていますが、最上級グレードと最廉価モデルではどのような違いがあるのでしょうか。

ハイブリッド車から発売となった新型「プリウス」
ハイブリッド車から発売となった新型「プリウス」

 トヨタのハイブリッドカー「プリウス」は同社の主力モデルに位置し、世界初の量産型ハイブリッドカーとして1997年に初代モデルが登場以来、ハイブリッドカーのパイオニア的存在となっているクルマです。

 今回のフルモデルチェンジにより5代目となったプリウスは「Hybrid Reborn」をコンセプトに掲げ、「一目惚れするデザイン」と「とりこにさせる走り」を兼ね備えたクルマを目指して開発したといいます。

 プリウスのアイコンである「モノフォルムシルエット」はそのままに、低重心化や大径ホイールを採用。インテリアもドライビングの楽しさを追求し、従来モデルのプリウスとは異なり、スポーティ志向のクルマへと生まれ変わりました。

 パワートレインは、2リッターと1.8リッターの2種類のエンジンから選択できるハイブリッドと、今春の発売を予定しているPHEVモデルを用意。

 今回は、一足先にハイブリッドモデルが発売されました。

 グレード展開は最上位モデル「Z」、標準モデルの「G」、サブスクリプションサービス「KINTO」専用「U」グレード、法人向けベーシックグレード「X」の4タイプの展開となっています。

 消費税込みの価格はXの275万円からZの370万円の間で設定され、KINTO専用のUは月額1万6610円から提供されます。

 最廉価のXと最上級グレードのZでは、100万円ほどの差が開いていますが、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。

 まず、このふたつのグレードではパワートレインが異なっています。

 新型プリウスでは同じハイブリッド車でもシステム最大140馬力を発揮する1.8リッターエンジンと、196馬力を誇る2リッターエンジン搭載車の2種類があり、UとXが1.8リッター、ZとGは2リッターの設定です。

 まずパワートレインの違いが約100万円の価格差を生む要素のひとつだと考えられます。

 続いて外装を見ていきましょう。

 エクステリアでは、Zがフロントロアグリルやリアバンパー下部、さらにBピラーやホイールアーチの塗装がツヤありのブラックとなるのに対し、ほかのグレードでは光沢のない無塗装樹脂となっています。

 ロアグリル横から伸びるように位置するLEDアクセサリーランプやパワーバックドアは、ほかのグレードにはオプションでも設定されないZ専用装備となるほか、唯一パノラマルーフもオプションで選択可能。

 ホイールを見てみると、ZおよびGでは、スポーティさが際立つ19インチホイールが標準装備。一方で、U・Xの両グレードでは17インチのスチールホイールにホイールキャップが装着されるベーシックな装いです。

 とはいえ、フルLEDのランプ類やエアスパッツ、リアスポイラーなどは全車装備されています。また購入後にエアロパーツやアルミホイールなどでカスタマイズを考えているようなら、外装の細かな違いもあまり気にならないかもしれません。

【画像】新型プリウスの「高級仕様」と「廉価仕様」ではどんな違いがある? 写真でチェックする(48枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント