国産高級ミニバンはトヨタ「アルファード」だけ!? 日産「エルグランド」やホンダ「オデッセイ」次期型ってどうなるの?

現在の高級ミニバン市場では、トヨタ「アルファード」のみ勢いがある状態です。日産は「エルグランド」、ホンダは「オデッセイ」という高級ミニバンが思い浮かびますが、両車の次期型はどうなるのでしょうか。

アルファード一強じゃつまらない!?

 ファミリー層やビジネスユースのほか、その押し出しの強いルックスも相まってドレスアップ系ユーザーからもトヨタ「アルファード」は圧倒的な支持を集めています。

 ラージサイズの高級ミニバンは、アルファードの一強時代が長く続いていますが、このジャンルを開拓した元祖高級ミニバンの日産「エルグランド」や、2021年12月に生産終了したホンダ「オデッセイ」といったミニバンの次期型はどうなるのでしょうか。

次期モデルの登場が期待される日産「エルグランド」とホンダ「オデッセイ」
次期モデルの登場が期待される日産「エルグランド」とホンダ「オデッセイ」

 エルグランドは、1997年に初代が登場。それまで人員輸送車という側面が強かった3列シート車に“高級”というテイストを持ち込み、大成功を収めました。

 しかし後発のアルファードにミニバントップの座を奪われ、エルグランドは失速気味。現在販売中の3代目モデルは2010年の登場から12年が経過したいまでも現役という、長寿モデルとなっています。

 とはいえ日産もエルグランドの復権を諦めてはいないようです。

 2020年のマイナーチェンジで先進安全装備を大幅にアップデートしたほか、プレミアム&スポーティをテーマとしたカスタマイズカーである「AUTECH(オーテック)」をラインナップに加えるなど、継続的なテコ入れがおこなわれています。

 ただ、さすがに12年前にデビューしたモデルで、間もなく登場するといわれる新型アルファードに対抗するのはあまりにも酷なこと。

 新型エルグランドには、日産が得意とする電動化技術や「プロパイロット2.0」に代表される運転支援システムの搭載を望みたいところです。

 対するオデッセイは、5代目となるモデルが2013年から販売され、2020年11月にはマイナーチェンジを実施するも、2021年末で日本向けの車両の生産が終了しました。

 その一方で、2023年度中に中国で生産した同型のオデッセイを日本国内向けに改良を施したうえで再販するというニュースが流れており、日本でオデッセイの車名が復活する可能性がありそうです。

 そもそもオデッセイの初代モデルは、当時のホンダの工場で生産が可能な最大サイズの車両として、「アコード」のプラットフォームをベースに誕生。その制約から生まれた低い全高によって、ミニバンらしからぬ走行性能が人気を集めたものでした。

 そのため、ミニバンでありながら4代目まではスライドドアではなくヒンジドアを装着。走りの良さを前面に押し出したグレードが存在するなど、ミニバン界にあって異質なキャラクターが逆にユーザーの心を捉えてきたという過去があります。

 しかし、5代目モデルは、2004年から2015年まで販売されていたホンダのラージサイズミニバン「エリシオン」と統合。全高が高くなり、スライドドアを持った上級ミニバンとして再スタートし、結果的にそれまでのオデッセイファンが離れてしまったという事実があるのです。

 そう考えると、中国から輸入販売するモデルはオデッセイではなく、オデッセイをベースに、より高級路線に振った現地でエリシオンとして販売されているモデルを、2代目エリシオンとして国内販売するほうがイメージに合致するのではないでしょうか。

 オデッセイという車名の知名度は高いのは確かですが、車名のイメージとかけ離れたモデルを販売したとしても歓迎されづらいものです。

 それならば、日本国内でラージサイズミニバンとして販売されていた実績のあるエリシオンの名前を復活させるほうが理にかなっていると思えてくるのです。

 ただし2022年12月上旬現在、高級ミニバンの後継車に関してホンダからの公式発表はなく、今後の動向が注目されるところです。

トヨタ・アルファード のカタログ情報を見る

日産・エルグランド のカタログ情報を見る

ホンダ・オデッセイ のカタログ情報を見る

【画像】豪華さではアルファード以上!? 4人乗りエルグランドがVIPすぎる!(44枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

Writer: 小鮒康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後になりゆきでフリーランスライターに転向という異色の経歴の持ち主。中古車販売店に勤務していた経験も活かし、国産旧車を中心にマニアックな視点での記事を得意とする。現行車へのチェックも欠かさず活動中。

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 車種名をオデッセイやエリシオンで出しても中途半端なサイズとフロントフェイスじゃ売れん。
    中国のエリシオン逆輸入の話も聞くけどHONDAが本気で計画してるならもうHONDAも終わりだね。

    • 何が終わりなの?
      国内の工場では生産が出来ないから輸入になるのは仕方ないでしょ。
      それとも、このままミニバンのラインナップはフリードとステップワゴンだけで良いのか?
      アルファード並みに売れるのは無理だろうけど、一定数オデッセイの需要があるのは2020年のマイチェン後の販売台数を見れば明らか。

  2. スライドドアにしてそれまでのオデッセイファンが離れたって書いているけど、5代目は4代目より売れたんだよね。
    多分歴代で一番売れなかったのは4代目じゃない?
    その状況でいつまでもロールーフのヒンジドアに拘っていたら、もっと早く生産終了していたと思うよ。
    エリシオンの車名を復活させるより知名度が高いオデッセイとして出すべき。
    イメージとかけ離れた〜って、いつまで昔のオデッセイを引き摺るつもり?

  3. エルグランドより売れているオデッセイの方が先に生産終了したのがずっと納得出来なかったんだよな。
    早急に復活させるべき。
    というか狭山工場閉鎖と同時に、シームレスに中国からの輸入に切り替える事は出来なかったのかな?