トヨタ、新型ミニバン「イノーバ ハイクロス」初公開! SUVルック&ライト付き天窓採用!? 印市場に投入

インド市場において、トヨタ新型「イノーバ ハイクロス」が2022年11月25日に世界初公開されました。

TNGA技術が取り入れられた最新MPV

 トヨタのインド法人は、2022年11月25日に新型「イノーバ ハイクロス」を初公開しました。

トヨタ新型「イノーバ ハイクロス」はどんなミニバン!?
トヨタ新型「イノーバ ハイクロス」はどんなミニバン!?

 新型イノーバ ハイクロスは、プラットフォームにTNGAプラットフォームを採用したMPV(日本でいうミニバン)です。

 ボディサイズは全長4755mm×全幅1845mm×全高1780mm、ホイールベースは2850mm。

 トヨタの次世代のクルマづくり「TNGA」が取り入れられており、2022年11月21日にインドネシアで世界初公開された「キジャン イノーバ ゼニックス」に相当するモデルとなります。

 外観は、六角形のフロントグリルとシャープなデザインのLEDヘッドライトが採用され、存在感あるフロントフェイスを実現。踏ん張り感のあるフェンダーアーチや力強いキャラクターラインなどにより、SUVらしさも感じられるデザインとなっています。

 内装は、インドにおいてセグメント初の電動オットマン付きシートや開閉可能な大型サンルーフ、イルミネーションライトなどを採用し、快適な移動空間を実現します。

 搭載されるパワーユニットは2リッターガソリン仕様および2リッターガソリン+モーターのハイブリッド仕様を設定。スポーティな走りを楽しめるパドルシフトも用意されます。

 予防安全装備として、ダイナミックレーダークルーズコントロールやレーンキープアシスト、オートハイビームなどから構成されるトヨタセーフティセンスも設定されました。

 新型イノーバ ハイクロスは、ガソリン仕様が2グレード、ハイブリッド仕様が3グレード展開されます。

【画像】トヨタが新型ミニバン「イノーバ ハイクロス」初公開! SUVルックがイカす姿とは?(34枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント