スズキ、新型「最上級SUV」を投入! 欧州仕込みの新型「Sクロス」約450万円から台湾で発売!

台湾市場に、スズキの新型「Sクロス」が導入されます。48Vマイルドハイブリッドが搭載され、2WD車と4WD車が設定されます。

48Vマイルドハイブリッドを搭載

 スズキの台湾法人は、2022年9月13日に新型SUV「Sクロス」を台湾市場で発売しました。台湾市場における、スズキのフラッグシップSUVとアナウンスされています。

スズキ新型「Sクロス」
スズキ新型「Sクロス」

 新型Sクロスは、2021年11月に欧州で世界初公開されたSUVです。

 生産はハンガリー子会社(マジャールスズキ社)が担当。2021年末より欧州を皮切りに販売が開始され、中南米や大洋州などグローバルに展開される計画が発表されていました。

 今回、台湾市場に導入される新型Sクロスは48Vマイルドハイブリッドを組み合わせた1.4リッターブースタージェットターボエンジンを搭載。129.2馬力・トルク23.9kgmのエンジンを、13.6馬力・53Nmのモーターがアシストします。燃費は19.4km/L(2WD車)です。

 4WD車には4輪制御技術「ALLGRIP」を搭載。路面状況に応じてAUTO、SPORT、SNOW、LOCKの4モードから選択可能です。

 外観は、大型フロントグリルやLEDヘッドライトを採用し、精悍な雰囲気を演出。

 内装はApple CarPlay・Android Autoのスマホ連携に対応した9インチのマルチタッチスクリーンを搭載するほか、パノラミックサンルーフも用意され車内の明るさを演出。

 荷室容量は5名乗車時で440L、6:4分割のリアシートを倒すことで最大1230Lまで拡張されます。

 衝突被害軽減ブレーキを含む予防安全技術「SUZUKI Safety Support」や360°サラウンドビューアシストシステムといった装備も搭載され、ドライバーの運転操作をサポートします。

 台湾市場で、新型Sクロスは98万台湾ドル(約454万円)から展開されます。

スズキ・SX4 S-CROSS のカタログ情報を見る

【画像】スズキ新型「最上級SUV」は大胆グリルもイイ!? 新型「Sクロス」はどんなクルマ? 画像で見る(64枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント