なぜ最近のクルマのUSBは「Type-C」が増えたの? 「Type-Aしかないのに…」の声も! 今後はType-Cが主流になるのか

USB規格には、USB Type-A、Type-B、Type-C、Lightningなどさまざまな形式がありますが、最近のクルマでは「Type-C」を搭載する車種が増えています。なぜもともと普及していたType-Aなどではなく、Type-Cを搭載するのでしょうか。

USB Type-Cが当たり前の時代に、新型モデルでは標準装備

 現在のクルマの多くは、車内に電源供給用の「USBポート」が搭載されており、半ば当たり前の装備ともなっています。
 
 そうしたクルマのUSBポートですが、従来は「Type-A」の充電ポートが採用されることがほとんどでした。しかし、最近の新型車では「Type-A」ではなく「Type-C」のみとなっていますが、それはなぜなのでしょうか。

最近の新型車では「USB Type-C」のみのモデルも続々登場しているが…なぜなのか?
最近の新型車では「USB Type-C」のみのモデルも続々登場しているが…なぜなのか?

 USB規格には、「Type-A」、「Type-B」、「Type-C」などさまざまな形式があります。しかし、ユーザーのなかには持っているのは「みんなType-A」という人も存在するなかで、最近の新型車ではType-Cのみを備えるモデルも登場。

 そうした背景からSNSなどでは「Type-Aしかないのに…」、「変換器忘れたから充電出来ない」といった声も見受けられます。

 USBの歴史をたどると、2000年代頃までのクルマでは、USBポートを車内に搭載するクルマは少なく、車内で電子機器を使う場合は「シガーライターソケット」から電源供給をする方法が主流でした。

 その後、デジタルオーディオプレーヤーやスマートフォンが大きく普及したことにより、Type-Aを車内に搭載するクルマが増え、シガーライターソケットからの移行が進みました。

 さらに近年は、従来のType-AからType-Cに移行する動きもはじまっています。

 Type-Cは2014年に登場したばかりのまだ新しいUSB規格ですが、利便性が高いこともあり、PCやスマートフォンなどのデジタル機器を中心にType-Cポートを搭載する機種が増えています。

 実際に、インドの調査会社FMIの調査によると、Type-C市場は2022年に159億米ドル(およそ2.2兆円)と評価されており、世界のUSBデバイス市場の37%のシェアを占めているといいます。

 さらに、2030年までには、1272億米ドル(およそ17兆円)に達すると予想されています。

 この波は、デジタル機器だけでなくクルマにも及びはじめ、最近の新型車種ではType-Cを標準装備するクルマも増えてきました。

 たとえば、2022年にフルモデルチェンジしたホンダ6代目「ステップワゴン」の主要グレードでは、1列目、2列目、3列目にすべての列でType-Cが使える「全列USBチャージャー(Type-C)」を標準装備。

 ミニバンだけに限らず、コンパクトカーや軽自動車でも Type-Cの採用が進んでいます。

 たとえば2022年に発売された日産初の軽自動車EV「サクラ」のGグレードでは、Type-AとType-CのUSBポートをそれぞれ1ポートずつ標準装備しています。

【画像】もはや家みたい! 新型「快適ミニバン」の内装がスゴい! 実車で確認する!(42枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント