日産、次期型「スカイラインGT-R」を投稿!? 「R36型」は過去オマージュすべき? SNSで話題のモデルレンダリングに驚愕! どんなデザインなのか

2007年から発売されている日産「GT-R(R35)」ですが、次期モデルに関する噂が絶えません。そうしたなかで、Instagramでは次期型「スカイラインGT-R(R36)」なるレンダリングが投稿されました。

こんな次期型「GT-R」もあっても良いのでは?

 2007年に登場した日産「GT-R(R35)」は、日産「スカイラインGT-R」を受け継ぐ同社が誇るスポーツカーです。
 
 しかし登場から15年も経過していることから「次期型はいつ?」「次期型は出ないの?」とさまざまな声が飛び交っていました。
 
 そうしたなかで、SNSに次期型「スカイラインGT-R(R36)」を予想するレンダリングが投稿され、大きな話題となっています。

R32+R33+R34+R35=R36爆誕! 次期型「スカイラインGT-R」の予想レンダリングがアツい!(Photo Thanks:Avante Design & Roman Miah)
R32+R33+R34+R35=R36爆誕! 次期型「スカイラインGT-R」の予想レンダリングがアツい!(Photo Thanks:Avante Design & Roman Miah)

 かつてスカイラインシリーズの高性能グレードとして設定されていた「GT-R」は、憧れの存在としてかつ日産のイメージリーダーとして存在していました。

 第一世代の「ハコスカ」や「ケンメリ」、第二世代の「R32」「R33」「R34」、そして第三世代は前述のGT-R(R35)と歴史が続いています。

 初代モデルとなるスカイラインGT-Rは1969年の3代目(ハコスカ)に設定。その後、1973年にはケンメリをベースとした2代目モデルが登場しました。

 その後、長い時を経て1989年8月に3代目(R32)、1995年1月に4代目(R33)、そして1999年1月に5代目(R34)が登場し、この3モデルを第二世代と呼びます。

 そして、2007年に登場した6代目(R35)は2022年現在でも現行モデルとして毎年のように進化を続けています。

 2022年には、最新モデル(2022年モデル)が発売されましたが、瞬く間に注文台数が予定販売数量に達したため、オーダーを終了しています。

 その一方SNSでは、年々厳しくなる燃費基準や騒音規制などさまざまな規制によって「2022年モデルが最後のGT-R?」「次のGT-Rは電動化必須?」などさまざまな噂が出ていました。

 そうしたなかで、今回SNSに投稿されたレンダリングはAvante DesignとRoman Miahが共同で制作したものです。

 投稿時にRoman Miahは次のようにコメントしています。

「2023年式日産*R36*スカイラインGT-Rのビジョンを紹介します。

このコンセプトの背後にあるアイデアは、GT-Rの将来を見据えた過去の象徴的なスカイラインのデザインキューと間違いなく日本的なスタイリングを再現することでした。

 Avante Designと協力して、6か月以上の作業と少なくとも数百時間の設計、開発、3Dモデリングを含むコンセプトを開発しました。気に入ってくれるといいな!」

 投稿された複数枚の画像を見ると、ボディ自体はR35をベースとしていますが、フロントフェイスはどことなくR34のような雰囲気を持っています。

 対してリアデザインは、R34のように異なる大きなの丸形テールランプを採用するものの、角が取れたボディ形状はR33を連想されるデザインとなっています。

 この投稿に対して海外のユーザーからは「素晴らしい」「古い外観を新しいモデルに導くのはいいアイデアだ」「なんてこった!!! こんな風に見えたら100%買っちゃう」「R35にこのR36ボディキットを装着したい!」と称賛の声が多くありました。

 また日本のSNSでもこのR36は話題となっており「めっちゃかっこいい。フロントは34だけど、リアは35で合わせたみたい」、「顔34ケツ33全体35やからある意味後継としては正しい旧世代要素の配合かなと思う」など、第二世代の良いところを合わせた部分に驚いているようです。

※ ※ ※

 現実において日産は次期型GT-Rに関する正式アナウンスはおこなっていませんが、「フェアレディZ」が7代目モデルへとフルモデルチェンジした経緯もあり、同じく日産を代表する「GT-R」ブランドも何らかの形で継承されるものと見られます。

日産・GT-R のカタログ情報を見る

【画像】これが次期型「GT-R」でも良いんじゃない? 第二世代をオマージュ! R36デザインを見る!(11枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

19件のコメント

  1. これはなかなかカッコいいですね!

  2. 日産GT−Rはただのスポーツカーではない!!
    世界では
    「スーパースポーツ」!!

  3. カッコイイ、、35よりカッコイイ、34を進化させた感じ、、このまま出して欲しい、、、

  4. R35は23モデルも出ますよ

  5. 結局「スカイラインGT-R」に戻すってのかい?
    いい加減箱型ボディも4シーターも捨てちゃいなよ

  6. まるで日産が投稿したかのような悪質な釣り記事

  7. 「勝利のためのR」が今以上に生きてない
    トヨタがコンセプトで出してたような「公道を走れるLMP」くらいレースベースとして貪欲じゃないとスカイラインから離脱した意味がない

  8. これはカッコいい!
    レーシングモディファイしたモデルが見てみたいです!

  9. カスタムカーぽくって、純正市販車には見えない。これは、ないな。
    スカイラインではないんだから、ハコから脱却すればいいのに。
    どうして、日本車のデザインは、アベンタやフェラーリ、エスプリ、の様な、
    空力的に優れた、スーパーカーぽいデザインが出来ないのだろうか?

    • 別にカッコいいからいいやろ
      それにあくまでも予想なのに文句言うとかクソやんwww

    • >アベンタやフェラーリ、エスプリ、の様な
      アベンタやフェラーリ、エスプリを買えば良いのでは?w

  10. これでGTに出るならだいぶ不利になりそう。

    やっぱり一流海外メーカーみたいな
    ・お手頃?スポーツカー(Z)
    ・ミドルレンジスポーツカー(GT-R)
    ・ハイパーカー(レース専用車的な)

    のラインアップが欲しい気もする。日本企業×大衆車メーカー×このご時世だとキツイけど。

  11. 洗練さが無い…カスタム感はあるけれど、
    次期マシンにはイマイチやなあ。゚(゚´Д`゚)゚。

  12. ホントクソみたいな釣り記事ばっかりですね。

    見出し詐欺

    やってる事月刊ムー並ですよね。

    記事としての信頼性めちゃくちゃ下げてますよ?

    最近は新型の記事かと思ってもくるまのニュースの記事だと絶対見ないようになりましたもんね。

    ぼくのかんがえたかっこいいくるまならTwitterとかで十分なんですが?

    わざわざ記事にしないでもらえません?

    鬱陶しいんで

  13. いっそのことサーフラインも復活させてほしいですね。
    原点回帰するならばスカイラインの名が付こうが付くまいがね。

  14. なにこれ、暴走族のハリボテ・デザイン
    なんで、洗練されたデザインできないの。

  15. 前が34後が35って感じで、デザイン的には退化なんだろうけど懐かしい憧れだったスカイラインの香りがする。
    個人的には大歓迎・・・値段高いから買えそうにないけど。

  16. 勝手に予想なんだから「スカイライン」が付いても付かなくても関係ないでしょ。

    軽から商用車、コンパクトカーやミニバンやSUVや電気車とか「総合的に」作ってる会社に、アヴェンタとかのハイパーカーを作ってる極小会社(生産台数として)と比較するのがそもそも、馬鹿なの?です。

    34まではまだしも、35以降はそれまでちょいと無理して頑張ってGT-Rを買えた人逹でも、1桁増えてさすがに高嶺の花になってしまったのも事実。

    フロントマスクは34、テールは33、リアフェンダーは32、ルーフやピラーラインは35をオマージュしたようなデザインは、これはこれであり。

    でもアヴェンタやフェラーリとかと張り合うなら、GT-Rではなく、新たなハイパーカーを作れば良いかと。

  17. 勝手に予想なんだから「スカイライン」が付いても付かなくても関係ないでしょ。

    軽から商用車、コンパクトカーやミニバンやSUVや電気車とか「総合的に」作ってる会社に、アヴェンタとかのハイパーカーを作ってる極小会社(生産台数として)と比較するのがそもそも、馬鹿なの?です。

    34まではまだしも、35以降はそれまでちょいと無理して頑張ってGT-Rを買えた人逹でも、1桁増えてさすがに高嶺の花になってしまったのも事実。

    フロントマスクは34、テールは33、リアフェンダーは32、ルーフやピラーラインは35をオマージュしたようなデザインは、これはこれであり。アヴェンタやフェラーリとかと張り合うなら、GT-Rではなく、新たなハイパーカーを作れば良いかと。