なぜトヨタ「タンドラパトカー」が国内に存在する? 赤青ランプ光る姿に感激!? 米国パトカーが日本で走行出来る理由とは

2022年8月11日に富士スピードウェイにてクルマのイベント「FUEL FEST」が開催されました。そこの一角にはアメリカのパトカーが数多く集まっていました、なぜなのでしょうか。

日本の公道を走れる? アメリカのパトカーたち

 2022年8月11日に国外でも開催実績のある「FUEL FEST」が、富士スピードウェイで開催されました。
 
 これらは実際にアメリカで使われていたパトカーだといいます。なぜ日本にアメリカのパトカーが存在しているのでしょうか。

アメリカに実在するトヨタ「タンドラパトカー」を再現したクルマ、現地ではどのように使われているのか
アメリカに実在するトヨタ「タンドラパトカー」を再現したクルマ、現地ではどのように使われているのか

 FUEL FESTはチューニングカーやエキゾチックカー、パフォーマンスカー、スーパーカーが集まり、カーショーやレース、音楽などを楽しめるイベント。

 その収益の一部は、映画「ワイルド・スピード」に出演していたことで有名なPaul Walker氏によって設立された災害の被災者を支援する非営利団体「Reach Out World Wide」に寄付されます。

 日本の「車好き」や「ワイルドスピード好き」が集結した本イベントの一角には、フォード「クラウンビクトリア」やフォード「エクスプローラー」、トヨタ「シエナ」、トヨタ「タンドラ」の警察車両が集結していました。

 このクルマたちは、アメリカで実際に活躍したパトカーを輸入したもの、もしくは再現したものです。

 日本で実際に活躍したパトカーやそれを再現し日本の公道を走らせることは、赤色灯の使用や点灯が道路運送車両法によって厳しく規制されているためできません。

 集結したパトカーたちを実際に輸入・改造・販売したのは、埼玉県にある「ビーピーコーポレーション」だといい、同社の山口氏は次のように話しています。

「これらのパトカーはアメリカで払い下げになったパトカーを実際に買い付けたものや日本に並行輸入されたノーマルの個体を警察車両で実際に使われているパーツを用いて改造したものです。

 アメリカでは払い下げになったパトカーをそのまま走らせることは、偽装パトカーになってしまうのではしれませんが、日本ではそれに該当しないので、走らせることができます。

 価格はクラウンビクトリアのようなセダンタイプでだいたい150〜250万円、フォードエクスプローラーのようなSUVで350万から450万円ほどかかります。

 実際にパトカーを輸入するのにはさまざまな苦労があります。まず実際にアメリカでパトカーとして使われていたので、内外装ともにボロボロです。

それを何処まで直すかはオーナーによって個人差があります。またフラッシャーやサイレンなどのパーツは取り外されていることもあるので、それらのパーツを再び集めて設置することもあります」

【画像】トヨタ「タンドラパトカー」も! 日本で走るアメリカのパトカー画像を見る(77枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント