夏に活躍「カーエアコン」内気循環と外気導入はどう違う? 使い分けの基準とは?

暑い夏のドライブにカーエアコンは欠かせません。カーエアコンを使う際は、車内の空気を循環させる「内気循環」と、車外の空気を取り入れる「外気導入」から選ぶことができますが、それぞれどのように使い分けるのが望ましいのでしょうか。

熱気を車内からどう逃がすべき?

 夏の暑い季節のドライブに欠かせないカーエアコンですが、さすがに炎天下に放置された車両では効き目が下がってしまいます。また密閉された車内は長時間の運転では空気がよどみがちです。

 より短時間で冷房を利かせるため、そして長時間のドライブを快適にする秘訣は、カーエアコンの「内気循環」と「外気導入」の使い分けにあります。

 では、なぜ使い分けすることで効果が出るのでしょうか。

カーエアコンの「内気循環」と「外気導入」
カーエアコンの「内気循環」と「外気導入」

 カーエアコンの熱交換器に通される空気は2種類。車内の空気を循環させる「内気循環」と、車外の空気を取り入れる「外気導入」です。

 このふたつの違いで分かりやすいのが吹き出し口からの風量です。

 内気循環の場合は車内の密閉空間内で空気を循環させるため、車内の圧力は一定。対して外気導入の場合では密閉された車内に対して、外の空気を押し込む形になってしまうため、その分抵抗が生じてしまい吹き出し口の風量が若干弱くなります。

 外気導入では車外から空気を取り入れるため、どうしても排ガスなどのニオイが車内に入ってきやすいというのも特徴です。

 一見すると外気導入を使うメリットはないのでは、と思うかもしれません。しかし上手く使い分けすることで、エアコンの稼働効率を高め、より快適な運転が可能になります。

 JAFが過去におこなったユーザーテスト「夏の駐車時、車内温度をもっとも早く下げる方法は?」では、エアコンの内外気での違い、ドア開閉、冷却スプレーの使用など様々な方法が試されています。

 その結果一番効果があったのは「外気導入エアコン+窓を全開にして走行」というもので、開始から2分足らずで30℃以下にまで車内温度が下がっています。とにかく車内の熱気は走行風も使って排出することが重要なのです。

 また締め切った状態でのエアコンの内外気での違いに関しても、相対的に涼しい外気を取り入れる外気導入の方が、初動では早く冷えることも分かっています。温度が高い車内の空気を内気循環で取り込んで冷やすよりも、温度が低い外気を取り込んだ方が冷房の効率が上がるのです。

 以上のことから、車内の熱気を短時間で排出するためには外気導入を積極的に使い、熱気排出後は内気循環に切り替えるのがもっとも効率的といえます。

【画像】内気循環ばっかり使ってない? 内気と外気を「切り替えるべき」状況をチェック(12枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント