黄信号は「進め・止まれ」どっち!? 交差点で見かける「黄色ダッシュ」は問題ないのか

道路の信号は3色ありますが、黄信号について、ドライバー の中で認識が分かれている向きもあります。では、黄信号にはどういった意味があるのでしょうか。

信号機の黄色の意味とは?

 道路の各所には、円滑な交通を保つために信号機が設置されています。
 
 信号は赤、黄、青の3色がありますが、なかでも黄色にはどういった意味があるのでしょうか。

黄色信号は進め・止まれどっちなの? (画像はイメージ)
黄色信号は進め・止まれどっちなの? (画像はイメージ)

 信号の色にはそれぞれ意味があり、青は「進むことができる」、赤は「止まれ」を意味することは多くの人が知っているでしょう。

 そんななか黄色の意味について、SNSでは「止まれだよ」「減速だよね」といった声がある一方で、「黄色信号で行こうとしてる人いる…」「黄色信号で加速する人いるよなあ」など、黄信号で進むドライバーもいるようです。

 ユーザーの中でも黄信号について、進め・止まれで認識が分かれているといえますが、実際のところどういった意味があるのでしょうか。

 黄信号は、道路交通法施行令第2条で以下のように規定されています。

「車両及び路面電車は停止位置をこえて進行してはならないこと。」

 ただし後には、「黄色信号が表示された時に停止位置に近づいているため安全に停止することができない場合を除く」とも書かれています。

 つまり、黄信号は「止まらなければならない」というのが原則ですが、止まるためにブレーキをかけることが危険な場合もあるため、安全に停止できない場合は進むことが認められているということを意味します。

 このため、黄信号で進んでいるドライバーは、信号無視違反に該当する可能性も。信号無視(赤色等)違反をした場合には違反点数2点、普通車の場合は反則金9000円が科されます。

 黄信号について、元警察官のBさんは以下のように説明します。

「黄信号に関しては『信号の停止線の前で止まれ』の意味です。

 ただし、『安全に停止できない場合を除く』とされているので、スピードが出ていて急ブレーキをしなければ止まれない場合などは除外されると考えられます。

 このため、日頃から信号をよく見て、安全に停止できるように心がけることが大切です」

 SNSでは、黄信号で加速する「黄色ダッシュ」を見かけるとの声もありますが、黄信号は原則止まれを意味するため運転には十分な注意が必要です。

※ ※ ※

 その一方で黄信号になった時に、どのくらいのスピードで、停止位置に対してどのくらいの距離にいる場合は止まらなければならないのか、具体的な目安があるかというと、これに関して法令などで定められたルールはありません。

 交差点によって青信号の点灯時間は異なり、車両用の信号機しかない場合や、時差式信号機、歩車分離式信号機のある交差点などでは、黄色に変わるタイミングを予測することが困難な場合も多くあります。

 また、その時のスピードやクルマの位置、後続車の有無やその位置など、周囲の状況について確認しなければいけないことがいくつもあります。

 このため、交差点では特に周囲に歩行者や他のクルマがいたらすぐ止まれるようなスピードで通行することが大切といえます。

【画像】「初めて見た!」見かけたらレアかも? 信号の「黄色矢印」の意味とは 画像でチェックする(15枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. まあ、概ね説明されている通りだけど一番大事なのは「交差点を通過するときは、いつでも止まれる速度で通過すること」であり、相手が信号無視でも交差点という場所の性質上、相手と自分が動いていたら双方に過失が付く可能性があること。こちらが軽症や無傷で、相手が大怪我や死亡した場合。そして無保険の場合はこちらの過失割合が高くなり、優先度が高くても無保険被害者救済のために自分の任意保険を使わなければならなくなったというケースもある。これはケースに依るところも大きいので必ずしもそうとは限らないが、基本的に交通弱者が相手だと相手が悪くても自分が悪くなることを避けるために必要。
    あと、安全に停止できない場合には通過しても構わないが、元警察官から聞いた話では、それでも信号無視で捕まる可能性があるので、止まる気がなくてもブレーキを軽く踏んで制動灯(ブレーキランプ)を点灯させることで、「一応は止まる意志があった」ということを周囲に知らしめろということ。
    黄色で通過するかどうかについてはアレコレ言うつもりはないが、最終的に自分の免許を守る。相手が悪くても自分の保険の等級や、過失割合が付いて経済的損失を受けないようにするという意識が必要。
    尤も、どんなケースに於いても事故が起きても自分の損害を可能な限りゼロにする努力は、相手が悪くても相手を守ることになり、結果として自分の生活を守る事になる。気持ちの持ちようとしては、絶対に相手の過失を100%にしてやる!くらいの防衛運転さえしていれば、つまらない事故はほぼ回避できる。

  2. 普通に運転してる分にはたいてい止まれるはず。止まれないのはスピードの出しすぎと止まる気がない。皆普通の運転が出来ないだけでしょ。
    黄色ダッシュはアホの典型的な走り方ですね。こんな運転手が減れば事故も減るでしょうに。
    事故するなら他人に迷惑かけない事故に勝手にしてと。

    • 間違いない

  3. 制限速度もやって欲しい
    目安?最低速度?最高速度?

  4. 制限速度もやって欲しい
    目安?最低速度?最高速度?

  5. 制限速度もやって欲しい
    目安?最低速度?最高速度?
    おねがいします