新型SUVで「車中泊」可能!? 老舗4代目は車内で「寝れる!」日産 新型「エクストレイル」に寝転んでみた

日産は2022年7月20日に「エクストレイル」をフルモデルチェンジしました。アウトドアで活用できるタフなキャラに上質さを加えた新型は、室内空間も拡大しました。車中泊は可能でしょうか。

実際にテスト! 新型「エクストレイル」は大人1人なら「寝れる!」

 フルモデルチェンジした日産「エクストレイル」は、第2世代「e-POWER」と可変圧縮比エンジン「VCターボ」、電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」を組み合わせ、走行性能や燃費を格段に向上。先進運転支援機能も充実し、デザインの質感もアップさせたことで商品力を大幅に高めました。

 室内空間も拡大した新型エクストレイルですが、いま急速に注目度が高まる「車中泊」への対応力はどうでしょうか。

2022年7月20日に発表されたばかりの日産 新型「エクストレイル」(2列シート車)にさっそく「寝てみた!」 [モデルは身長約170cmの編集部員]
2022年7月20日に発表されたばかりの日産 新型「エクストレイル」(2列シート車)にさっそく「寝てみた!」 [モデルは身長約170cmの編集部員]

 新型エクストレイルのボディサイズは、全長4660mm×全幅1840mm×全高1720mm、ホイールベース2705mm。

 先代(3代目)モデルと比べると全長で-30mm、全幅+20mm、全高-20mmほど変化し、ホイールベースは先代同等となっています。

 全体にサイズの変化は少ないものの、着座位置やシート厚の見直しなどを図ったことで、全高は下がったものの後席のヘッドルームは拡大。足元空間も拡大させました。

 後席のシートスライド量は20mm増やされ、荷室長も拡大。荷室空間は形状を見直し、開口幅も拡がっています。ハンズフリー機能付きリモコンオートバックドアの設定などと相まって、使い勝手も向上しました。

 さて、肝心の車中泊性能はどうでしょうか。

 新型エクストレイルの5人乗り(2列シート)仕様で実際に試してみました。

 後席(セカンドシート)は、4:2:4分割可倒式です。

 ただし倒した際の座面のダイブダウン機構や、座面だけ独立で前倒しするダブルフォールディング機構などは備わらず、後席背もたれもフラットにはなりません。

 身長170cmの編集部員が実際に新型エクストレイルに寝転んでみたところ、床面後端から後席背もたれにかけての長さ(荷室床面長)が足らず、真っ直ぐに寝ることはできませんでした。

 後席足元と前席の間を荷物などで埋めたうえで、アウトドア用のエアマットなどで補正してやると、もう少し荷室積下面長も稼げて、寝やすくもなりそうですが、いずれにせよ大柄な人は斜めに寝ることになりそうです。

 後席シート幅は最大で1239mm(日産社内測定値)あるので、ひとり用の「ベッド」と考えれば充分な空間といえます。

※ ※ ※

 車中泊派にとって、新型エクストレイルから荷室内に100V(1500W)のAC電源を新設定したのも注目ポイントです。

 これまでもUSB電源やDC12Vのソケットなどはあり、スマートフォンの充電などには使用できましたが、アウトドアや移動中の車内などで家電製品が活用できるようになったのは、大きな変化といえるでしょう。

日産・エクストレイル のカタログ情報を見る

【画像】「荷室広め!」使い勝手も良好な老舗ブランド 日産 新型「エクストレイル」を写真で見る(34枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント