トヨタ「ランドクルーザー79 テント泊仕様」がスゴい!タフ顔「オーバーランダー」に注目! 新「車旅」のカタチとは

自然の絶景のなかをクルマで走りながら、気ままに野営をするライフスタイル「オーバランド」。その世界観を完全に再現したトヨタ「ランドクルーザー79」が存在します。どのような特徴を持ったモデルなのでしょうか。

これがリアルなカタチ! トヨタ「ランドクルーザー79」 オーバランド仕様とは?

 近年、徐々に人気が高まっている「オーバランド」。その世界観を完全に再現したトヨタ「ランドクルーザー79」(ピックアップトラック)が存在します。
 
 どのような特徴を持ったモデルなのでしょうか。

完全オーバランド仕様! トヨタ「ランドクルーザー79」が凄すぎる!(画像提供:フレックス・ドリーム)
完全オーバランド仕様! トヨタ「ランドクルーザー79」が凄すぎる!(画像提供:フレックス・ドリーム)

 2015年に日本での販売がなくなってからも、ランクリストたちからの圧倒的な人気を誇るランドクルーザー70系。

 その希少価値にプレミア価格が付いて、300系より高い車両も存在するくらいです。

 世界中のオフロードで活躍するランドクルーザー70系ですが、その舞台のひとつがオーストラリア。

 アウトバックと呼ばれる荒野が国土の大半を占める同国では、優れた悪路走破性を持つオフロード4WDが必要だからです。

 2018年に生産されたランドクルーザー(シリーズ全体)は37.9万台でしたが、そのうち4.6万台がオーストラリアを含むオセアニアに輸出されました。この台数は、アジア諸国に輸出された総数を超えるものです。

 オーストラリアといえば、昨今日本でも注目されているクルマ旅のスタイル「オーバーランド」発祥の地でもあります。

 本来、遊牧民の移動のスタイルであった移動のスタイルを、クルマに合わせた現代的なスタイルにアレンジしたオーバーランド。

 目を奪われる自然の絶景のなかを走りながら、気ままに野営をするライフスタイルは、多忙な現代人の心を癒やしています。

 そのオーバーランドで使うクルマを「オーバーランダー」と呼びますが、昨今ではそのカスタムメニューをSUVにアレンジしたドレスアップが流行中。

 日本ではトヨタ「RAV4」などをオーバーランダーにするカスタムショップが増えており、アウトドアブームの追い風もあって、短期間でユーザーの間に広がっています。

 そんななか、ランドクルーザーの中古車販売・カスタムをおこなっている「フレックス・ドリーム」が、これぞホンモノのオーバーランダーというランドクルーザー79を造って話題を呼んでいます。

 この79は、オーバーランドの必須アイテムといえるルーフテントを筆頭に、ルーフラック、サイドオーニングを装着。

 これだけなら、よくあるスタイルですが、この車両がホンモノのオーバーランダーといえる装備は、オフロードへの備えです。

 カンガルーバーと呼ばれるスチール製のバンパー&グリルガードや、ボディサイドとタイヤを障害物へのヒットから守るサイドレール、ドアシルを守るためのサイドステップも追加されています。

【画像】ド迫力な「ランクル79」がスゴい! こんな車旅したい? 憧れを見る!(19枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント