超ド級「紅旗 最高級ミニバン」初公開!? アルファード超えの「迫力グリル採用」 過熱する中国ミニバン市場に導入へ

昨今、中国のミニバン市場には、さまざまなメーカーから多様なモデルが投入されています。そうしたなかで、中国で歴史のある紅旗も高級ミニバンを導入するようです。

 中国の歴史ある高級車「紅旗」。2021年2月に日本で上陸、販売を開始したことでも話題となったこのブランドです。
 
 その紅旗が、セダン、SUVと続き、今度は高級ミニバンをリリースする予定であるのがわかりました。

この存在感はホンモノ!? 紅旗の「最高級ミニバン」が発表を控えている!(画像元:中華人民共和国工業情報化部/通称:工信部)
この存在感はホンモノ!? 紅旗の「最高級ミニバン」が発表を控えている!(画像元:中華人民共和国工業情報化部/通称:工信部)

 紅旗は、中国で最初に誕生した自動車メーカー「第一汽車」が展開する高級車ブランドです。

 最初のモデル「紅旗 CA72」が1958年に誕生して以来、多くの中国の要人に愛されてきました。

 現在、紅旗では「Lシリーズ」と「Hシリーズ」の2つのシリーズをラインナップしています。

 Lシリーズは初代モデルの流れを汲む保守的なデザインで、Hシリーズは伝統を重んじながらも、よりモダンな要素を加えたシリーズです。

 Hシリーズは古典的な従来のセダン形状に加え、SUVも複数取り揃えておりハイブリッド車やプラグインハイブリッド車(PHEV)、電気自動車(BEV)、燃料電池車(FCEV)などの電動化モデルも続々と投入されています。

 日本においては、2021年2月に日本向けモデルの第1弾としてHシリーズ最高峰の「H9」が上陸し、販売を開始。2022年2月には日本向け第2弾となるSUV「HS7」も上陸し販売開始しています。

 その紅旗ブランドが今度は高級ミニバン市場へ参入することがわかりました。

 中国では今、ファミリー向けや高級志向問わず、ミニバン市場の競争が激化しています。紅旗がリリース予定の高級ミニバンについて、現在判明している情報を見ていきましょう。

 この情報が判明したのは、中華人民共和国工業情報化部(通称、工信部)のサイトからです。

 工信部は日本でいうところの経済産業省や総務省の業務を扱う機関となり、中国では自動車メーカーが新型モデルを正式発表する前に、その情報を工信部に届け出る必要があります。

 そのため、工信部が掲載する情報を元にこれからどのようなクルマが発表されるのかが事前に分かるシステムとなっています。

 紅旗がリリースを予定している高級ミニバンの情報は2022年5月の情報公開で明らかとなりました。

 まず、エクステリアデザインは紅旗最新のデザインランゲージを採用しており、純電動SUV「E-HS9」やセダン「H9」「H5」にも採用されている、「流れる滝」をイメージした大型のフロントグリルが特徴的です。

 まさに、H9をそのままミニバンにしたような見た目といえるでしょう。

 リアは左右一体型のテールライトが存在感を発揮しており、フロント同様にH9などの車種と同じデザインを採用しているのがわかります。

 肝心のボディサイズですが、工信部の情報では全長5222mm×全幅2005mm×全高1935mmとなっています。

「ハイエース」がベースのトヨタ最大のミニバン、「グランエース」のボディサイズが全長5300mm×全幅1970mm×全高1990mmとなっているので、紅旗ミニバンは全幅2m超えですがグランエースとほぼ同じサイズ感といえそうです。

 なお、グランエースが販売されていない中国市場において、トヨタの販売する最大のミニバンは全長5170mm×全幅1990mm×全高1740mmのボディを持つ「シエナ」と姉妹車の「グランビア」です。

 なので、単純比較ではトヨタが展開する「アルファード/ヴェルファイア」や、シエナ/グランビアをも凌駕するサイズを持つ高級ミニバンということになります。

 また、ホイールベースは3200mmとなっており、アルファードなどの3000mmよりも200mm長いということで、広々とした室内空間では極上のくつろぎを体験できることとなるでしょう。

【画像】アルファード超えの超豪華ミニバン! ド迫力グリルが凄すぎる! 実車を見る!(52枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事