トヨタが福島産の水素で街づくり!? イオンと双葉町・浪江町が手を組み「世界初」のFCV型移動販売車導入へ

トヨタと福島県双葉町、浪江町、イオン東北は2022年5月31日、水素燃料電池自動車(FCV)を活用した移動販売事業に関する基本協定を締結しました。

FCVを用いて福島で持続可能な未来の街づくりを

 2022年5月31日、トヨタ自動車と福島県双葉郡双葉町、双葉郡浪江町、イオン東北の4者が「特定復興再生拠点区域等における水素燃料電池自動車(FCV)を活用した移動販売事業に関する基本協定」(以下「基本協定」)を締結したと発表しました。
 
 トヨタによると、FCVの移動販売車は世界初の取り組みだといいます。

トヨタとイオン東北、双葉町・浪江町が手を組み誕生する「世界初」の水素燃料電池自動車(FCV)型移動販売車
トヨタとイオン東北、双葉町・浪江町が手を組み誕生する「世界初」の水素燃料電池自動車(FCV)型移動販売車

 基本協定の具体的な取り組みの一環として、6月10日より、双葉町と浪江町において特定復興再生拠点区域等、買い物支援の需要が高い地域を対象に移動販売事業が実施されます。事業主体はイオン東北となります。

 両町での特定復興再生拠点区域の避難指示解除に向け、イオン浪江店を拠点とした買い物環境の充実・整備を通じ、買い物に困難を感じている町民を支援する取り組みです。

 またこれから町に戻ってくる町民や新たに町に移住する人たちが、安心して暮らせる地域社会の実現を目指すとします。

 さらに2050年カーボンニュートラル社会の実現に向け、水素を燃料とした世界初の燃料電池自動車(FCV)を用いた移動販売車が事業に導入されます。

 イオン東北とトヨタが、水素技術を利活用した持続可能な未来のまちづくりを、双葉町・浪江町とともに貢献したいとする考えに基づくものです。

※ ※ ※

 今回の基本協定は、ふたつの自治体とふたつの企業が、互いに持つ資源やノウハウ等を活用し、地域の持続可能性や環境配慮、東日本大震災からの復興を念頭に置きながら、移動販売事業を実施するものです。

 買い物環境に困難を感じている両町民を支援することにより、地域の課題解決や行政サービスの向上等を図り「未来につながる持続可能なまちづくり」を実現するとしているといいます。

 その背景には、東日本大震災及び原子力災害により甚大な被害を受けた福島県浜通り地域の復興を支援するため、2019年7月にイオン浪江店をオープンするなど、ライフラインである買い物環境の整備をすすめるイオン東北の取り組みがありました。

 またトヨタも福島県との連携を中心に、福島水素エネルギー研究フィールドが立地する浪江町をはじめ、さまざまなパートナーと連携し、福島発の水素技術を活用した新たな未来のまちづくりに向けた社会実装の検討を進めています。

 FCVによる移動販売車の取り組みを通じ、4者はさらに連携を深め、さらなる地域の活性化や町民への新しいサービスの創出に取り組むとしています。

【画像】近未来の移動販売車は福島産の水素で動く!? 世界初の“持続可能な”移動販売車を見る(19枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント