ご先祖はコンパクトなクロカン車!? ダイハツ初代「ロッキー」はイケてるオフローダーだった!

コンパクトSUVのなかでもトップクラスの人気を誇っているモデルがトヨタ「ライズ」です。ダイハツと共同開発され、ダイハツからは姉妹車の「ロッキー」が販売されていますが、このロッキーの車名はかつて販売されていたモデルに使われていました。そこで、初代にあたるロッキーとはどんなクルマだったのか、振り返ります。

初代「ロッキー」はイケてるコンパクトクロカン!

 近年、SUV人気は世界的な規模で進行し、今では完全にブームになっている状況です。国内メーカーも新型車の多くがSUVで占められており、さまざまなセグメントと価格帯のモデルを展開しています。

ダイハツ初代「ロッキー」はコンパクトかつスタイリッシュなクロカン車だった!
ダイハツ初代「ロッキー」はコンパクトかつスタイリッシュなクロカン車だった!

 国内市場では、SUVのなかで常に販売台数の上位に位置しているのが、2019年11月に発売されたコンパクトSUVのトヨタ「ライズ」です。

 ライズはトヨタとダイハツの共同開発によって誕生し、ダイハツブランドからは姉妹車の「ロッキー」がラインナップされ、2021年11月にはハイブリッドモデルが加わり、さらに人気を集めています。

 このロッキーという車名は、過去に販売されたモデルに使われていた実績があり、現行モデルは2代目ということになりますが、初代もなかなか個性的なモデルでした。

 そこで、初代ロッキーはどんなクルマだったのか、振り返ります。

※ ※ ※

 初代ロッキーはバブル景気の絶頂期だった1990年6月に誕生。ロッキー山脈からアメリカの西海岸をイメージしたところに由来したネーミングでした。

 ボディサイズは全長3800mm×全幅1635mm×全高1725mmと日本の道路事情にもマッチしたコンパクトさで、外観はシンプルなスクエアなフォルムですが、オーバーフェンダー状の前後フェンダーがアクセントになっており、スポーティかつスタイリッシュな印象となっていました。

 ボディタイプは3ドアの「レジントップ」の4名乗車のみで、キャビン後部が樹脂製のキャノピーになっており、リアのルーフからサイドウインドウにかけて取り外しでき、気軽にオープンエアドライブを楽しめました。

 車体構造は本格的なラダーフレームにボディを架装した、生粋のクロスカントリー車として開発され、北米や欧州でも展開されたグローバルカーでした。

 搭載されたエンジンは最高出力105馬力を発揮する1.6リッター直列4気筒SOHCガソリンのみで、トランスミッションは当初5速MTのみでしたが、1992年3月に実施されたマイナーチェンジで4速ATも加わりました。

 また駆動方式は当時のクロカン車では珍しかったフルタイム4WDと、手動でトランスファーを切り替えるパートタイム4WDをラインナップしていましたが、AT車の登場と同時にパートタイム4WDに一本化されました。

 サスペンションはフロントにトーションバースプリングを用いたダブルウイッシュボーン、リアはリーフスプリングのリジッドアクスルで、悪路走行時の耐久性を重視していました。

 コンパクトな車体ということもあってクロカン車としては軽量で、車重は全グレードとも1250kg前後に収まっており、高い悪路走破性を誇りました。

 初代ロッキーはコンパクトなクロカン車として一定の人気を獲得しましたが、スズキ「ジムニー1300」(後に「ジムニーシエラ」に改名)や、後発の三菱「パジェロジュニア」にシェアを奪われてしまい、1997年に生産を終了。そして、前述のとおり22年の歳月を経て復活を果たしました。

※ ※ ※

 初代ロッキーが販売されていた頃、ダイハツはもう1台のコンパクトクロカン車「ラガー」も販売していました。

 1984年に発売されたラガーはロッキーよりもひと回り大きいボディでしたが、それでも標準仕様は5ナンバーサイズに収まっていました。

 ラガーも1997年に生産を終えましたが、ダイハツが同時期に2台のクロカン車を販売していたとは、なんとも贅沢な時代でした。

ダイハツ・ロッキー のカタログ情報を見る

【画像】ダイハツがかつて販売していた激レアなクロカン車を見る(20枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント