「でかくてテンション上がる!」高速道路の「大きいSA」はどこ? 東日本・中日本・西日本から厳選3選

高速道路を利用する際に欠かせないSA(サービスエリア)。人とクルマが休憩できる施設ですが、「規模が大きい」SAを東日本・中日本・西日本に分けて3か所紹介します。

日本最大級の規模を誇るサービスエリアは?

 高速道路のSA(サービスエリア)は、人とクルマが休憩できる施設ですが、近年はその枠を超えてレジャーの性格を帯びた大規模な場所も増えています。

 では、規模の大きいSAはどこなのでしょうか。面積や駐車台数、店舗数、利用者数など複数の観点から選んだSAを、NEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本管内から1か所ずつ紹介します。

規模の大きいSAといえば東名高速の海老名SA
規模の大きいSAといえば東名高速の海老名SA

●海老名SA(東名高速、NEXCO中日本)

 東名高速の海老名SA(神奈川県海老名市)は、同路線で最も東京寄りに設置されているSAです。この区間は1日10万台近くの交通量があり、東名の中でも特に混雑しています。

 そんな中にある海老名SAは「日本で最も大きいSA」としてメディアに取り上げられることも多く、高い知名度を誇ります。

 2020年7月にリニューアルして「EXPASA(エクスパーサ)海老名」と名称が変わりました。

 このEXPASAは、現在のSAの概念を超えるという意味を込めたEXCEED(外へ、超越などの意)、EXCELSIOR(ラテン語でさらに高い、向上の意)と、PA(パーキングエリア)、SAを合わせた造語です。

 駐車台数は、上り線で大型車89台、小型車446台の計535台、下り線で大型車98台、小型車528台の計626台という大きな規模であることが分かります。

 さらに、レストランやカフェ、フードコートなどの飲食店の数は、上下線合わせて約20店舗に上ります。

 障害者用駐車スペースや車いす、ベビーカーの無料貸し出し、専用授乳室なども用意されており、どんな人でも便利なSAであることは間違いないでしょう。

 また、この海老名SAといえばメロンパンが有名です。1個270円で販売されています。

 この海老名SAについてSNSでは「立ち寄るだけでなく、目的地として遊びに行きたくなる」「海老名SA目指して行くぞ?!」「海老名SAのご飯美味しい」「メロンパンが欠かせない」といった声が多くみられ、海老名SAを目的地として楽しんでいる人も多くいるようです。

 このように海老名SAは、従来のSAのイメージを超えて、多くの人が楽しめる場所として利用されています。

【写真】「外はカリッと中はふわっと」の海老名SA名物と、規模の大きなSAの写真を見る!(26枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント