エスティマ感ある5m超えボディ!? 11人乗り新型MPV「スターリア」に熱視線! テント完備のキャンプ仕様にも注目

幅広いラインナップが特徴となるヒョンデの新型MPV「スターリア」に、キャンピングカー仕様やショーファードリブン仕様が追加されました。個性的な外観も注目されるスターリアですが、どのようなMPVなのでしょうか。

全長5m超えの巨体

 ヒョンデは、同社のMPV(日本でいうミニバン)「スターリア」をベースにした「スターリアラウンジ キャンパー」「スターリアラウンジ リムジン」を2022年4月19日に韓国国内で発売しました。

 前者は最大11人乗りのキャンピングカー仕様、後者は最大9人乗りのショーファードリブン仕様となりますが、ベースとなったスターリア自体も、日本でテスト車両が注目を集めていました。どのようなMPVなのでしょうか。

ヒョンデ「スターリア」(画像はドイツ仕様)
ヒョンデ「スターリア」(画像はドイツ仕様)

 スターリアは、全長5255mm×全幅1995mm×全高1900mmという大柄なボディに後席両側スライドドアを装備したモデルで、韓国市場では2021年4月15日に発売されました。

 その後、東南アジアやオセアニア、中東、ヨーロッパの一部地域で販売をスタートしています。

 内外装は、宇宙船をイメージしたとされるワンモーションフォルムや水平基調のデイライト、韓国の伝統的な建築様式「韓屋(ハノク)」をイメージして大きく取られたガラスエリアなどが特徴。

 バン仕様から、VIPの送迎にも対応した豪華仕様「スターリアラウンジ(海外名:スターリアプレミアム)」、最大11人乗りの乗用仕様など、幅広いラインナップが設定されます。

 また2021年4月の段階で、キャンピングカー仕様やショーファードリブン仕様などの派生車を開発する計画があることがアナウンスされていました。

 ほかにも、最大15人乗りの子ども向け通学送迎車「スターリアキンダー」が韓国で販売されます。

 なお、2022年2月に乗用車部門の日本再参入を発表したヒョンデですが、いまのところ日本では「アイオニック5」「ネッソ」といったZEV(ゼロエミッション・ビークル)のみの展開で、スターリアの導入はアナウンスされていません。

 しかし、ヒョンデ関係者によると見られるスターリアのテスト走行は日本国内でも目撃され、SNSで拡散。

 SNSユーザーのなかには、ワンモーションフォルムである点が似ているトヨタ「エスティマ」を想起する人も少なくないようです。

 それではここでクイズです。

 下記4か国は2022年現在、ヒョンデの現地法人によってスターリアがラインナップされている国となります。日本と同じ左側通行・右ハンドルの国はどれでしょうか。

【1】ドイツ

【2】オーストラリア

【3】アラブ首長国連邦

【4】韓国

※ ※ ※

 正解は【2】の「オーストラリア」です。

 オーストラリア以外では、ニュージーランドやタイ、インドネシアといった国も左側通行・右ハンドルの国で、かつスターリアが導入されています。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定

●くるまマイスター検定 公式ウェブサイト

【画像】11人乗りキャンプ仕様も爆誕! 新型MPV「スターリア」に熱視線! つるんとした斬新ボディを画像で見る(42枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. なぜなんだろう?
    日本未発売の韓国車は他にもいっぱいあって
    現地で高評価な車は他に色々あるのに
    現地でも大して話題に上がらないスターリアの記事ばかりを意図的に載せるんだよな。