「広~い車内がイイ!」ミニバンは単なるファミリーカーじゃない! オーナーが実践する意外な使い方

トヨタ「ノア/ヴォクシー」やホンダ「ステップワゴン」が全面刷新し、ミニバンが注目を集めています。ミニバンの魅力とはどのようなところにあるのでしょうか。オーナーに聞いてみました。

ミニバンの広い居住空間は一度使うと手放せない!

 トヨタ「ノア/ヴォクシー(ノアヴォク)」が8年ぶりにフルモデルチェンジしたり、それらのライバルであるホンダ「ステップワゴン」も新型に刷新されるなど、2022年はミニバンが豊作の年ともいえます。

多数のバックオーダーを抱えるトヨタ新型「ノア/ヴォクシー」
多数のバックオーダーを抱えるトヨタ新型「ノア/ヴォクシー」

 トヨタ「シエンタ」やホンダ「フリード」といったコンパクトミニバンや、ノアヴォク、ステップワゴン、日産「セレナ」などミドルサイズミニバンに加え、トヨタ「アルファード」「ヴェルファイア」に代表されるラージサイズの高級ミニバンなど、日本ではさまざまなタイプのミニバンが販売されています。

 アルファードは2021年に9万5049台も販売(登録)されてミニバンのトップに君臨するほか、新型ノアヴォクは7万台以上ものバックオーダーを抱えているといわれているなど、ミニバン人気は衰えることを知りません。

 ファミリーカーの代表格であるミニバンは、どのようなところが魅力なのでしょうか。

 実際にミニバンを所有しているオーナーに、ミニバンのメリット・デメリットを聞いてみました。

 新型が登場する直前に先代「ノア」に乗り換えたNさん(50代・男性)は、次のようにいいます。

「ノアを乗り継いで3台目になります。ミドルサイズなので取り回しもそれほど苦にならず、走行性能についても不満はしないです。

 何より最大で7名乗車できるので、息子夫婦や孫と一緒に1台で移動できるのはミニバン最大のメリットだと思います」

 多人数乗車でも余裕のある、広々とした居住空間がミニバン最大のメリットだと感じているそうです。

「趣味で始めた農作業の道具などが意外にかさ張るんです。そんなときは3列シートを跳ね上げてラゲッジスペースを拡大して搭載できるなどシートアレンジがしやすいのも魅力ですね。

 たとえ2名乗車でも、いざというときに大きな荷物を気兼ねなく積載できるのもミニバンを選んだ理由のひとつです」

 しかし、ミニバンの形状ゆえのデメリットもあるといいます。

「タイヤが四隅に設置されていてホイールベースが長い分、内輪差は大きいと思います。また山の中腹にある旅館など、傾斜のある駐車場でハンドルを切りながら下るというシチュエーションがあるのですが、その場合はサイドを擦りそうになりやすいので注意が必要です。

 あとは、通常の走行は問題ないのですが、ボディが大きく重いので、高速道路の上り坂などではパワー不足を感じることもあります」

 ただ、それも広々とした居住空間の魅力には代えがたいと割り切っているそうです。まさに移動する「プチ倉庫」として活用しているとのことです

 トヨタ「シエンタ」に乗っているYさん(40代・女性)は、自宅の駐車場に入るサイズのなかで、利便性を優先してコンパクトミニバンを選択したのだそうです。

「家族だけでなくペット(犬)3匹と一緒に暮らしているので、旅行や通院なども含めて一緒に乗れるクルマというのがクルマの条件でした。

 ペットのケージをラゲッジスペースだけに集中させたくなかったので、3列シートのクルマを選びました」

 ペットを飼っている人にとっては、一緒に行動できる車内スペースがクルマ選びの大切な条件なのかもしれません。1匹ならまだしも多頭飼いとなると、やはりミニバンを選ぶ確率は高そうです。

「3列シートを装備しつつ5ナンバーサイズということでシエンタに乗っています。実はシエンタは2台目なんです。

 やはり3列シートの便利さを知ってしまうと、なかなかセダンやコンパクトカーには戻れないですね」

 普段は一人で乗る機会が多いにしても、シートアレンジで広がるラゲッジスペースや、いざというときに多人数乗車が可能という点は、ミニバン最大のアドバンテージとなっているようです。

 また、車内は圧迫感も少なく、長距離でも疲れにくいところも良いとYさんはいいます。

 さらに、現代のミニバンは先進安全装備や運転支援技術も充実したおり、さまざまな用途に対応できる汎用性の高さを持っていると評価できそうです。

【画像】新型ノアヴォク・ステップワゴンのカスタムカーがかなりイイ!(33枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント