1000万円超えもある! いま買える「国産FRスポーツカー」はナニ? 「パワーウェイトレシオ」が優れているモデルとは

現在購入できる国産FRスポーツカーにはどんなモデルがあるのでしょうか。パワーウェイトレシオ順に紹介します。

現行FRスポーツカー6台紹介! パワーウェイトレシオがもっとも優れているのは?

「スポーツカーといえば?」の質問に「FR」と答える人は少なくありません。
 
 かつてに比べラインナップが減ったといわれる国産FRスポーツカーですが、現在でもその火は完全に消えていません。
 
 2022年4月現在に購入できる国産FRスポーツカーを、加速性能を表す重要な指標である「パワーウェイトレシオ(車両重量÷最高出力)」の順にピックアップしていきます。

国産FRスポーツカーでパワーウェイトレシオが優れているのは? どんなクルマ?
国産FRスポーツカーでパワーウェイトレシオが優れているのは? どんなクルマ?

 操舵輪を前、駆動輪を後ろとする構造のFRは、前後の重量配分をスポーツカーにとって理想とされる50:50に近づけやすいとされています。

 そのため、コーナリングでの旋回性や直進安定性に優れ、スポーツカーらしい操る喜びを感じやすいという特性があります。

 一般的にパワーウェイトレシオは、数値が小さいほど加速性能が高いことを表しており、最近のクルマでは5.0kg/PS以下だと、かなりのパフォーマンスを持っているとされています。

 参考までに、トヨタ「ヤリスクロス」のパワーウェイトレシオは、約9.2kg/PSとなっています。次に、国産車としてはトップクラスのパフォーマンスを誇る日産「GT-R」は、約3.1kg/PSです。

 海外のケーニグセグでは、パワーウェイトレシオが1.0kg/PS、つまり車重と馬力が同じ数字である「アゲーラ One :1」というクルマも存在します。

 最初に紹介するのは、マツダ「ロードスター」。パワーウェイトレシオは車両重量990kgの最高出力132馬力で、約7.5kg/PS(グレード「990S」)となっています。「990S」と「S」は、カタログ上の車両重量は同じですが、厳密にいうと軽量ホイールが装着されている990Sのほうがやや重量が軽くなっています。

 ロードスターは、日本を代表するライトウェイトスポーツカーで、国内外問わず人気の根強いモデルです。990kgという車重は、全体的に重量化している昨今のクルマとしては、驚異的な軽さを誇ります。

 ただし、車重が軽いぶん、搭載されるエンジンも1.5リッターのコンパクトなエンジンであるため、最高出力もおのずと控えめです。

 そのため、今回紹介する国産FRスポーツカーのなかでは、パワーウェイトレシオは高くなってしまっていますが、それでも、軽量化によるクイックな走りは多くの人を魅了してやみません。

 続いては、トヨタ「GR86」とスバル「BRZ」です。両社の共同開発によって誕生し、基本構造を共有するモデルとなっています。

 そのため、車両重量や馬力は同等で、パワーウェイトレシオは、もっとも軽量なグレード(GR86では「SZ/RC」、BRZでは「R」)の場合、車両重量1260kgの最高出力235馬力で約5.3kg/PSという数値になりました。

 次はトヨタ「GRスープラ」です。もっとも馬力の高い「RZ」では、車両重量1530kgの最高出力387馬力で、パワーウェイトレシオは約3.95kg/PSという数値となります。

 なお、公式SNSではMT車の登場を示唆するような投稿が見られ、年内にもMT車の追加が見込まれます。

 また、一般的にはMT車のほうが車重は軽くなる傾向もあり、パワーウェイトレシオのさらなる向上も期待されます。

 2022年4月25日に車両重量や燃費、価格といった詳細情報が公開されたばかりの新型フェアレディZでは、ベースグレードとなる「フェアレディZ」の車両重量が1570kg、最高出力は405馬力となり、パワーウェイトレシオは約3.8kg/PSです。

 そして、現在販売されている国産FRスポーツカーのなかで、もっともパワーウェイトレシオが優れているのはレクサス「RC F」です。

 いまではほとんど絶滅危惧種となった排気量5リッターのV8エンジンを搭載しており、最高出力は481馬力を発揮します。

 もっとも車重の軽い「パフォーマンスパッケージ」では、車両重量1720kgでパワーウェイトレシオは約3.5kg/PSという数値を記録。専用装備として、ウィングやブレーキパーツにカーボンを用い、軽量化が図られています。

 現在では、大排気量のモデルはどんどん姿を消しており、5リッターのV型8気筒エンジンというハイパワーなモデルは類まれな存在です。

※ ※ ※

 なお、それぞれの価格は、価格帯が安いロードスターは262万3500円から335万6100円。GR86が279万9000円から351万2000円、BRZが308万円から343万2000円。

 GRスープラが499万5000円から731万3000円。価格が公開されたばかりの新型フェアレディZ、524万1500円から646万2500円(抽選販売が終了した「プロトスペック」は696万6300円)となっています。

 そして、パワーウェイトレシオだけでなく価格もスペシャルだったのはRC Fとなり、1052万円から1449万円です。

【画像】まだまだあるぜ! 今買える「国産FRスポーツ」はコレだ! 実車の写真を見る(34枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント