オジサンに人気? 新型「アトレー」を「どこでも車中泊」仕様に! 軽バンで「人より快適に」過ごすコツとは

2021年12月に発売されたダイハツの新型「ハイゼットカーゴ」と「アトレー」をきっかけに、再び注目されている軽バン&軽ワゴン市場。なかでも車中泊をするために購入検討している人もいるといいます。近年人気を集める車中泊ですが、人より快適に過ごせるコツとはどのようなものなのでしょうか。

アトレー人気で注目の「車中泊」 快適に過ごすコツは?

 ダイハツの新型「ハイゼットカーゴ」と「アトレー」が2021年12月に発売されたのをきっかけに、再び注目されている軽バン&軽ワゴン市場。
 
 商用としてはもちろんことですが、一般ユーザーでも車中泊&レジャーを目的に購入する人が多いようです。

ダイハツ新型「アトレー」人気で注目集まる「車中泊」 もっと快適に過ごすコツとは?
ダイハツ新型「アトレー」人気で注目集まる「車中泊」 もっと快適に過ごすコツとは?

 2022年3月度の新車登録台数(全国軽自動車協会連合会調べ)を見てみると、スズキ「エブリイ」は7221台、ホンダ「N-VAN」は4132台、そしてハイゼットカーゴは8981台。

 年度間末の3月なので、商用登録が多いことは想像できますが、それでも自家用も相当だと思われます。

 アトレーは部品供給の都合で3月期の登録台数は461台に留まっていますが、エブリイワゴンは1083台と好調です。

 ダイハツによれば、「アトレーやハイゼットカーゴ好調の要因には、間違いなく車中泊ニーズがある。また中年層の男性をターゲットにした」といいます。

 さて新緑の季節、レジャーシーズンが本格的に到来しますが、購入したばかりの軽バン&軽ワゴンで車中泊に出かける計画を立てている人も多いのではないでしょうか。

 または、レジャーのための軽バン&軽ワゴンを購入または検討している人もいると思います。

 後席の床がフラットになって、車中泊に向いている軽バン&軽ワゴンですが、そのままでは快適というわけにはいきません。

 では、快適に車中泊&レジャーライフを過ごすためにはどんなコツがあるのでしょうか。

 まず、軽バン&軽ワゴンの快適性の根幹は「いかに寝心地をよくするか」。

 いかにフラットな床面とはいえ、モデルによっては多少の突起や傾きがありますし、そのままでは身体が痛くてかないません。

 巷には、車中泊用のエアベッドが売られていますが、多くはミニバンなどの大きなクルマ用。

 軽自動車用は滅多にありません。そこで、キャンプ用のエアマットを2枚使います。

 キャンプ用エアマットは、できるだけ空気が多く入る厚手のものがオススメです。

 場合によっては1人2枚ずつ敷くのも手で、最近では車中泊専用の低反発マットレスも販売されています。

 マットを敷いたら、その上にシュラフを広げて寝てもいいのですが、オススメは「布団」。

 家にある敷き布団を敷くことで、快適さが大きく変わるうえ、自宅で使っている枕も持っていけば、安眠度がグッとアップします。

 車中泊するときに、意外と快適性を左右するのが「プライバシー保護」です。

 不思議なもので、外部から素通しの車内だとリラックスすることができません。視線を遮ることは、実は大切なことなのです。

 そこで使いたいのが、カーテンやカーシェードです。最近の軽バン&軽ワゴンには、純正オプションで専用カーテンが設定されていることが多いので、それを使うのがベストです。

 カーシェードは窓全面を覆うものがおすすめですが、ネットショップなどで車種専用品が売られています。

 カーシェードには視線カット以外にも、断熱・遮熱といったメリットもあります。

 とくに冬場は窓から冷気が入り、明け方は寒くて起きてしまうことが少なくありません。

 しかし、キルト状のカーシェードを窓に張ると、冷気を大幅にカットし、車内を保温してくれます。同時に、サービスエリアなどの強烈なライトの光もカットしてくれるので、安眠間違いなしです。

【画像】オジサンも気になる!? 新型アトレーの車中泊じゃない「車上泊仕様」公開!(68枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント