見た目は「カーナビ」中身は「オーディオ」!? 普及が進む「ディスプレイオーディオ」ってホントに使えるの?

最近普及が進む「ディスプレイオーディオ」は、定番ともいえるクルマの装備になりましたが、そもそもディスプレイオーディオとは何なのでしょうか。どんなメリットやデメリットがあるのか、実際に使用しているユーザーの声を聞いてみました。

カーナビに見えるけどナビ機能は内蔵されていない!?

 2019年にトヨタが「カローラ」に標準搭載してから日本でも急速に普及が進む「ディスプレイオーディオ」は、メーカー純正のみならず社外品も続々と発売され、いまもっとも注目度の高いカー用品といえるでしょう。

 ディスプレイオーディオとは、その名が示す通り、「ディスプレイが付いたカーオーディオ」です。

トヨタ初搭載となった「カローラ」のディスプレイオーディオ
トヨタ初搭載となった「カローラ」のディスプレイオーディオ

 見た目はカーナビと変わらないため混同しがちですが、あくまでもAVのメインユニットとなり、製品により違いはあるものの、基本的にはカーナビ機能もTVチューナーもCD/DVDプレイヤーも搭載されていません。

 本体に備わるのはFM/AMラジオチューナー程度ですが、そのかわりにスマートフォン(スマホ)と連携することでさまざまな機能を追加できるのが特徴です。

 ハンズフリー通話や音楽の再生はもちろん、iPhone用の「Apple CarPlay」やAndroidスマホ用の「Android Auto」と連携可能なディスプレイオーディオなら対応アプリを画面に表示でき、スマホのように画面上で操作することができます。

 代表的なのが地図アプリです。これを利用すればカーナビと同じように自車の位置を確認できたり、目的地までのルート案内が可能になります。また、サブスク対応の音楽再生アプリではスマホと同じように聴き放題サービスを楽しめます。

 現在まだ対応アプリは限られますが、これからますます増えることは間違いありません。

 つまり、ディスプレイオーディオはさまざまな可能性を秘めた装備といえ、そうした将来への期待も含めユーザーからはおおむね好評なようです。

 しかし、実際の使用感については賛否両論があり、不満もゼロではなさそうです。ディスプレイオーディオに対して、実際に利用しているユーザーからはどのような意見があるのでしょうか。

 まずは好意的な意見から紹介すると、もっとも多かったのは「操作性の良さ」です。

「タップやスワイプなど使い慣れたスマホと同じように直感で扱える」(30代・男性)、「(精度の高い音声認識により)音声での操作もストレスなくおこなえます」(40代・男性)と評判は上々です。

 ただし、「地図アプリでの検索機能などの使いやすさはカーナビには及ばない」(40代・男性)、「音楽の選曲リストが見づらい」(20代・女性)といった、アプリごとの細かい操作についてはネガティブなコメントも散見されます。

 次いで多かったのが「好みのアプリが使える」というもの。「地図アプリも音楽再生アプリも複数用意されているから好みのアプリを選んで使っています」(30代・男性)という好意的な意見も多数ありました。

 音楽再生アプリは普段使っている(サブスク契約している)アプリを選んでいる人がほとんどで、地図アプリと異なりあれこれと試しているケースは少ないようです。

 もっとも地図アプリにしても「いろいろ試すのは最初だけ」といった声も少なからずありました。

 ちなみに、Apple CarPlayを例に挙げると、地図アプリはApple純正のマップ以外に「Googleマップ」や「Yahoo!カーナビ」、有料の「ナビタイム」などがあり、実際に試して自分に合ったアプリを利用することができます。

 複数のカーナビを体験してから購入するのは現実問題として難しいため、これは地図アプリ利用ならではのメリットといえるでしょう。

【画像】世界初の5面ディスプレイをホンダが採用! 市販車最大48インチが凄い!(21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. なんか、実体験に則していない
    ユーザーアンケートを掻い摘んだ上辺だけの記事でガッカリ

    5年以上Apple CarPlay対応の車で使ってる身からすれば
    もう既存のカーナビには戻れない
    既存のカーナビも入ってるけどたまに地デジ見る為に残してるようなものになってる
    一方で
    Apple CarPlayはダッシュボード画面表示追加されてから更に便利になり常用してます。
    音楽アプリはスマホと連動だからある程度好みで使い分けられ便利だし
    地図更新のデータ通信は
    グーグルマップやアップル純正は常時スマホで更新してるので
    事前に地図データを更新するなんて煩わしい事は不要だし
    検索はクルマ乗る前にスマホで済まして連動できるからカーナビより優れてる
    それにナビ走行中の通信量はそんなに多くないので心配するほどではありませんよ、
    自車位置測位も昔はトンネルなどGPS測位出来ない所でよく立ち往生して迷ってましたが、
    最近はトンネル内でも追従したりします
    詳細はわかりませんが測位精度だけでなく自車速度などを考慮に入れ予測し動いてるのかも
    地図データだけでなく
    そう言った不便だった点もアプリ更新でどんどん改良されていくのも魅力の一つでしょう。

    更にはレンタカーやカーシェア、仕事で乗るクルマでも
    ディスプレイオーディオ付いてればスマホ繋げばいつもの感覚で使える。

    だから次に乗り換える条件は
    カーナビはいらなくてもいいがディスプレイオーディオ必須だと考えてます。

  2. チューナーが別になったのはNHK対策ですね。電波押し売りヤクザはカーナビのTVまで受信契約を求めますので。携帯・スマホからワンセグチューナーが消えた流れに沿っています。
    タブレットやスマホで使える地図アプリは自分で選べますし、Googleマップと連動させると、事前に車以外でルートや目的地を登録しておいて自分のアカウントから同期させられるので、車内で不自然な姿勢で長々と操作しなくて済みます。
    今はスマホを持っている人が多いので、カーオーディオはラジオとBluetoothスピーカーだけでも十分です。ディスプレイも劣化を考えると7~8インチくらいのタブレットを挟める機構があれば不要ですね。器機が古いとOSのアップデートの除外対象になるから、3~5年位でタブレットを交換したほうが現実的です。Andoroid Oneでも3世代しかアップデートできませんので。それに、あまり標準装備で電子機器を搭載すると部品不足で納車が滞ります。