スズキ新型SUV「アクロス」発売!約750万円から 爆イケ顔なスズキ版RAV4が充電能力強化 英で登場

スズキの英国法人はSUVタイプのPHEV「アクロス」を改良したと発表しました。

より早く充電できるように改良

 スズキの英国法人が、プラグインハイブリッド(PHEV)のSUV「アクロス」を改良したと2022年4月4日に発表しました。おもに充電機能の利便性が大きく向上しています。

英国仕様のスズキ「アクロス」
英国仕様のスズキ「アクロス」

 アクロスは、日本でも販売されているトヨタ「RAV4 PHV」がベースの姉妹車。トヨタとスズキの共同事業契約に基づき、トヨタから供給された最初のモデルです。

 外観は、大胆でスポーティなデザイン。ベースのRAV4 PHVとは異なるグリル開口部やバンパー左右のベゼルが大型化され、ヘッドライトも細長い形状になっています。

 内装では、インパネ中央にApple CarPlayやAndroid Autoに対応した9インチディスプレイオーディオを装着します。

 今回の改良では、車載充電器を3kW対応から6kW対応に強化。

 これにより32Aの充電設備を介した場合、駆動用バッテリーの充電時間が約5時間30分から半分となる約2時間45分に短縮されました。

 16Aの充電設備の場合も、36分短縮され5時間未満になっています。

 ライト周りではフロントフォグランプやラゲッジのライトなどをLEDタイプに再設計。

 またUSBポートもタイプAからタイプCへと変更するなどの小変更も実施されています。

 英国におけるアクロスの価格は4万6629ポンド(約750万円)に設定されます。

【画像】ツリ目ライト採用の爆イケSUV!? さっぱり顔なスズキ「アクロス」がカッコいい 実車を画像で見る(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント