ロータスに初のSUV登場!「エレトレ」世界初公開 600馬力で最高時速260kmのハイパーEV

ロータスとして初のSUV「エレトレ」が世界初公開されました。600馬力を超える出力を持つモーターを備えたピュアEVで、0−100km/h加速は3秒以下、最高速度260km/hになるそうです。

ロータス初の5ドア、初のSUV、初のライフスタイルEV

 英国ロータスカーズは2022年3月29日、ロータスブランドとして初となるSUVタイプの電気自動車(EV)「Eletre(エレトレ)」を世界初公開しました。

ロータスの電動SUV新型「エレトレ」
ロータスの電動SUV新型「エレトレ」

 エレトレは「タイプ132」というコードネームで呼ばれ開発されていたハイパーSUVで、70年以上のスポーツカー設計とエンジニアリングからロータスのDNAを取り入れ、次世代のロータスオーナーに求められているまったく新しいライフスタイルカーとして登場したといいます。

 エレトレのボディサイズは全長5103mm×全幅2135mm(電動リバースミラーディスプレイ車。ミラー含む幅。ドアミラー車は2231mm)×全高1630mm、ホイールベースは3019mmと、ランボルギーニ「ウルス」の全長5112mmとサイズが近いSUVとなります。

 エレトレは100kWhを超えるバッテリーを搭載。目標とするWLTP走行可能距離は373マイル(約600km)です。350kW対応の急速充電器ならば、約20分の充電で400kmの走行を可能とします。また22kWの普通充電にも対応しています。

 駆動方式は前後に1基ずつモーターを搭載する4WDで、トータル最高出力は600馬力を超えるといいます。これにより、0−100km/h加速は3秒未満、最高速度260km/hというパフォーマンスを発揮します。

 デザインはベン・ペイン氏が担当。キャブフォワード型で長いホイールベース、短い前後オーバーハングが特徴的なスタイリングは、ハイパーEV「エヴァイア」のデザイン言語を継承しています。

 エヴァイアと同様、デザインのキーワードは「多孔性(ポロシティ)」です。これはフロントホイールアーチの前後やリアホイールアーチ後方、Dピラー上部にあるベンチュリートンネルで、走行中クルマの周囲に流れる空気をコントロールします。これは空力学的な理論に基づき空気抵抗を低減し、航続距離の向上など効率的な走行が可能になるといいます。

 インテリアはロータスの軽量化哲学に基づいてデザインされ、室内で使われるカーボン素材は、リサイクルされたものが使われています。センターコンソールには15.1インチタッチディスプレイが備わります。

 シートレイアウトは4座または5座モデルを用意。4座モデルの場合は後席中央に9インチタッチスクリーンやワイヤレス充電、カップホルダーなどを備えたセンターコンソールが配置されます。

※ ※ ※

 エレトレは中国・武漢に2020年に新たに建設された最先端の施設で、2022年後半から製造されます。2023年には中国・英国・欧州で納車が開始される予定です。

大注目! 世界初公開されたロータス初の電動SUV「エレトレ」を【画像】でチェック(39枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー