まもなく生産終了するスーパーカー「フォードGT」に特別仕様車登場! 55年前の初代GT40プロトタイプをオマージュ

アメリカンスポーツカー「フォードGT」に1966年製のGT40レースカーをオマージュした特別仕様車「フォードGT アラン・マン ヘリテージエディション」が登場しました。

フォードGT生産最終年に登場した限定車

 米国フォードは2022年2月9日、同社のスポーツカー「フォードGT」に、限定モデル「フォードGT アラン・マン ヘリテージエディション」を設定、同年2月21日まで開催している全米最大級のモーターショー、シカゴ・オートショーのフォードブースにて展示されています。

フォード GT アラン・マン ヘリテージ エディション
フォード GT アラン・マン ヘリテージ エディション

 フォードGT アラン・マン ヘリテージエディションは、1966年に開発されたアラン・マン レーシングの軽量プロトタイプへのオマージュとして登場しました。

 1965年から66年にかけて、アラン・マン レーシングはより軽量な素材を用いて、AM GT-1と、GT Mk Iをベースにした2台のマシンを製作しました。どちらのプロトタイプも主要レースでは優勝できませんでしたが、こうした軽量素材の使用は1966年にフォードがGT Mk IIでル・マン24時間耐久レースを制したアプローチと同様のものでした。

 この精神は、今日のフォードGTスーパーカーにも受け継がれており、その軽量カーボンファイバーボディは、AM GT-1をイメージしたカラーとストライプをまとい限定車として蘇りました。

 アラン・マン・レッドのエクステリアペイントにゴールドのグラフィックを施したほか、デュアル・オーバー・ザ・ルーフ・レーシング・ストライプ、フローズン・ホワイトのシグネチャーアクセントストライプ、ドア、フード、リアウイングの下側に16番のラウンドネームを配しています。

 また20インチホイール、フロントスプリッター、サイドシル、ミラー、エンジンルーバー、リアディフューザーなど、露出したグロスカーボンファイバーがインパクトを与えます。さらに、ブレンボ製のレッドブレーキキャリパーとブラックのラグナットが、モダンな印象を与えます。

 カーボンはキャビンにも採用され、ドアシル、コンソール、レジスターに使われています。エボニーアルカンターラのカーボンファイバーシートにはゴールドとレッドのアクセントステッチが入り、エンボス加工のシート表面とヘッドレストにはGTのロゴが入っています。

 インストルメントパネルはエボニーレザーとアルカンターラで、ピラーとヘッドライナーはエボニーアルカンターラでラッピングされています。

 アラン・マン レーシングのディレクターであるヘンリー・マン氏は、「この素晴らしい限定車で、フォードGTの壮大なモータースポーツの遺産を祝うことができ、アラン・マン レーシングとマン一族にとって大変光栄です」とコメントしています。私たちのチームのカラーリングであるレッドとゴールドが蘇り、シカゴでオリジナルのGT40と一緒にこの新しいGTをデビューさせることは、魔法のような出来事となるでしょう」。

 フォードGTのプログラム・マネージャーであるマイク・セバーソン氏は、「サーキットでの猛烈な追い上げも、ライバルを圧倒する革新性も、フォードが勝利に導くのに貢献した車両に敬意を表しています」と語っています。「赤とゴールドのカラーリングを施したこのフォードGTは、アラン・マン レーシングがル・マン優勝に貢献したことにインスパイアされています」。

※ ※ ※

 フォードGTは2022年の今年、生産を終了します。アラン・マン ヘリテージエディションは、フォードGTに設定された7番目の限定車で、過去のモデルと同様、フォードが承認したユーザーにのみ販売されます。最初の納車は2022年第1四半期におこなわれるといいます。

【画像】55年前のレースカーをオマージュ! フォードGTの限定車を見る(18枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー