ホンダ新型「ステップワゴン」初公開!「N-BOXジャンボ」とSNSで話題に! AIRのシンプル顔に好評な声多し?

ホンダは新型「ステップワゴン」を初公開しました。新型モデルには「AIR(エアー)」と「SPADA(スパーダ)」の2タイプがラインナップされています。エアーを見たユーザーからはどのような反響が挙げられているのでしょうか。

新型ステップワゴンエアーはN-BOXフェイス? SNSの反響は?

 ホンダは2022年1月7日、新型「ステップワゴン」をジャパンプレミアしました。
 
 異なるスタイルを提案する「AIR(エアー)」と「SPADA(スパーダ)」の2タイプがラインナップされています。
 
 なかでも新たに設定されるエアーに対してはどのような反響が集まっているのでしょうか。

新たに設定される新型ステップワゴンのエアーは、シンプル顔が特徴となる!
新たに設定される新型ステップワゴンのエアーは、シンプル顔が特徴となる!

 これまでの先代ステップワゴンでは、標準仕様に加え、上級仕様としてスパーダをラインナップしていましたが、今回は標準仕様という概念を取りやめ、エアーとスパーダの両タイプを対等のモデルとして展開しています。

 ジャパンプレミアでは、両車のコンセプトなどが説明され、走行動画も公開されています。

 そんな新型ステップワゴンは、単なる手段として使われるクルマというだけではなく「生活を豊かにするアイテム」として開発され、エクステリアはもちろん、運転のしやすさや居住性などインテリアにも強いこだわりを持ったモデルです。

 なかでも、エアーは全体的にすっきりとしたシンプルなデザインが特徴。

 エクステリアデザインのコンセプトには「安心と自由」を掲げており、実際にデザインを担当した花岡久和氏は、そのふたつを「見たまま忠実に表現している」と話します。

 また、エアーのボディには凹凸やラインが少なく、スクエアを強調したキャビンは、真上から見ると樽のような造形になっているといいます。

 フロントは控えめなグリルに、シンプルかつ愛嬌のあるデザイン特徴的です。

 SNSでは、このフロントデザインについての意見が非常に多く、「シンプルで綺麗」「可愛らしいデザインだね」という声が見られます。

 なかには、「私はエアー派」「エアーのほうがすっきりしてて好み」「オラついてなくて良い」という意見も見られ、メッキグリルが特徴的でややイカついスパーダと比較している人も多いようです。

 とくに最近のミニバンでは「オラオラ顔」とされる大きなグリルやメッキを施したデザインが多く見られるため、そうしたなかでエアーのようなシンプルなデザインは、ほかとは違う立ち位置を築けそうです。

 また、SNSでは「初代に似ている」「先祖返りした感じがある」「歴代のオマージュ?」という意見も挙げられています。

 実際に、初代は新型同様にスクエアを強調したデザインだったため、そうしたシルエットが似ていることから、初代と類似していると思う人が多いのかもしれません。

 一方で、「近未来的な感じがする」といったような意見も見られ、ヘッドライトやダクトのデザインがシャープになったことで、キリッと引き締まった印象があり、そうした部分は初代の大きく厚みのあるヘッドライトに比べると、近代的なデザインに見えるといえます。

 今回のジャパンプレミアでは、さまざまな角度からのエクステリアやインテリア、実際に動いている様子なども確認できるため、より深く新型ステップワゴンをイメージできそうです。

※ ※ ※

 新型ステップワゴンの販売が開始されるのは2022年春頃とされていますが、SNSではすでに「購入したい」という人も見られ、グレードや価格などの詳細情報を心待ちにするユーザーも多いことがうかがえます。

ホンダ・ステップワゴン のカタログ情報を見る

【画像】エアーがシンプル! スパーダはどんな感じ? 新型ステップワゴン初公開! 内外装の細部まで見る!(42枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 見出しにある「N-BOXジャンボ」、ないしは小見出しの「N-BOXフェイス」という言葉は、記事本文には全く出現しません。どう言う意図でこの見出しにしたのか。誰が「N-BOXジャンボ」したのか。不信感が非常に強い。「N-BOXジャンボ」筆者の感想や想いであれば、そう明確に示すべきです。