100万円切りのスズキ新型「アルト」はコスパ最強! 大幅進化も従来型から変えなかったこととは

スズキの軽自動車「アルト」が7年ぶりにフルモデルチェンジして登場しました。内外装やパワートレインの変更など、大きくかわった新型アルトとはどのようなモデルなのでしょうか。

コンパクトな軽自動車なのに室内広々!

 スズキの軽自動車「アルト」が7年ぶりにフルモデルチェンジ。さっそく試乗してきました。

 街中を中心とした運転で感じたのは、マッチするユーザーがはっきり分かれるクルマだなということです。

7年ぶりのフルモデルチェンジで新型になったスズキ9代目「アルト」
7年ぶりのフルモデルチェンジで新型になったスズキ9代目「アルト」

 その理由とどんなユーザーとの相性がいいかは後ほど説明するとして、まずはクルマをチェックしてみましょう。

 新型アルトの実車を見ての第一印象は、親しみが増したということです。従来型はドライというかビジネスライクな印象で、どことなく道具感に徹したクールな雰囲気でした(結果論であってそれを意図したわけではないようですが)。

 それが一転して新型アルトで愛着を感じられるのは、親しみと暖かみを直観的に感じられるデザインに秘密がありそうです。

 ドアパネルの下側には、前後バンパー下部との共通性を持たせた樹脂モールを張り付けたかのようなプレスラインが入っているのも珍しい手法で、そういった柔らかさのあるデザインが親しみを覚える理由なのでしょう。

 また、Aピラーの角度が立ってキャビンが四角くなったのも大きな特徴。どことなく「アルトラパン」っぽい雰囲気もあり、もしかすると新型アルトがアルトラパンと統合されるのではと心配したのですが、スズキによるとそれは明確に否定されました。

 アルトラパンもしっかり新型が用意されるというのでひと安心です。

 では乗り込んでみましょう。「おや!?」と感じたのは、乗り降りの際に従来型よりも天井の存在が気にならないこと。

 じつは、新型アルトは従来型に比べて全高が50mm高くなっています。その目的のひとつが乗降性向上。着座高は従来通りとしつつもドア開口部の天井付近が20mm高くなったことで乗り降りがしやすくなりました。

 スズキのハイトワゴン「ワゴンR」やスーパーハイトワゴンの「スペーシア」に比べると乗降性は劣りますが、それよりも背の低いセダンタイプとしてはハイレベルな乗降性です。

 ちなみに背を高くした理由はもうひとつあり、それはカーテンエアバッグ展開時の空間確保です。

 新型アルトは衝突安全基準の強化(ポール側面衝突と呼ばれる電柱などに側面が衝突した際の安全性確保)を受け、前席サイドエアバッグに加えてカーテンエアバッグを標準装備しています。

 これはベーシックな軽自動車としては大きな出来事だといえますが、そのエアバッグが展開するための空間を頭上側方に確保しています。

 内装では、従来型のダッシュボードはシンプルでスッキリの水平基調で外観同様にクールな雰囲気でしたが、比べると新型は立体感が増して温かみのある印象。

 ナビ装着位置が少し上になって見やすさに配慮したほか、ハザードランプも従来型よりは少し高い位置でドライバー側に近づいて目立つし押しやすくなったのも地味に注目すべき改良です。

 収納部が多いのも特徴で、ダッシュボード左右端にはトレー状のドリンクホルダーが組み込まれており、缶やペットボトルだけでなく500mLの紙パックやスマホも置けるのが便利。これは実用的です。

 運転環境をみると、従来通りにインパネから生えるシフトレバーにサイドレバー式のパーキングブレーキを組み合わせています。

 開発者によると「サイドレバー式に慣れたお客さまも多いので、新型も足踏み式にはしなかった」とのこと。

 一方、電動式パーキングブレーキに関しては「コストや重量など気になる面もあるが、ACCのためというよりは、力の弱い人でも確実に作動/解除できるという操作性の観点からアルトのようなクルマにも入れるべきときが来るかもしれない」といいます。

 アルトのようなクルマを購入する層にとっては、そういう視点が必要なのでしょう。

 着座位置はセダンらしく低いものですが、新型アルトが従来型より広々と感じられるのは高くなった天井と垂直に近づいたAピラーの賜物。また右左折時に、斜め前方の死角が減って安全確認がしやすいのも立ったAピラーがもたらすメリットです。

 そのまま後席に移ると……そこは驚きの空間でした。後席足元が広いことにビックリです。じつは新型も前後席間距離は従来型と同じなのですが、後席取り付け位置がかなり後方なのでゆったりとしたスペースがあり、新型になって増した頭上の余裕とあわせて今どきの軽セダンの居住性の高さには改めて感心します。

 これならファミリーユーザーでも困らないどころか、広さに満足できることでしょう。

 後席シート座面のたわみ感やクッション性がいいのも、シートスライド機能を持たないがゆえのアドバンテージ。単なる広さだけではない居心地の良さを実感できます。

【画像】これぞ現代の国民車! 愛嬌のあるデザインに刷新されたスズキ新型「アルト」(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント