トヨタGR 来シーズンの参戦体制を公表! 世界選手権・国内選手権への布陣が明らかに

トヨタGAZOO Racing(TGR)が、2022年の世界選手権・国内選手権への参戦体制を発表しました。どのような布陣で戦いに挑むのでしょうか。

 トヨタGAZOO Racing(TGR)は2021年12月6日、トヨタのショールーム「メガウェブ」(東京都江東区)でオンラインイベントの「TGR 2022年体制発表」を開催。来シーズンの世界選手権・国内選手権への参戦体制を明らかにしました。

 イベントには、ドライバーやチーム代表をはじめ、社長の豊田章男氏、GAZOO Racing Companyプレジデントの佐藤恒治氏らが出席しました。

2021年FIA世界耐久選手権の様子
2021年FIA世界耐久選手権の様子

 FIA世界耐久選手権(WEC)は、引き続きWECの最高峰であるハイパーカー・カテゴリー(LMH車両)に参戦。

 車両はこれまでのWECで磨いてきたハイブリッド技術「RACING HYBRID」を搭載して2021年は全勝でチャンピオンを獲得した「GR010 HYBRID」です。

 3.5リッターV6ターボエンジンを搭載。ドイツ・ケルンのトヨタGAZOO Racing Europe GmbHを本拠地とし、小林可夢偉氏代表のもと2台で参戦します。

 FIA世界ラリー選手権(WRC)は、トップカテゴリーとなるRally1クラスに参戦(すでに公表済み)。

 車両はフィンランドを拠点に開発された、「GRヤリス」をベースにハイブリッドシステムを搭載する「GR YARIS Rally1」です。

 GI4Bエンジンを搭載。ヤリ‐マティ・ラトバラ代表のもと、3タイトル(マニュファクチャラー、ドライバー、コ・ドライバー)の2年連続獲得に向けて4台で挑戦します。

 ダカールラリーは、最新ラリーレイド仕様の「GRダカールハイラックスT1+」4台体制で参戦(すでに公表済み)。2022年1月にサウジアラビアで開催される予定です。

 ニュルブルクリンク24時間レースは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で2020年、2021年ともに参加を見送りましたが、2022年も開催日程(5月28日・29日)が国内の主要レースと重複・近接しており十分なチーム体制下での参戦は困難であるため、参戦を見送るとしています。

 国内の全日本ラリー選手権は、2021年に続き「GRヤリス GR4 Rally」2台体制でトップカテゴリーのJN1クラスに参戦。

 SUPER GTのGT500クラスは、2022年も「GRスープラGT500」で参戦します。トヨタカスタマイジング&ディベロップメント(TCD)を通じ、6チーム・6台に支援を実施します。GT300クラスについては、後日発表されます。

 全日本スーパーフォーミュラ選手権は、TRD(Toyota Racing Development)から直列4気筒2リッター直噴ガソリンターボエンジン(TRD 01F)が6チーム11台に供給されます。

 スーパー耐久シリーズは、ROOKIE Racingより、「カローラスポーツ」をベースとした水素エンジン車両に加え、バイオマスを由来とした合成燃料を使用する新型「GR86」ベースの車両でST-Qクラスに参戦します。

 脱炭素の取り組みを推進するとともに、スバルが新型「BRZ」をベースとした車両で参戦予定であり、競い合うことで技術開発を加速させていく方針です。

 また、TOM’S SPIRITより、新型「GR86」でST-4クラスに参戦します。

【画像】豊田社長と、引退表明の中嶋一貴氏のツーショットも! 参戦体制発表イベントの様子(6枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント