ジープ新型「コンパス」に特別カラーの限定車登場! 80周年のアニバーサリーモデルの特別な装備とは

ジープのコンパクトSUV「コンパス」に、80th アニバーサリーエディションが加わりました。285台限定の特別なコンパスの装備を解説します。

ジープの80周年記念アニバーサリーモデル

 FCAジャパンは2021年10月16日、ジープのコンパクトSUV「コンパス」に、スタイリッシュな内外装や充実した装備を特徴とする限定車「コンパス 80th アニバーサリーエディション」を設定し、全国のジープ正規ディーラーにて285台限定での販売を開始すると発表した。車両価格(消費税込)は、462万円だ。

「コンパス 80th アニバーサリーエディション」
「コンパス 80th アニバーサリーエディション」

●「コンパス 80th アニバーサリーエディション」ってどんなクルマ?

 1941年に軍用車両としてその歴史をスタートさせたジープは、2021年に80周年を迎えた。この大きな節目を記念して、ジープ各モデルに80周年記念限定車が設定され好評を博している。

 そしてついに、今年6月に大掛かりなマイナーチェンジを受けたコンパスにも、80thアニバーサリーエディションが登場することになった。

 ボディカラーには、特別設定色となるテクノメタリックグリーンP/C(限定135台)と、人気のグレイマグネシオメタリック(同150台)の2色を設定。

 さらにボディの随所には、先に発売された80周年モデル同様に、テーマカラーであるグラナイトクリスタルがボディの随所にアクセントカラーとして用いられている。

 エクステリアではフロントグリル、ドアミラー、フロントバンパーインサートにグラナイトクリスタルが採用されたほか、フロントフェイシアやホイールフレア、シルモールディングはボディ同色にコーディネイト。さらに18インチアルミホイールやエクステリアバッジもグラナイトカラー仕上げとするなど、細部にまで特別な仕上げが施されている。

 インテリアについては、ジープのオリジンである「Willys」のタグをあしらったレザーシートやブラック仕上げのヘッドライナー、特殊加工を施したドリフトウッド(流木)インテリアアクセントを特別装備。また、インストルメントパネルやフロアマットには「80th Anniversary」ロゴが施されている。

 当限定車にはさらに、前後席に圧倒的な開放感をもたらすコマンドビューR デュアルペインパノラミックサンルーフを特別装備。このほか装備はベース車の「リミテッド」(2.4L 4×4)に準じており、プロジェクター式LEDヘッドライトや10.1インチタッチパネルモニター付のオーディオナビゲーションシステム、Alpineプレミアムサウンドシステム、サラウンドビューカメラなど、快適装備や安全機能も充実した内容となっている。

ジープ・コンパス のカタログ情報を見る

「コンパス 80th アニバーサリーエディション」の特別装備を【画像】で見る(17枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント