55万円! ポールスター製「モトコンポ」の電動版!? をクルマに積んでどこいこう?

かつてホンダ「シティ」のラゲッジに積載できる「モトコンポ」というバイクがありましたが、そのコンセプトを電動で実現したのがポールスターでした。見た目も無骨でギア感に溢れていて、整備性もよさそうです。ただし、電動車「ポールスター2」で運ぶには、トゥバーが必要です。

電動バイクをEVに積載して行動範囲を広げよう!

 2年に一度開催されていたフランクフルトモーターショーは、2021年から名称を「IAA MOBILITY」に、開催地もミュンヘンへと変更して、9月7日から12日という期間で開催されることとなった。

 このことからもわかるように、このショーはクルマだけではなく、もっと大きなモビリティのショーケースとして位置づけられることになった。そのため出展企業も出展内容も多彩だ。

 そこでVAGUEでは、電動バイクに代表されるマイクロモビリティに注目してみた。

「Makka - Polestar edition by CAKE」のプライスは4200ユーロ(邦貨換算約55万円)
「Makka – Polestar edition by CAKE」のプライスは4200ユーロ(邦貨換算約55万円)

●クルマに積んでどこに行こう?

 ポールスター社とCAKE社のコラボレーションによって生まれた、電動バイクを紹介しよう。

「Makka – Polestar edition by CAKE」とネーミングされたこのモデルは、モーターを原動機とする電動バイクとなっている。この電動バイクのポイントは、ポールスター社が販売している電動車「ポールスター2」のリアに専用のトゥバーを装着することで積載でき、走行中に充電できるというクルマと電動バイクの融和にある。

 すでに発売されており、ポールスターのホームページでは4200ユーロ(邦貨換算約55万円)というプライスだ。

「この軽量なバイクは、コードを介してポールスター2に接続され、クルマからの充電も可能で、都市部だけでなく田舎の探索にも対応できます」と語るのは、ポールスター社のCEOであるトーマス・インゲンラス氏だ。

 CAKE社のCEO兼創業者であるステファン・イッテルボーン氏は、「渋滞で時間を無駄にしたり、駐車場を探したり、満員電車で体を縮めたりするのではなく、ポールスターのチームと一緒に、未来のモビリティをフレキシブルでアクセスしやすく、エミッションフリーなものにしたいと考えています」と語っている。

 ボルボ・カーズとジーリー・ホールディングスが設立したプレミアム・エレクトリック・パフォーマンスカーブランドであるポールスターは、現在2種類の電動パフォーマンスカーを生産している。

 カーボンファイバー製のボディを持ち、609psの出力と1000Nmのトルクを発生する、ハイブリッドパワーユニットを装備した「ポールスター1」と、ピュアEVのポールスター2がそれだ。

 今後ポールスターは、電動パフォーマンスSUVの「ポールスター3」の発売も予定。この「Makka – Polestar edition by CAKE」は、オーナーの行動範囲を、より一層広げてくれるモビリティとして期待したいものだ。

【画像】無骨でカッコいい! ポールスターの電動バイクのディテールとは(9枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー