ランボルギーニが東京の夜景を彩る! 「カプセルコレクション」のフォトシリーズとは

ランボルギーニが東京の夜景を舞台としたフォトシリーズを公開。被写体は「ウルス Graphite Capsule」と「ウラカンEVO Fluo Capsule」の2台です。

東京の夜景を彩る「ランボルギーニ・カプセルコレクション」

 2021年8月20日、アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは、「ウラカンEVO Fluo Capsule」のフォトシリーズを公開した。

ランボルギーニ「ウラカンEVO Fluo Capsule」のフォトシリーズ
ランボルギーニ「ウラカンEVO Fluo Capsule」のフォトシリーズ

 今回公開されたフォトシリーズは、同社のスーパーSUV「ウルス」の新たなカラーと機能性のデザインエディションとして2020年に発表された「ウルスGraphite Capsule」に、V10スーパースポーツカー「ウラカン」が加えられたコレクションである。

 東京のランドスケープに溶け込みながらも異彩なる個性を発揮し、特別なひと時、そして何気ない日々のなかの一瞬一瞬、さまざまな夜景シーンが彩られている。

●ウルスGraphite Capsuleをどう撮影?

 カラーとトリムに個性的で新しい表現の可能性が加えられたウルスGraphite Capsuleでは、夜色に包まれた東京で、新しいマットカラー「Nero Noctis(ブラック)」のボディに、アクセントカラー「Verde Scandal(グリーン)」が際立つシャープなツートンカラーの車体を撮影。

 スリリングな夜の雰囲気との融合や、大都市のアーバンライトを浴びて浮かび上がる力強いボディライン、そして強烈なコントラストの究極のコンビネーションが、ランボルギーニの超越した個性を表現したフォトシリーズとなっている。

●ウラカンEVO Fluo Capsuleを写真で表現

 鮮やかで大胆なカラーが施されたコレクションであるウラカンEVO Fluo Capsule。

 撮影では、この鮮烈なバイカラーのウラカンEVO Fluo Capsuleが登場。「Giallo Clarus(イエロー)」のボディカラーとマットブラックのルーフが、ウラカンのダイナミズムにさらに躍動感を加え、ストリートでの存在感を一層高めている。スポーティかつ華やかな魅力を放ちながら東京の夜を駆け抜けている様が表現されている。

【画像】東京の夜景を彩る「ランボルギーニ・カプセルコレクション」(7枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント