スケボー初代王者・堀米雄斗選手の愛車は? 東京オリンピックで活躍したアスリートの愛車3選

連日、各国の選手が激闘を繰り広げている東京2020大会。今回は、サッカー日本代表のデュエル王、バスケットボール日本代表のキャプテン、さらにスケートボード競技・ストリートの初代王者などの愛車事情を紹介します。

スケボー・ストリート初代王者の愛車は、大谷翔平も乗るあのメーカー!

 2021年7月に開幕した東京五輪。金メダルの数は16個を獲得した1964年の東京大会と2004年のアテネ大会を超えています。
 
 そこで今回は、サッカー日本代表のデュエル王、バスケットボール日本代表のキャプテン、さらにスケートボード競技・ストリートの初代王者など、東京オリンピックで活躍した一流アスリートの愛車事情を紹介します。

米国在住の堀米雄斗選手が乗るのは大谷翔平も乗るあのメーカー?
米国在住の堀米雄斗選手が乗るのは大谷翔平も乗るあのメーカー?

 ●遠藤航選手

 サッカー日本代表の遠藤航選手。28歳で大会に臨む遠藤選手はオーバーエイジ枠で参加しています。

 遠藤選手といえば、ドイツ・ブンデスリーガのシュツットガルトでプレーしており、今季のリーグ戦で、ボールを奪い合うデュエルの勝率が1位を記録するなど球際で圧倒的な強さを披露。“デュエル王”と呼ばれる日本代表に欠かせない選手です。

 そんな遠藤選手の愛車は、メルセデス・ベンツの高級ミニバン「Vクラス」。その前まではレクサス「RX」、レクサス「LX」に乗っていたということです。

 2019年に発表された現行Vクラスは、安全運転支援システムの「レーダーセーフティパッケージ」と、対話型インフォテインメントシステムの「MBUX」を全車標準装備するなど、最新の「メルセデス・ベンツのミニバン」の名に相応しい快適性と安全性を備えています。

 2021年7月に一部改良を発表され、主な変更点としては「レーダーセーフティパッケージ」に並列駐車スペースからバックで出るとき、後方を横切るクルマを検知してドライバーに注意を促すとともに、必要に応じて自動でブレーキを作動させる「リアクロストラフィックアラート」を追加。

 また、スマートフォン連携機能も追加し、車両側のメディアディスプレイでスマートフォンアプリが使用出来るようになりました。

 メルセデス・ベンツの高級ミニバンに乗る“デュエル王”の活躍に注目です。

 ●馬場雄大選手

 バスケットボール日本代表のキャプテンを務める馬場雄大選手。今季は、オーストラリア・リーグのメルボルン・ユナイテッドで主力として活躍。リーグ優勝に貢献しました。

 また、東京五輪開幕前には、女優・森カンナさんとの結婚を発表するなどプライベート面でも注目を浴びています。

 そんな馬場選手の愛車が、レクサス「LX」。

 馬場選手はレクサスのホームページで「LXはサイズ感もあり、重量感もあり、高級ですので、人に見られると思っています。僕の職業柄、プロ選手として見られる立場なので、レクサスに乗ることによってより一層見られるっていうことを意識します」などとインタビューにて答えています。

 LXのパワートレインは、5.7リッターV型8気筒エンジンを搭載し、377馬力を発生。8速ATはフルタイム4輪駆動システムにパワーを伝達し、トルセンLSD(電子ロック式センターディファレンシャル付き)を装備。

 エクステリアは、レクサスの象徴であるスピンドルグリルを採用。上下に厚みをもたせた迫力のあるボディが本格SUVとしてのたくましさとフラッグシップモデルのラグジュアリー感を表現。

 グレードは「LX570」のひとつのみ。5人乗り仕様と8人乗り仕様が用意されています。

 ●堀米雄斗選手

 スケートボード競技の堀米雄斗選手。東京五輪からの新種目「ストリート」で初代金メダリストとなり歴史に名を刻みました。

 スケートボードの本場・アメリカを拠点に活動する堀米選手は、小さな頃からスケートパーク付きの豪邸を建てることを目標のひとつとしてきました。

 念願叶って2020年、ロサンゼルスにスケートパーク付きの4LDKの豪邸を建てるアメリカンドリームを実現しています。

 そんな堀米選手が愛用するクルマが、テスラ「モデル3」。2020年12月に自身のSNSを更新して「車買いました! これでどこでも行けるので嬉しいです。安全運転で行きます」というコメントとともに初愛車の写真を公開しました。

 モデル3は、「より小さくシンプルで手頃な電気自動車」として開発され、日本では2018年11月に発売。

 同社の「モデルS」よりもコンパクトなセダンタイプです。最高時速261km、航続距離は約580km、全長4694mm×全幅1849mm×全高1443mm、乗車人数は大人5人のスペックです。

 搭載されているカーボンファイバースポイラーは高速での安定性を高め、静止状態から時速100kmまでわずか3.3秒で加速するパフォーマンスをみせてくれます。

 ちなみに、おなじくアメリカで大活躍しているメジャーリーガーの大谷翔平選手はテスラ「モデルX」を愛用。世界に誇る日本人アスリートはテスラがお好きのようです。

※ ※ ※

 東京五輪の大舞台で活躍したアスリートの愛車は、金メダル級にかっこいいクルマばかりでした。東京五輪が終わってもファンに夢を与えてくれる活躍が楽しみです。

レクサス・LX のカタログ情報を見る

テスラ・モデル3 のカタログ情報を見る

【画像】米国ではかなり有名な堀米選手の愛車は近未来感ある「あのメーカー?」(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント