【限定600台】ランボルギーニ「LP780-4 Ultimae」は最強・最後のアヴェンタドールか!?

ランボルギーニのフラッグシップである「アヴェンタドール」のモデルライフが、いよいよ終えようとしている。自然吸気V12だけをパワーソースとする最後のランボルギーニ、「アヴェンタドールLP780-4 Ultimae」が発表された。2011年の「アヴェンタドールLP700-4」から歴代アヴェンタドールの国際試乗会に参加してきた西山嘉彦が、ラスト アヴェンタドールを考察する。

ヴィンケルマンが戻って、ネーミングも元に戻った

 2021年7月7日12時(イタリア現地時間)、ランボルギーニ「アヴェンタドール」の最終進化版「アヴェンタドールLP780-4 Ultimae」がオンラインで発表された。

 自然吸気V型12気筒エンジンのみを純粋なパワーソースとする、猛牛のファイナルエディションはどのような仕様なのか、2011年に登場した「アヴェンタドールLP700-4」から歴代アヴェンタドールの国際試乗会に参加してきた西山嘉彦が分析する。

ヴィンケルマンがランボルギーニのCEOに戻って、ネーミングも「アヴェンタドールLP780-4 Ultimae」と旧来の馴染みあるものに戻された
ヴィンケルマンがランボルギーニのCEOに戻って、ネーミングも「アヴェンタドールLP780-4 Ultimae」と旧来の馴染みあるものに戻された

 全世界に向けたオンライン発表会は、ヴィンケルマンがあっさりとアヴェンタドールLP780-4 Ultimaeを紹介し、2011年に登場したアヴェンタドールLP700-4から「アヴェンタドールSVJ」までを一気に振り返る映像の演出などが盛り込まれ、あっという間に終了した(実際に短い発表会だった)。

 実際のワールドプレミアは、2021年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードとなる。

●復活したネーミング

「アヴェンタドールS」とSVJの登場当時はドメニカリがランボルギーニのCEOだったが、今回の発表に登壇したのは10年前と同じヴィンケルマンCEO。これも何かの因縁か。ドメニカリ時代に、車名のエンジンの搭載位置を示す「LP(Longitudinale Posteriore)=縦置き・後方」に「馬力」、そしてダッシュと続いて「駆動方式を示す数字」の記号は廃止されたが、ヴィンケルマンが戻ってきて再び旧式の呼称が復活した。

 ランボルギーニ製の自然吸気V型12気筒エンジンのみの最期のモデル名は、アヴェンタドールLP780-4 Ultimae。リアミッドにエンジンを縦置きし、最高出力は780ps、そして四輪駆動であることが一目瞭然だ。まずは元のネーミングに戻って喜んでいるファンも多いことだろう。

●クーペとロードスターの台数は?

 アヴェンタドールのスペシャルモデル(いわゆるフューオフモデルは除く)としては「LP750-4 SV」、SVJとあるが、どちらも固定式のリアウイングやフロントバンパーなどのエアロパーツなどが特徴的だった。

 そこで、ラストアヴェンタドールがどのような個性的なスタイリングになるのか期待していた人もいるだろう。しかし、LP780-4 Ultimaeには、個性的な固定式リアウイングはなく、ローンチ当時のLP700-4へと先祖返りしたかのような大人しく見えてしまうスタイルだった。

 クーペとロードスターが同時に発表されたのもLP750-4 SVと同じだ。ただしその台数がきわめて戦略的だ。クーペが350台、ロードスターが250台なのである。

 LP750-4 SVはクーペ600台/ロードスター500台、SVJはクーペ900台/ロードスター800台であったことと比べると、いかに少ないかが分かる。つまり、将来的にコレクターズアイテムとなる可能性を十分に秘めているのだ。

【画像】最後の「アヴェンタドール」のスペックとディテールをチェック(40枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー