オリンピック開催間近! 首都高の交通規制はどのように実施? 最新情報を得るにはどうする?

2021年7月から開催される東京2020オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、首都高の交通規制がおこなわれます。事前に規制情報を把握し、迂回路を考えておくのが最善となりますが、最新情報はどのように得るのがいいのでしょうか。

7月19日からオリンピック・パラリンピックに向けた交通規制がはじまる

 2020年に開催が予定されていた東京オリンピック・パラリンピック競技大会。
 
 新型コロナウイルスの影響を受けて、オリンピックが2021年7月23日から8月8日、パラリンピックが8月24日から9月5日に延期されましたが、それにともない首都高速道路(首都高)では「TDM(交通需要マネジメント)」の一環として交通規制がおこなわれます。
 
 実際にどのような交通規制が実施されるのでしょうか。

大会期間中は首都高をはじめさまざまな場所で交通規制が実施される(画像はイメージ)
大会期間中は首都高をはじめさまざまな場所で交通規制が実施される(画像はイメージ)

 TDMとは道路の混雑を緩和するために、クルマの効率的な利用や公共交通機関への転換などを広く呼びかけ、交通が一点に集中することを避けるように調整する取り組みのことです。

 東京オリンピック・パラリンピックにともなう首都高のTDMは、国や東京都、東京2020組織委員会が「東京2020TDMプロジェクト」として推進しています。

 交通規制をおこなう理由としては、首都高の交通量を減らし、一般車両はもちろん、トラックなどの輸送車両や大会関係車両が安定して通行できるようにすることが挙げられます。

 交通量を減少させることについて、東京2020TDMプロジェクト運営事務局では、オリンピック・パラリンピック期間中の首都高の交通量を通常の30%以下にすることを目標として規制などに取り組んでおり、普段の休日と同等の環境を整えられるように考慮しています。

 交通規制の実施時期は場所によって異なりますが、基本的には7月19日から8月9日・8月24日から9月5日でおこなわれ、早いところでは6月30日から開始されているようです。

 実は、オリンピック・パラリンピック開催期間である7月中旬から9月上旬は、一般的に学生の夏休み期間やお盆と重なり、例年交通量が多くなる時期でもあります。そのため、規制の実施は必須であるといえるでしょう。

 今回の規制の方法としては、ジャンクションの車線減少による流入調整や高速道路自体の出入り口閉鎖など交通規制が挙げられます。

 例えば、国立競技場に近い首都高速4号新宿線の外苑入口(上下)は7月3日から最長9月16日にまで終日入口閉鎖。選手村に近い高速10号晴海線の晴海入口(下り)は会期中を終日入口閉鎖となっています。

 実施時間や内容は、場所や交通状況により異なりますが、首都高全体では昼間の利用料金を1000円値上げすることで渋滞の緩和を図っています。

 オリンピック・パラリンピック開催時は、交通輸送技術検討会において、1日あたりに首都高を通行するクルマは通常の2倍となることが予想されています。

 また、大会期間中になにも対策をおこなわなかった場合、首都高では渋滞も約2倍に悪化すると考えられます。

 とくに混雑が予想されているのは、オリンピック・パラリンピックの開会式、閉会式や各競技の開催時であり、規制の場所や実施のタイミングはそうした混雑状況も考慮したうえで決められています。

 そのため、日や時間によっても規制箇所や内容が異なり、利用する人にとっては混乱の原因になり得るかもしれません。

 場合によっては、大きく迂回しなくてはいけない可能性もあるため、仕事で利用する人は注意が必要です。

 規制を事前に把握する方法についてオリンピック・パラリンピック開催にともない、交通や環境の整備、スポーツ振興の施策などを担うオリンピック・パラリンピック準備局の担当者は、「日本道路交通センターのホームページに情報が掲載されているので、そちらからご確認ください」と話します。

 なお、交通規制の予定箇所については首都高公式ホームページに掲載されており、さらにページ内の「首都高道路交通状況マップ」では、現時点での首都高の混雑状況を把握することが可能となっています。

 また、首都高の公式TwitterやLINEでも情報を得ることができるようです。これらのような情報などをあわせて活用することによって、比較的規制や混雑に遭遇せず、円滑にクルマを運転することができるでしょう。

 前出の担当者は「大会期間中は不要な利用を少しでも減らし、渋滞の緩和に協力してほしい」と一般に広く呼びかけています。

 オリンピック・パラリンピック期間は首都高に限らず、一般道でも交通規制などがおこなわれ、混雑が予想されます。

 自分自身が混雑に巻き込まれるのを避けたり、渋滞緩和に協力したりする意味でも、クルマでの不要な外出は極力避けたほうが良いのかもしれません。

※ ※ ※

 オリンピック・パラリンピック期間中は、首都高の一部のジャンクションや入り口、料金所などが、それぞれ異なる日時で規制されます。

 大会期間中に首都高を利用する予定がある場合は、あらかじめ首都高のホームページや公式SNSから道路状況を確認した方が良いでしょう。

【画像】どこが通れない? 期間は? 交通規制箇所や方法を写真で確認する!(17枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント