新型「MINI」日本上陸! 輸入車ナンバーワンブランドのイケメン改良型が日本上陸

ビー・エム・ダブリューは2021年5月25日、「MINI3ドア」「MINI5ドア」「MINIコンパーチブル」をマイナーチェンジし発売した。

新形状フロントグリルと新タイプのLEDヘッドライトで新たな顔

 ビー・エム・ダブリューは2021年5月25日、「MINI3ドア」「MINI5ドア」「MINIコンパーチブル」をマイナーチェンジし発売した。

改良新型「MINI3ドア」
改良新型「MINI3ドア」

 改良新型MINI3ドア/MINI5ドア/MINIコンバーチブルは、エクステリアデザインを一新。フロントグリルは六角形の周囲がこれまで以上に大型化、丸い特徴的な新LEDヘッドライトが標準装備されている。ロービームとハイビーム用LEDユニットは、ハイグロスブラックのハウジングに収められており、丸目を特徴づけるライトバンドは、デイタイムランニングライトとターンインジケーターの機能を果たす。

 フロントバンパーも新しくデザインされ、表情豊かになっているのが特徴だ。さらにフロントバンパー下部には新たにエアカーテンが採用され、デザイン性とともに空力性能も向上している。

 ボディカラーは3色の新色が追加されている。ルーフトップグレーメタリックとアイランドブルーメタリックに加え、これまではMINIコンバーチブルのみでの設定だったゼスティイエローソリッドも用意された。

 さらにMINI3ドアとMINI5ドアには、業界初のコンセプトとなる「マルチトーンルーフ」をラインナップ。これはグラデーションデザインを用いたもので、前方からソールブルー、中央部分に移動するにつれ明るいパーリーアクア、そして後方部分は濃い色のジェットブラックへと徐々に変化するルーフカラーだ。これはMINIが生産される英オックスフォード工場の塗装技術により実現したもので、各々の塗料が乾ききる前に塗り重ねていくウエット・オン・ウエット塗装が用いられている。

 インテリアも大きく変更されている。新設計のレザーステアリングホイールが全車標準装備となり、その奥には5インチカラーディスプレイを備えたマルチファンクションディスプレイが備わる。またセンターには8.8インチのカラータッチスクリーンディスプレイを標準装備している。

 安全装備も充実。運転支援システムであるアクティブクルーズコントロールには、MINI3ドア/5ドア/コンバーチブルとしてはじめてストップ&ゴー機能が装備された。さらにMINIブランドとして初搭載のレーンディパーチャー・ウォーニングや全車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキを標準装備している。

 また新型MINIは「MINIコネクテッド」を全車標準装備する。これは車載通信モジュールにより車両外部との通信によるコネクティビティを高めるもので、MINI SOSコールやテレサービスなど、もしもの時に備える安全性も提供される。

 さらに2021年4月にリニューアルされたスマホアプリである「MINI App」と連携させることで、クルマに乗り込まなくても車両の状況や車両の位置確認、車両のロック/ロック解除、ヘッドライトの点灯や換気操作などを遠隔で実施できる。

 またMINI Appはアプリ上の地図機能に加えて、グーグル・マップやApple「マップ」と連携することが可能で、スマホ上で目的地を検索し車両に転送が可能なため、クルマに乗り込んでから目的地を設定する煩わしさからも開放される。

●新型MINI 車両価格(消費税込)

・MINIワン 3ドア 273万円
・MINIクーパー 3ドア 329万円
・MINIクーパーD 3ドア 342万円
・MINIクーパーS 3ドア 397万円
・MINI ジョン・クーパー・ワークス 3ドア 482万円

・MINIワン 5ドア 290万円
・MINIクーパー 5ドア 346万円
・MINIクーパーD 5ドア 359万円
・MINIクーパーS 5ドア 414万円
・MINIクーパーSD 5ドア 427万円

・MINIクーパー コンバーチブル 385万円
・MINIクーパーS コンバーチブル 453万円
・MINI ジョン・クーパー・ワークス コンバーチブル 538万円

* * *

 今回改良されたMINI3ドア/5ドア/コンバーチブルは、英国プレミアムブランドであるMINIのラインナップのなかでも、スモールカーセグメントに位置づけられる伝統的なモデルだ。

 ボディサイズは、MINI3ドアが全長3865mm(MINIクーパーS、MINI JCWは3880mm)×全幅1725mm×全高1430mm、ホイールベースは2495mm、MINI5ドアは全長4025mm(クーパーS、クーパーSDは4040mm)×全幅1725mm×全高1445mm、ホイールベースは2565mm、MINIカブリオレは全長3865mm(MINIクーパーS、JCWは3880mm)×全幅1725mm×全高1415mm、ホイールベースは2495mmとなっている。

 現行型MINIは、2013年に登場した第3世代。日本においては、2016年暦年の外国メーカー車モデル別新車登録台数順位(日本自動車輸入組合発表)で、それまでのVW「ゴルフ」を抜いて1位を獲得して以来、2020年まで5年連続して輸入車ナンバーワンとなっている人気のモデルだ。

 2021年3月、BMWグループの年次会議において、MINIはEV専用ブランドにすると発表された。

 今後のスケジュールとしては、2025年に内燃機関(ガソリン/ディーゼルエンジン)モデルとしては最後のニューモデルを導入、それ以降はフルEVのみを販売する予定だという。

 これにより、2027年までにはすべてのMINIモデルの50%以上がEVとなり、2030年代初頭にはMINIブランド全体で完全EV化を果たし、世界のあらゆる地域に拠点を持つグローバルブランドとしての地位を維持していくとしている。

【画像】変わったのは顔だけじゃない! 新型MINIを画像でチェック(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント