なぜ日本は「バック駐車」多い? 欧米では前向きが基本も 日本で「後ろ向き駐車」が多い理由とは

クルマの運転方法などは、国や地域の事情によって独自の方法が定着しています。なかでも、駐車場での動きとして「前向き駐車」と「後ろ向き駐車」がありますが、欧米では「前向き駐車」が基本なものの、日本では「後ろ向き駐車」が多いといいます。なぜ、日本と欧米では異なるのでしょうか。

あなたは「前向き駐車」と「後ろ向き駐車」どっち?

 日本では、バックから駐車する「後ろ向き駐車」がスタンダードとなっています。
 
 一方で、アメリカやヨーロッパでは前向き駐車がほとんどです。なぜ、日本では後ろ向き駐車が多いのでしょうか。

欧米は前向きは多い? なぜ日本では「バック駐車(後ろ向き駐車)」が多いのでしょうか?
欧米は前向きは多い? なぜ日本では「バック駐車(後ろ向き駐車)」が多いのでしょうか?

 自動車業界では「道がクルマをつくる」という有名な言葉があります。

 アメリカのように国土が広大で、なおかつガソリン価格が安い国では、大きなエンジンを搭載したゆとりのあるクルマが育ち、高速道路による都市間移動の多いヨーロッパでは、走行安定性の高い、いわゆる「走りの良いクルマ」が育つというのが良い例です。

 そして日本では、人口密度の高さや石油資源の少なさから、コンパクトなエコカーが育ちました。

 このように、その国や地域の事情とクルマの進化は切っても切れない関係にありますが、クルマそのもののみならず、クルマの使い方にも地域性は表れるようです。

 そのもっとも有名な例のひとつが、駐車の方法です。日本では、片方が閉じている駐車場の場合、バックから駐車する「後ろ向き駐車」が一般的です。

 一方で、アメリカやヨーロッパなどでは、特別の事情がない限りは、頭から駐車する場合がほとんどです。

 もちろん例外はありますが、なぜここまではっきりとした違いが見られるのでしょうか。

 そもそも、駐車場における駐車の向きを規定した法律はありません。というのも、駐車場は原則として私有地であるため、道路交通法の範疇外となる場合が多いためです。

 住宅地に面したコンビニエンスストアなどでは、騒音や排気ガスなどに配慮から、住宅地側へ頭を向ける前向き駐車を指定する場合もありますが、もし仮にそうした場所で後ろ向き駐車をしたとしても、現実的には、罪に問われる可能性は低いと思われます。

 つまり、日本で後ろ向き駐車が多い理由は、法律上の問題ではなく、文化や慣習に依存するものといえます。

 実際、運転免許を取得する際の教習所などで配布される教本内の「3 自動車の運転方法 1-5 発進にあたっての安全確認(3)」には、以下のような記載があります。

「バックで発進することは危険ですから、車庫などに入れるときは、あらかじめ発進しやすいようにバックで入れておきましょう」

 このように、教習所などでは発進時の安全の観点から後ろ向き駐車を推奨しているようです。

 また、前向き駐車よりも後ろ向き駐車のほうが、駐車がしやすいということも理由として挙げられます。

 ほとんどのクルマは前輪が操舵輪となっているため、前進方向への旋回時には、構造上内輪差が生じることになります。

 バック時には後輪の軌跡に対して内輪差が生じないため、後ろ向き駐車のほうが、駐車をするために必要なスペースが少なくなる傾向があります。

 東京をはじめとする日本の都市は、世界的に見ても人口密度が高い一方で、世界トップクラスの自動車保有台数を誇っていることから、ほとんどの駐車場が必要最低限のスペースしか用意していない場所がほとんどです。

 そのため、世界的に見ても駐車の難易度が高いことで知られており、より少ないスペースで駐車できる後ろ向き駐車のほうが浸透したと考えられます。

 一方、広大な国土をもつアメリカや、人口密度の低いヨーロッパでは、日本ほど駐車スペースが狭くないことから、後ろ向き駐車が一般的にならなかったようです。

 この説を裏付けるものとして、シンガポールや香港といった、日本と同等以上に人口密度が高く、クルマが多い地域の例が挙げられます。

 これらの国や地域では、日本と同様に後ろ向き駐車することが多く、人口密度やクルマの多さと、駐車の向きには関連があるといえそうです。

【画像】これはぶつかった? バック駐車で事故発生? ギリギリの場面を見る(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

11件のコメント

  1. アメリカの多くの州では前向き駐車が法律で規定されています。というのも、後ろにしかナンバーがついてにところが多いからです。私もアメリカに住み始めてすぐ、日本と同じように後向きに駐車していたところ、駐車違反を取られました。しかも、後ろ向き駐車の違反金は、他の駐車違反よりも罰金が高く設定されていました。(と言っても、日本の駐車違反の反則金の何十分の1ですけど)

    • 嘘ついてんじゃねーよ!グーグルアースでアメリカの駐車場見たけどほとんどがバック駐車だったぞ。車の構造上バック駐車の方がコントロールしやすいんだよ!!ばーか

  2. 欧州在住です。内輪差云々はよーく納得できますが、根本的には違うと思います。
    当地では、ドイツなんかは1台当たりのスペースがあるものの日本と大差なく、フランス、イタリアなどではけっこう狭隘です。が、それでもほとんど前から突っ込みます。
    この件に限らず、こちらで四半世紀を超える生活での私の結論は、日本人は「何かが起こる前に考える」、欧(米?)人はコトが起こってから考える」です。
    だから、彼らは駐車スペースという目的地に、取り敢えずというか、何も考えずにそのまま運転して終了するのです。そして、あとのこと(出発時)は、そのときに考えるのです。

    • 「バック時には後輪の軌跡に対して内輪差が生じないため、後ろ向き駐車のほうが、駐車をするために必要なスペースが少なくなる傾向があります」

      さっぱり何言ってるか分かりませんでした。日本語でお願いします。
      後退時には内輪差が生じないと誤解をしそうです。
      それと「スペースが少なくなる傾向」ってなんですか?

  3. 日本では土地が狭いためではあるけど、
    駐車枠が狭いというより駐車枠数増やす為に
    通路の道幅が狭くなりがちで、
    その通路となる道幅が多くは一台分3m程度の一方通行が普通ですよね、
    そうなると後ろ向きに入れないと出入りしにくい訳で
    自然と後ろ向きに入れるのが定着したんだと思う、
    アメリカなどの郊外のショッピングセンターの場合だと
    車が2台分すれ違える7m以上の道幅がある場合が多いと思う、
    それだと出る時はまっすぐバックしてから切り返して出れる訳で前向きに駐車する事に抵抗はない、
    それに車が通路を行きかう頻度も日本より少なくあまり混雑しないし速度もあまり出して来ないから
    バックで出るのに気を使い過ぎないで済む
    日本人はせっかちで空きスペースの奪い合いでイライラと混雑した駐車場でもつい速度を出し過ぎる方もいますし…(;^ω^)
    それにヨーロッパの場合では狭い都市部地域だと縦列駐車の方が一般的な駐車スタイルだよね。
    国民性と言うか都市設計や駐車スペース確保への考え方がそもそも違う訳で、
    出入りしやすさ優先あくまで一時的な駐車場所との考えが根本にある欧米に対し、
    スペースを有効活用しよう多く駐車させよう枠確保優先で、
    すし詰めにするゆとりのないレイアウトにして、
    結局出入りで混雑してイライラしてるのが日本の有り様ですね。

  4. クルマとは関係ない文化比較のエッセイで「欧米で自動車を前向きに停めるのは、前向きにしか止まらなかった馬を御していた名残」と読んだ記憶が。

  5. いやぁ、日本でも年配の人とかになると頭からどーんと停めて、出る時も他の車が来てようともお構いなしに無理っくり出てくる人も結構いるよ。
    バックで駐車するのは結局出る時も考えてだよね。
    リスクを少しでも減らして運転するのは日本の法律で考えたら当然かと。

  6. 下手な奴ほどバックで停めている、しかもわざわざ前向きでと断わっている駐車場で、最近のファミレスはほとんどそう、馬鹿じゃね。因みに自分は73歳のじじい。

  7. 以前フランスに数年在住。言おうと思ったことはおからだんなさんのコメントに尽くされていますのでやめますが、あえて付け加えると、出るとき隣が空いてるかもしれないし、という楽観主義もありましょう。

  8. 後車がいる場合には、後車を待たせることなく頭からスート入って欲しいですね❗出るときは周りを確認して、自分のタイミングで出れば他車を待たせずに済みますから。

  9. スーパーなどでは日本よりカートが大きい,2倍はある.
    商品ひとつひとつのサイズも大きい.
    コストコのようにね.
    ですから頭から突っ込んだ方が,荷物を積むのに楽なんです.