3列7人乗りコンパクトSUV メルセデス「GLB」にエントリーモデル「GLB180」登場 530万円から

メルセデス・ベンツ日本は2021年4月5日、3列7人乗りのコンパクトSUV「GLB」に、「GLB180」および「GLB200 d 4MATIC」を追加、予約注文の受付を開始した。納車はGLB200 d 4MATICが同年4月、GLB180が同年7月を予定している。

2リッターディーゼルに4WDを組み合わせた「GLB200d 4MATIC」も登場

 メルセデス・ベンツ日本は2021年4月5日、コンパクトSUV「GLB」に、「GLB180」および「GLB200d 4MATIC」を追加、予約注文の受付を開始した。納車はGLB200d 4MATICが同年4月、GLB180が同年7月を予定している。

メルセデス・ベンツ「GLB」の走り
メルセデス・ベンツ「GLB」の走り

 GLBは2020年6月に日本に上陸したモデルで、全長4634mm×全幅1834mm×全高1706mm、ホイールベースは2829mmというサイズのコンパクトSUV。このサイズで3列7人乗りを実現している。

 日本でも人気が高く、日本自動車輸入組合(JAIA)発表のデータによると、2020年4月から2021年3月の「2020年度外国メーカー車モデル別新車登録台数順位」を見てみると、GLBは5197台で全体の13位にランクインしている。ちなみに同時に日本に上陸したコンパクトSUV、新型「GLA」は4129台で19位となっている。

 今回追加されたGLB180は、1.4リッター直列4気筒ターボエンジン「M282」型を搭載している。このエンジンはオールアルミニウムで、特徴は超小型・軽量、さらに優れた動/静剛性という。最高出力は136ps・最大トルクは200Nmを発生、組み合わされるトランスミッションは7速DCT(7G-DCT)。前輪駆動(FF)モデルで、車両価格は530万円(消費税込、以下同)となる。

 GLB200d 4MATICは2リッター直列4気筒クリーンディーゼルターボ「OM654q」型を搭載。最高出力150ps・最大トルク320Nmを発生、力強い加速性能を有しながら、低振動で高い静粛性を両立させている。組み合わされるトランスミッションは8速DCT(8G-DCT)だ。

 さらに四輪駆動システム「4MATIC」は、ドライバーがダイナミックセレクトのスイッチを操作することで、基本の前後トルク配分比を変化させることが可能になっている。特性マップは3つあり、一般的な走行状況における基本的な前後トルク配分比は「ECO/コンフォート」で80:20、「スポーツ」では70:30となる。

 一方、オフロード走行では四輪駆動クラッチがセンターディファレンシャルロックのように働き、基本トルク配分は均等に50:50となる。どのモードでも路面状況に応じて連続的にトルク配分比を変化させることで、常に最適な駆動力の伝達を可能にし、オンロードでの安定性と効率性と、オフロードでの走破性を高次元に両立している。

 GLB200d 4MATICの車両価格は553万円となる。

* * *

 今回のGLB180/GLB200d 4MATICの追加で、GLBのラインナップが変更されている。

 従来あった2リッターディーゼルターボエンジン搭載で前輪を駆動する「GLB200d」が廃止され、2リッターガソリンターボエンジンを搭載する4WDの「GLB250 4MATIC」が「GLB250 4MATIC スポーツ」となり、車両価格は704万円となった。

 2021年1月に追加された、最高出力306ps・最大トルク400Nmを発生する2リッター直列4気筒ターボ「M260」型を搭載する高性能モデル「メルセデスAMG GLB35 4MATIC」は、従来のままラインナップに残る。車両価格は732万円だ。

 これにより、GLBのグレードはGLB180/GLB200d 4MATIC/GLB250 4MATICスポーツ/メルセデスAMG GLB35 4MATICの4グレード構成になっている。

【画像】メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLB」を画像でチェック(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント