ヘッドライト「眩しい」問題は解決する? ハイビーム推奨の動きが活発化する訳

クルマのライト類は日々進化を遂げており、最近ではより性能の良いLEDを採用するモデルが増加しています。また「オートライト機能」の義務化などの法改正や「ハイビーム推奨」など政府や警察などの動きもあります。一方でユーザーからは「眩しい」という声が挙がっていますが、現在のライト問題はどうなっているのでしょうか。

「眩しい」で済むのは安全の証拠?

 近年、クルマのヘッドライトはLEDが主流となり、夜道でも明るく照らしてくれます。
 
 しかしその反面、対向車や照らされた歩行者などからは「眩しい」との声も多く上がっています。
 
 なぜ、眩しいという声が多いにも関わらず、年々ヘッドライトの明るさや機能は向上していくのでしょうか。

「眩しい」という声は多数あるものの、日々明るくなるライト類。さらに法改正や推奨運動で眩しさは増加する?
「眩しい」という声は多数あるものの、日々明るくなるライト類。さらに法改正や推奨運動で眩しさは増加する?

 近年のクルマは、単にLEDヘッドライトを装備しているだけでなく、とくに暗い場所では自動でハイビームに切り替える「オートハイビーム」を採用するモデルも増えています。

 また、2016年には、道路運送車両の保安基準が改正され「オートライト機能」の搭載が義務化。新型車は2020年4月から、継続生産車は2021年10月から適用されます。

 道路運送車両法上では、ハイビームは「走行用前照灯」と明記され、前方100m先までを照らすことが定められています。

 反対に、ロービームは「すれ違い用前照灯」といい、前方40mが視認できるものと定められ、オートライト機能で点灯するのはロービームです。

 しかし、最近では積極的にハイビームを活用するよう推奨する動きが出ています。

 警察庁の「平成29年上半期における交通死亡事故の特徴」では、ハイビームを活用したことによる事故抑止効果を公表しており、半数以上がハイビームの場合に衝突を回避出来た可能性があったとしています。

 また、JAFが過去に実施した「ハイビームとロービームでの停止位置の違い」というテストでは、時速80kmでの走行時に障害物を発見して停止するまで、ロービームでは平均5.6m手前、ハイビームでは平均82m手前という結果が出ています。

 このようにハイビームの上手な活用は各都道府県の警察や市区町村などが推奨していますが、実際のユーザーからは「ハイビームが眩しくてかえって危ない」という声も出ているようです。

 実際に、JAFがおこなったハイビームに関するアンケートでは、「眩しい」と答えたユーザーが96%と回答しています。

 では、なぜ眩しいという意見が9割以上を占めるなか、ハイビームの使用が推奨されているのでしょうか。郊外の交通課職員は次のように話します。

「私たちは、山間部と市街地のどちらも管轄していますが、どちらの場合でもハイビームを推奨しています。

 そして、実際にオートライト機能が搭載されてからは、事故が減少しています。

 山間部で薄暮時や夜間に無灯火で走れば、ドライバーも前方が見えませんし、歩行者や対向車からも視認性は大きく落ちます。

 また、市街地では街灯があって明るいですから、ドライバーは無灯火で走る可能性が高くなります。そして、歩行者や対向車からは、周りが明るいために視認性は低くなります。

 実際に、市街地で無灯火のクルマと歩行者の事故というのは一定数発生しています。

 そのため、オートライトの義務化は事故防止に大きく貢献しているといえます。

 また、オートハイビームはとくに暗い場所においてはかなりの事故抑止となるでしょう。

『眩しいので迷惑』という人がいますが、そうまでしないと事故は防ぎきれないということです。

 事故に発展せずに眩しいというだけで済んでいるのは、ある意味幸せなことかもしれません」

※ ※ ※

 ハイビームの光が眩しいと不愉快に感じるユーザーは多いようですが、それは事故を防ぐことができている証拠ともいえるでしょう。

【画像】これは眩しい! 純正&後付のピカピカライトを見る!(24枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

9件のコメント

  1. 眩しいのは危険だよ、それと特に道路を走ってる車が全て光軸が保安に適合してるかも疑わしいしね。車検の検査で適合してりゃ次の車検まで放し飼いだからね。

    • まぁ確かにセダンやクーペに乗っておると、SUV相手なら眩しいけど、SUVに乗るとクーペ、軽とかが対向すると暗すぎて『だいじょぶか?』と思う時があるけどな。
      一方で車内から見ると、車外で見える明るさが結構違うと思うけどな。

  2. ハイビームと眩しい問題は切り分けが必要でしょう。

    配光をきちんと考えていない粗悪なアフターパーツは、ロービームでも眩しいです。
    中には、ハイロー切り替えがないバルブまで存在しています。

    当然車検は通らないですが、純正品に戻して車検を通したあと
    すぐ元の粗悪バルブに戻すため、一向に改善しません。

    また、ハロゲンバルブをHID・LEDに交換する場合、ライト内部の改造が必要な場合が多いようです。
    当然、配光が合わなくて車検に通らないのですが、改造してあるためハロゲンバルブに戻しても
    配光はもとに戻りません。
    車検はギリギリ通るようですが、対向車に直接当たるような光が漏れるので、
    ハロゲンのロービームでも眩しいです。

    アフターパーツすべてを否定はしませんが(PIAAなどはきちんとやっている)
    海外製の粗悪パーツを規制しない限り、眩しい問題は続くと思います。

  3. 眩しいのは危険ですよ。市街地と真っ暗な田舎道の使い分けが重要なんじゃないですかね。
    自分が見えればOK、眩しいのは安全のため我慢して、ってことで解決してるこの記事はおかしいと思う。不快。
    LEDの目に刺さるような眩しさでその直後見えづらくなったり
    ハイビームにより歩行者が蒸発して見えなくなる場合もあるのではないか。

  4. 車のライトで歩行者が見えなくなる問題はいいのか?
    明るいライトを背にした歩行者は対向車から見えなくなるぞ

  5. なんですかこの記事は?

    LEDが眩しいのは色味や電力ではなくLEDの指向性のせいです。対向車のLEDヘッドライトがたとえロービームでも中心軸で照らされるとハロゲンとは比べ物にならない目に悪影響を与える眩しさですし、そこから少し外れるだけで全く眩しくなくなります。
    ちょっと調べればわかりそうなものですが?

    ちなみに。ハンディライト程度のLEDでも光源を直視しないよう注意書きがされています。

  6. 本当に取材されたのであればそのアフターパーツメーカーの商品は買わないほうが良いですし、素人の中古車販売店スタッフの話を記事にするこの編集者も素人だということですね。

    ネット記事が見当外れの間違いだらけだということがわかりました。

  7. これって、記事なの? 個人の感想を書いただけなの?  自分が 対向車を運転していたり、歩行者だったら どうなのか そこまで書いてほしい。 

  8. 本当に車を自分で運転して、交通問題を本気で疑問に思うライターさんなのか疑問に思う。
    オートライト機能とオートハイビーム機能を本当に理解して記事を書いているのだろうか?
    本来、これらの機能が正常に稼働していれば、すれ違い時にロービームに切り替わるから、
    眩しいという問題は6割方なくなる。
    工場長さんの言うように、光軸調整をまともにしていない、レベリング調整がまともにできていない(フォグランプが上向きで眩しいというような現象も)という問題に加えて、自動切換機能がない、または自動切換えを意図的に切っているのに、Hi/Low切替を意図的にか盆暗な所為でしない思いやり運転の気持ちが欠片もない運転者が居ることが「眩しい」問題の本質だということを理解して書いてほしい。