最大100万人が失業も? 豊田会長「このままではクルマが作れなくなる」危機感 鍵となる「LCA」とは

2021年3月11日、日本自動車工業会の定例記者会見で豊田章男会長が自動車産業を含めた日本経済界全体に対する強い危機感を語りました。そのなかで、豊田章男会長が重要視した「LCA」とはどのようなものがあるのでしょうか。

LCAを踏まえた強い危機感

 東日本大震災から10年目となる、2021年3月11日。日本自動車工業会の豊田章男会長が定例記者会見で語ったのは、カーボンニュートラル社会への転換に向けた日本経済界全体に対する強い危機感でした。

日本の自動車産業の行方を危惧する日本自動車工業会の豊田章男会長
日本の自動車産業の行方を危惧する日本自動車工業会の豊田章男会長

 会見の前半「2011年、自動車産業界は6重苦といわれていました」と、東日本大震災当時を振り返った豊田会長。

 6重苦とは、1ドル80円台の急激な円高、法人税の高さ、自由貿易協定、派遣禁止、CO2削減、そして震災による電力不足を指します。

 そうした状況下でも「自動車産業は日本の基幹産業であり、モノづくりの基盤を死守し、雇用を守る責任があった」(豊田会長)といいます。

 そのうえで、将来に向けて、自動車産業界が直面するカーボンニュートラル社会については「先行きは相当厳しい」と強い危機感を示したのです。

 将来への危機感といえば、豊田会長含めて自動車メーカー各社の社長が「100年に一度の自動車産業大変革期」という表現を使い、CASE(コネクテッド・自動運転・シェアリングなどの新サービス・電動化)による技術革新への早急な対応を進めていることは、一般的にも知られるようになってきました。

 一方、今回の会見で豊田会長が示した危機感とは「このままでは日本でクルマが造れなくなるかもしれない」という点であり、会見中に何度もLCAという単語が登場しました。

 LCAとは、「ライフ・サイクル・アセスメント」の略称で、商品の素材、本体の製造、使用、そして廃棄に至るまでの長期間にわたり評価することです。

 クルマに関してはCO2排出量をLCAの観点で捉えることが、カーボンニュートラルという概念では重要となります。

 仮に、LCAの観点を考慮せず、現状のまま日本で自動車製造を続けるとすると、政府がカーボンニュートラルを目指す2050年には、現在と比べて70万人から100万人もの雇用が自動車産業だけで失われかねないという、自工会の試算を示しました。

 自動車産業は製造業のほか、販売など関連産業を含めると国内で約550万人もの人が従事しています。このうち最大で約2割が職を失うかもしれないというのです。
 
 こうした危機を乗り越えるためにも「クリーンエネルギーの導入が必須」であると、豊田会長は会見中に何度も繰り返しました。

【画像】自動車産業の納税額は15兆円!? 日本経済を支える自動車産業に送るエールを見る(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

11件のコメント

  1. 解り難いですが簡単に解説すると、
    現状の再エネ率低いままの日本国内製造では
    LCAにおいて製造時のCO2排出量が再エネ先進国での同等製品に比べ多いという事になる。
    世界情勢でのカーボンニュートラル促進の着眼点で言えば
    同等製品を買おうとするなら製造時のCO2排出量が少ない方を選ぼうという機運が高まるだろうから
    このままでは日本製品は競争力を失っていき雇用衰退するというシナリオですね。
    震災から10年、
    日本のエネルギー事情は復興どころか路頭に迷い込んだと見るべきか。

  2. 自動車業界は日本の基幹産業で下支えしてるのは分かるし、世界のEV系統を冷静に見つつ日本ではHVを主力として世界に置いてかれぬように注視する必要がある。

    豊田章男氏の言うことはごもっともだと思うけど、綺麗事言うわりには下請けの取引先に原価値下げをお願いしたりとか解せないところはあるよな。下請けや期間工の努力や犠牲で自動車産業は成り立ってんだろうな。

  3. 記者の意図は知りませんが、豊田会長の意図は、発電方法やバッテリー製造、廃棄の時の環境負荷をセットで考えずに、妄信的にEVを進めるべきじゃない、ということですね。EV化に日本より積極的な地域の人も思惑あってのEV化で、その後のことを本当に考えてるのか?と疑われても仕方ないと思います。

  4. 期間工から派遣へシフトして賃金払わずにどこまでこき使い続けたら利益出るのか考え続けた末路だな
    企業として新しい物を作る能力がねぇんだわここは
    止める呼ぶ待つとかよく分かんねえルール作って馬鹿製造工場じゃねえのか

  5. うーん、焦ってるのはごもっともですが、会社は労働者のこと考えてないでしょうか。考えていると思います。でも手応えがありません。若手を離れないように(ビジョンを)応えるようにしてるかもしれません。でもベテランは?どうでもいいのかな。戦力になる若手を昇格させないと。ビジョンが見えず、辞めていきます。あと、労働組合も職場の事情が分かっていないと思います。分かってるかもしれません。上は現場を知らずです。まずは、みんなと平等はダメです。時間が流れてるこのときはみんな平等ですが、生きてる時間は平等ではありません。ゴマすりでやっているようなところは会社をダメにします。(生きるスキルとしては活かせると思いますが)
    会社はもしかして、労働者をこき使ってるのかな。
    私も自動車製造業勤めています。まず職場のために会社のために頑張ってきましたが、今年入ってモチベーションが無くなりました。歳離れてる何人かの同期が昇格したようです。このまま続けても、発展は見据えないので、今年中辞めます。

  6. EV化によって部費点数が万単位で削減去れて企業や雇用が淘汰される。
    また、電力需要が逼迫したり、充電ステーション設備が追い付くか?
    カーボンニュートラルを達成するには技術的に追い付くか?電力設備を全国展開可能か?平常時や災害時でも電力の供給を安定させれるか?また、過疎地域でもEVステーションを設置するのか?例えば急速充電が3分で可能か?
    ガソリン車ならば、単独で走行が出来ます。
    日本独自案が必要とは思います。

  7. 全ての車をEVにしてもその電力を補う発電所が火力ではCO2の削減にはなりませんね。

    将来のF1やルマンなどのカーレースがエンジン音からモーター音になるのは寂しいと思います。

  8. 小泉Jrは頭おかしいから。自国産業を守る為に最大限尽力すべきなのに、訳がわからん環境保全を理由に廃プラ規制とかやるし。ガソリン車廃止して日本にメリットなんかなんもない。ガソリン車だからこそエンジンや各種特許で有利性を保ててる。EVになったら中国が一気に出て来るだろう。レジ袋有料化なんてエコでも何でもない。ポリエチレンは低温で燃やしても有毒ガスも出ない。海洋ごみが・・・と言うが海洋ごみに占める割合いなんて1割にも満たない。

    • なんだかんだ理由を付けて、中国に有利になるように動くのが、小泉工作員の仕事です。
      親中派、媚中派の国会議員に何を期待してるのか解りませんが、彼はしっかり仕事をしてくれてますよ。
      その結果、日本がどうなろうと中国には関係ないことです。

  9. 国境炭素税の話しでしょう
    日本のエネルギー政策を転換しないと、日本で作って輸出出来なくなりますよ
    輸出出来なければ雇用も失われますよって

    平地が少なく海も遠浅ではない日本では太陽電池も風力も大陸国家にはかなわない
    水素を頑張るしか生き残る道はない
    水素社会が実現しなければ日本のモノ作りが成り立たない、政府は今すぐ総力を挙げて水素社会実現に取り組まなければならない

  10. カーボンフリーのエンジン開発を開始しましょう。CO2問題も解消化しますよ。