車に関わる個人情報は大丈夫? 売る時に注意したい事とは

普段あまり意識していない人が多いと思いますが、クルマにはたくさんの個人情報が搭載されています。そうした個人情報が他人の手に渡ることがあるのです。そこで、クルマに関連する個人情報の取り扱いについて、現状をレポートします。

あなたの個人情報が知らぬ間に他人にわたっているかも?

 2005年4月に「個人情報の保護に関する法律」、いわゆる「個人情報保護法」が施行されました。個人情報とはま個人の特定につながる情報を指し、個人情報保護法の施行以降、個人情報を取り扱う企業や団体などはガイドラインに即して厳格に個人情報の保護に努めています。

希少なクルマは個人が特定される可能性が高いので、とくに注意が必要?
希少なクルマは個人が特定される可能性が高いので、とくに注意が必要?

 しかし、クルマに関係する個人情報が、ユーザーが知らない間に他人の手にわたっているケースがあるというのです。

 そこで、普段あまり意識していない人が多い、クルマに関する個人情報の取り扱いについてレポートします。

※ ※ ※

 普段、私たちが運転しているクルマのなかには、個人情報が記載されている書類が数多く存在します。

 例を挙げると、車検証、自賠責保険の証書、整備記録簿、任意保険の証書、整備や修理などの領収書といったところが一般的です。

 ほかにも納税証明書に付いた自動車税の領収書や車庫証明の控えなども、車検証と一緒に保管していることが多いと思います。

 そうした書類の存在は車検の時や事故が起こらない限り、普段はあまり気にすることはないのですが、もしクルマを下取りに出して買い換える際や、クルマを処分する際に、そうした個人情報が記載されている書類はどう取り扱われているのでしょうか。

 最近、中古車専門店で中古車を買ったあるユーザーに話を聞くと「整備記録簿に前のユーザーの名前や住所が載ったままでした」と、驚きの証言が得られました。

 つまり、個人情報が第三者の手にわたってしまったということにほかなりません。

 そこで、多店舗を展開している某中古車店に、個人情報の取り扱いについて話をうかがってみました。

――下取りや買い取りをしたクルマに残っている個人情報について、どういう取り扱いをしていますか。

「個人情報についての扱いは、厳格に管理しています。例えば整備記録簿については、クルマの整備履歴がわかる重要な情報のため、評価の対象となりますので残しておきますが、前ユーザーの名前や住所が記載されている部分を切り取って処分しているので、個人情報が次のお客様へわたることはありません。

 また、自賠責保険が残っている場合、次のお客様が決まったら納車前に必ず名義変更をおこないます。

 それ以外の必要の無い書類などが見つかった場合は、前ユーザーにお返しするか、依頼があれば破棄することで、残っていることはありません」

――そうした取り組みは、中古車業界的に決まっているのですか。

「業界団体では個人情報の扱いについて指標があるようですが、弊社はコンプライアンスの観点から独自の基準で取り組んでいます。

 そのため、他の中古車店がどういう取り組みをしているかは、わかりません。

 店舗の大小に関係なく、それぞれの店舗によって個人情報の扱いはバラバラだと思います」

――書類以外にも個人情報の漏洩につながるものはありますか。

「意外と見落とされているのが、カーナビのデータです。カーナビには自宅の位置や目的地の履歴、機種によっては走行の軌跡が残っています。

 弊社では下取りや買い取りをしたクルマのカーナビから、これらのデータはすべて消去します。それと、個人情報ではありませんが、ハードディスクなどに音楽データが残っていることもあり、前のお客様の好みがわかってしまうので(笑)、やはり消去しています」

 どうやら、店舗によってはきちんと個人情報が他人にわたらないように対策しているのですが、前出のユーザーのように、対応していない店舗もあるのが現状のようです。

 もし、クルマの売却や処分する際には、次のユーザーに必要のない領収書などの書類は事前に取り出し、整備記録簿などの扱いは売却する店舗に確認するか、自身で切り取るなどの対応をした方が良いでしょう。

 また、カーナビのデータも、事前に消去することをおすすめします。

 そしてもうひとつ、個人を特定できそうなナンバープレートについて調べてみました。

【画像】ご当地ナンバープレートで人気1位に輝いたのは!? 図柄入りご当地ナンバー第二弾を見る (19枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 個人情報なんて漏れないほうが不思議、てか漏れる仕組みだよねw
    自動車なんてメーカーから買い手に直接譲渡して行政手続き車庫証など自分でやれば他人に委任する委任状だけでも省けるし?
    情報漏れ以前に1台の車の売買に関して手数料大儀に紛らわしい販売店利益の為のバウンド手続きを省略するのが先だろね。
    そうすりゃ情報漏れのリスクは減り、例えば300万の車も即金なら200万で乗り出せるかも?