3月2日「ミニの日」にミニ・クロスオーバーの限定車が登場! 日本全国200台

ビー・エム・ダブリューは2021年3月2日、特別なブルーのボディカラー「ディープ・ラグナ・ブルー・メタリック」をまとった限定車「MINI Crossover Boardwalk Edition(ミニ・クロスオーバー ボードウォーク エディション」の販売を開始する。日本全国限定200台で、納車は同年3月末以降を予定している。

ブルーの特別色をまとったミニ・クロスオーバーの限定車

 ビー・エム・ダブリューは2021年3月2日、特別なブルーのボディカラーをまとった限定車「MINI Crossover Boardwalk Edition(ミニ・クロスオーバー ボードウォーク エディション)」の販売を開始する。日本全国限定200台で、納車は同年3月末以降を予定している。

ミニ・クロスオーバーの限定車「ボードウォーク エディション」
ミニ・クロスオーバーの限定車「ボードウォーク エディション」

 ミニ・クロスオーバーは、英国のプレミアムブランド「MINI(ミニ)」の4番目のモデルとして2011年に登場。それまでのミニのラインナップとは一線を隠すプレミアム・コンパクトSAV(SUV)として誕生した。

 その後2017年には2代目へと進化。さらに2020年秋にはエクステリアを中心にマイナーチェンジを果たしている。

 今回登場したミニ・クロスオーバー ボードウォーク エディションは、ミニ・クロスオーバーが掲げるコンセプト「この日常に、ひらめきを」を体現するモデルとして開発、クリーンディーゼルエンジン搭載の「ミニ クーパーDクロスオーバー」をベースにした限定車だ。

 SUP(スタンドアップパドル)をコミュニケーションアクティビティとして設定し、「日常から開放されオープンエアの環境で自然と対峙するとともに、水面上から眺める世界という新視点を通じた体験から、日常へのひらめきを持ち帰っていく」というストーリーをコンセプトとしている。

 エクステリアにはミニ・クロスオーバー初導入となる特別なブルーの限定色「ディープ・ラグナ・ブルー・メタリック」をボディカラーに採用。さらに18インチブラックホイールやブラックルーフレール、ピアノブラックエクステリアなどで力強いデザインになっている。

 インテリアはボードウォーク専用ステッカー付きインテリアサーフェス・ピアノブラックや専用シートクロス/レザレット・ブラックパールなど限定車らしい装いとなる。

 安全装備も充実。ストップ&ゴー機能付アクティブ・クルーズ・コントロールや前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ、アダプティブLEDヘッドライトなどを装備している。

 またナビゲーションシステムは、タッチパネル機能とともにMINIコントローラーにより手元でも操作可能。またMINIヘッドアップディスプレイやリアビューカメラ、パークディスタンスコントロール(フロント&リア)、縦列駐車をサポートするパーキングアシストなどを特別装備している。

 車両価格は495万円(消費税込)。右ハンドル・8速AT仕様のみとなっている。

 モデル名は、水辺周辺に設置される板張りを意味する「Boardwalk」に由来し、専用パーツはボードウォークの板目をモチーフとしてデザイン開発された。

●MINI Crossover Boardwalk Edition おもな装備品

・限定ボディカラー:ディープ・ラグナ・ブルー・メタリック
・限定クロスレザレットシート・ブラックパール(スポーツシート)
・専用サイドスカットル
・専用エクステリアステッカー
・専用ドアシルプレート
・専用インテリアステッカー付インテリアサーフェス・ピアノ・ブラック
・ブラックルーフ&ミラーキャップ
・ピアノブラック・エクステリア
・ブラックルーフレール&サイドシルフィニッシャー
・18インチ・ピンスポークブラック
・マルチディスプレイメーターパネル
・シートヒーター(フロント/左右)
・リアビューカメラ
・PDC(パーク・ディスタンス・コントロール)フロント&リア
・パーキングアシスト
・MINIドライビングモード
・MINIヘッドアップディスプレイ
・MINIドライバーサポートデスク〈有効期間:3年間〉
・スマートフォンインテグレーション
・ワイヤレスパッケージ

【画像】3月2日はミニの日! ミニ・クロスオーバー限定車を画像で見る(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント