「カウンタック」が1億円!! オバフェンなしが高価な理由とは?

スーパーカーブーム時代、間違いなく主役だったランボルギーニ「カウンタック」だが、当時はオーバーフェンダーに巨大なリアウイングを装着した「LP500 S」の方が、スリークな「LP400」よりも人気があった。では、現在のオークション・マーケットではどちらが人気が高いのだろうか。

「カウンタック」のオークション戦線異状あり

 全世界が新型コロナウイルス禍に苦しめられた昨2020年は、当初クラシック/コレクターズカーのマーケットも相当な冷え込みが予測されていた。ところが、こと真正クラシックなランボルギーニについては大きな影響はなかったようで、欧米各国にてオンラインや感染対策おりこみ済の対面型でおこなわれたオークションにおいても、かなりの高額で取引されていたことは、これまでVAGUEでもお伝えしたとおりである。

人気の高いランボルギーニ「カウンタック」だが、オークション・マーケットで高額なのは初期の「カウンタックLP400」である(C)2021 Courtesy of RM Sotheby's
人気の高いランボルギーニ「カウンタック」だが、オークション・マーケットで高額なのは初期の「カウンタックLP400」である(C)2021 Courtesy of RM Sotheby's

 そして依然としてコロナ禍の収まらない今年は、パリでおこなわれるクラシックカー・トレードショーの世界最高峰「レトロモビル」も、本来の2月から6月第一週に延期されることが既に決まっているものの、付随するオークションはイベント公式の仏「ARTCURIAL(アールキュリアル)」社を筆頭に、2月にもオンライン中心で複数がおこなわれるようだ。

 そんな状況のもと、クラシック/コレクターズカー・オークション業界最大手のRMサザビーズは、2月13日に開催した「PARIS」オークションに、生粋のクラシック・ランボを一挙6台も出品したことで、世界的な話題を呼んだ。

 その出品車両のなかから今回は、魅力的な2台の「クンタッチ(カウンタック)」を俎上に載せ、オークションのレビュー(事後レポート)を届けよう。

●1984 ランボルギーニ「カウンタックLP500 S」

1980年代も現役スーパーカーだったランボルギーニ「カウンタックLP500 S」(C)2021 Courtesy of RM Sotheby's
1980年代も現役スーパーカーだったランボルギーニ「カウンタックLP500 S」(C)2021 Courtesy of RM Sotheby's

 まず紹介するのは、1984年型の「LP500S」である。

 1978年、カウンタックの1stモデルである「LP400」に代わって、深いフロントスポイラーと大型のオーバーフェンダーでボディを装うとともに、15インチのホイールに当時流行の兆しを見せていた超扁平タイヤ「ピレリP7」を組み合わせた「LP400S」が登場。そして1982年には、先立ってスケールアップしていたライバルのフェラーリ「512BB」を意識してか、エンジンを4754ccまで拡大した「LP500S」へと進化を遂げることになる。

 排気量はLP400S時代からアップしたものの、スペック上のパワーは375psで据えおき。しかしトルクが増強されたことによって、0-60mph(約97km/h)発進加速タイムは5.6秒、最高速度も164mph(約264km/h)を確実にマーク。宿敵フェラーリ512BBと互角のパフォーマンスを得るに至った。

 今回のオークション出品車両は、もともと「ビアンコ(白)」のボディカラーで製作された個体だ。モナコ在住の初代オーナーのもとにデリバリーされた後、アメリカに渡ることになったという。

 現在も車両に添付されるドキュメントによると、1996年にカリフォルニア州で登録された後、2004年まで順当にマイレージを伸ばしていたことが判明しているようだ。その後、先代オーナーが2013年に入手した際に、エンジンを降ろしてフルオーバーホールをおこなっている。クラッチも新品に取り換えられたほか、3万ドル以上を費やしてメカニカルパートのあらゆる部分に手を入れたという。

 これら一連の作業は、カリフォルニア州レドンドビーチの有名なスペシャリスト「ファストカー」によっておこなわれ、ヒストリーファイルには詳細にわたるメンテナンス履歴が記されているとのことである。そして2015年に現在の所有者が購入し、ヨーロッパに戻ることになった。

 2016年初頭にヨーロッパ大陸に持ち込まれて以来、メカニズム系はヨーロッパでもっとも有名なランボルギーニ・スペシャリストのひとつである、イタリア・モデナ近郊ノナントラの「Top Motor(トップモーター)」、ボディワークとリペイントは、リミニ近郊のボディ工房「Biondy e Parini(ビオンディ・エ・パリーニ)」社がそれぞれ担当し、最上級のレストアが施されている。

 30万ユーロから35万ユーロ、日本円にして約3820万円から約4460万円というエスティメート(推定落札価格)は、この時期のカウンタックとしては、また昨年までのマーケット相場を参考としても、極めて順当なものと思われた。

 ところが13日の競売では、残念ながらビッド(入札)は振わず。最低落札価格に到達できなかったようで、30万ユーロの表示価格とともに「Still For Sale」となった。つまり、現状でもRMサザビーズ欧州本社の営業部門にコンタクトをとれば、入手可能ということである。

【画像】オバフェンありなしの「カウンタック」を見比べる!(41枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント