2020年度のヨーロッパ2輪車市場で14.2%のシェアを獲得するピアッジオグループ

ベスパやアプリリア、モトグッツィなどのバイクブランドを展開するピアッジオグループは、2020年度のヨーロッパ2輪車市場において、全体の14.2%のシェアを獲得しました。

ヨーロッパ2輪車市場ではメジャーなピアッジオグループ

 ベスパやアプリリア、モトグッツィなどのバイクブランドを展開するピアッジオグループは、2020年度のヨーロッパ2輪車市場において、全体の14.2%のシェアを獲得しました。

【画像】ピアッジオグループの新型バイクを見る(8枚)

ベスパ「Primavera(プリマベーラ)」(欧州仕様車)

 2020年度のヨーロッパ主要市場(イタリア、フランス、スペイン、ドイツ、イギリス、ベルギー、オランダ、ギリシャ、クロアチア、ポルトガル、スイス、オーストリア、フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、チェコ、ハンガリー、スロベニア)で登録された2輪車(モーターサイクル及びスクーター)は145万5000台であり、その内20万7000台をピアッジオグループが生産しました。2019年度比では6%増となっています。

 主な要因には、ベスパブランドのスクーター、モト・グッツィのアドベンチャーモデル「V85 TT」シリーズ、モーターサイクルセグメントにおけるアプリリアブランドの成長、スクーターセグメントでのピアッジオブランドの成功が挙げられています。

 ピアッジオグループは2020年12月以降、ピアッジオの新型スクーター「BEVERLY(ビバリー)」(日本未導入)をはじめ、モト・グッツィ新型「V7」およびアプリリア新型「Tuono 660(トゥオーノ660)」を発表しており、2021年発売予定の新型11モデル(スクーター5台、モーターサイクル6台)を初披露しました。さらに6月には、ピアッジオの新型電動スクーターの発表を予定しています。

※ ※ ※

 個性的なブランドを展開するピアッジオグループは、スクーターからスーパースポーツ、クラシック、アドベンチャーなど幅広いジャンルをカバーしており、今後どのモデルが日本へ導入されるのか、期待が高まります。

提供:バイクのニュース


ドラマで松田優作が乗ったベスパに近い「プリマベーラS150」 走りや装備は現代的!


モトグッツィ新型「V85 TT」シリーズ公開 ファンの要望に基づくアップデートを施したグッツィ唯一のアドベンチャーモデル


アプリリア「トゥオーノV4」新型モデル公開 MotoGP譲りの技術を投影し進化したハイパーネイキッド


車重166kgで221馬力 アプリリアレーシングから特別なハイパーネイキッド「トゥオーノV4 X(テン)」が限定発売


ドゥカティ「パニガーレV4」が「スーパーレッジェーラ」に進化! 車重わずか152.2kgの化け物が登場

【画像】ピアッジオグループの新型バイクを見る(8枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー