「屋根が飛んだ」大丈夫? テスラが初の通期黒字達成も絶えない品質問題とは

アメリカの電気自動車メーカーのテスラは、2020年の通期決算で初の黒字化を達成しました。売上高・販売台数はともに増加していますが、問題も多数発生しているといいます。いったいどんな問題があるのでしょうか。

大丈夫? テスラ車の品質問題

 ここにきてテスラのニュースが多い。

 まず「凄いね!」から。2003年に創業したテスラはいままでずっと赤字決算を続けており、一時破綻寸前の財務状況になったほど。しかし2020年決算で(日本と違い2020年1月から12月)ついに黒字決算となっている。

 いままで売上高<投資額。儲からなくても投資を続けてきたのだった。

テスラ「モデル3」
テスラ「モデル3」

 2020年は前年より売上高を30%も伸ばしている。販売台数を見ると前年より36%増え、49万9550台に達したから驚く。

 なかでも好調なのがベーシックモデルの「モデル3」。世界各国で電気自動車のベストセラーになるなど44万台を販売した。モデル3は中国工場でのフル生産も始まったため、今後はさらに伸びていくと思う。

 ふたつめの「凄いね!」が電池のバリエーション。

 中国工場で生産されるモデル3に搭載されるのはリン酸鉄リチウムイオン電池(以下、鉄電池と表記)と呼ばれる、安価でいながら耐久性と安全性が高いタイプ。

 体積あたりのエネルギー密度は一般的なリチウムイオン電池より低いのだけれど、燃えないため密集して搭載可能。鉄電池を搭載したモデル3を欧州市場にも投入するという。

 さらに『4680』という高性能リチウムイオン電池を独自開発しており、次世代のテスラに搭載していく。いまや電気自動車用電池の技術レベルは、コストパフォーマンスという点で世界トップといってよい。

 このまま快進撃が続くか、と思っていたら、悪い意味での「凄いね!」も連発中。なかでも「ホントかね!」と自動車業界を驚かせたのがタッチスクリーンの不具合によるリコールです。

 テスラは機械式のスイッチを極力使わないコンセプト。したがってリアデフロストを含む空調などをすべてタッチスクリーンでおこなう。この手の部品、普通ならクルマの寿命と同じだけの耐久性を持たせるのが自動車業界の常識。

 しかしテスラはPC業界の常識を持ち込んでしまった。突如真っ暗になり操作できなくなる事案が多発。当初テスラは「壊れたら交換しろ」と突っぱねていたものの、機能の中に前述の通りデフロストなど安全に関係するデバイスも多く含まれている。

 もはや見過ごせない、ということからNHTSA(アメリカの国交省に相応)がリコール勧告をした。ゴネまくっていたテスラながら、ついに認め13万5000台のリコールを発表することになった。

 日本で販売されたテスラ車も対象になるが、いまのところ具体的な対応策はオーナーにも届いていない模様。ディーラーが無いためすべて個別対応になるようだけれど、サービス拠点は極めて少なくキャパシティも小さい。大規模のリコールが出たら大変だ。

 また、生産台数の増加と共に品質問題も出てきた。「走行中にルーフが取れて飛んでいった」とか「新車なのにボディに傷が多数」。はたまた「ボディパネルの隙間管理をまったくしていない」等々。

 アメリカのYouTubeを見ると「これは酷いですね!」がたくさん出てくる。前述の通りサービス拠点も少ないため、満足に対応出来るのか不明。

 考えてみたらテスラは基本的にアメリカ車。どんなに新しい技術が使われていても、最終的にクルマの評価は品質で決まってくる。

 アメリカの自動車メーカーはアメリカ国内で売れるクルマしか作れない。既存の自動車メーカーがドンドン電気自動車を作るようになってきたら、テスラは品質が悪くサービス体制もダメなアメ車になってしまうかもしれません。

テスラ・モデル3のカタログ情報を見る

【画像】大型タッチ画面採用で「PC感覚」? 個性バツグンなテスラ車を画像で見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

Writer: 国沢光宏

Yahooで検索すると最初に出てくる自動車評論家。新車レポートから上手な維持管理の方法まで、自動車関連を全てカバー。ベストカー、カートップ、エンジンなど自動車雑誌への寄稿や、ネットメディアを中心に活動をしている。2010年タイ国ラリー選手権シリーズチャンピオン。

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. 「テスラは品質が悪くサービス体制もダメなアメ車になってしまうかもしれません。」
    国沢光宏さんは口が悪く差別発言も多い森喜朗的なだめオヤジになってしまうかもしれません。

    • その通り!

    • まぁこのライターはトヨタ車しか褒めないのは比較的有名な話。
      それも明らかに疑問をかじることでも平気で褒めまくるからなぁ。
      テスラに限らず他社の車は基本的に貶すか褒め殺し。

  2. 自動車マスコミは、CMを打たないテスラは
    ネガ記事しか無いですねー
    クライアントのメーカーに媚びてると
    一般新聞社とたどる道は同じですけど!

  3. テスラマニアは絶対現実を認めない ❗

    故に品質向上は望めない

    海外ならクレームの声湧くが日本では泣き寝入り
    山師イーオンにとっては最高のカモ

  4. 他社さんの悪口は言いたくはないですが、合板は薄いし、塗装も悪いように見えた。
    見に行ってきましたが、驚きました。
    要は
    EV会社のEV車なのか自動車会社のEV車なのかの差ですね。

    室内の静寂性もEQCやアウディとは比較になりません。
    素人が見てもわかります。

    買う人が何を求めるかですね!

    修理工場が少ないのは致命傷になりかねないですね。
    予約して1ヶ月後なんて耐えられませんよね。

  5. 戦後日本も粗悪品のメーカーでした。韓国も20年前は品質のことを叩かれた。中国も10年位前も叩かれた。そうゆうこと、意味判る?
    他社を叩いて悦に浸るってる前に、自分の足元をよく見たほうがいいのでは?意味が解らないなら、御用評論家は廃業しましょうね。