「やはり楽しい!」スバル新型「レヴォーグ」雪道での実力を検証 吹雪でもサバイブできる強さとは

自動車評論家の国沢光宏氏が、冬の越後湯沢でスバル新型「レヴォーグ」に試乗。さまざまな雪道で、新型レヴォーグの4WD性能を検証しました。

冬の越後湯沢でスバル新型「レヴォーグ」の実力を検証

 新型コロナ禍のため、昨シーズンから新型車の雪道試乗会がおこなわれていない。そんなことからスバルは「新型『レヴォーグ』で雪道を走ってみてください。雪道の走行安定性も確認してほしいと思います」。スタッドレスタイヤを履かせた広報車を準備したという。

スバル新型「レヴォーグ」
スバル新型「レヴォーグ」

 時節柄、北海道まではいけないため、年明け早々雪が降るタイミングで新潟県の越後湯沢へいきました。

 大雪予報の前日に移動。タイヤを確認するとヨコハマの「アイスガードiG6」だった。

 広報車のタイヤといえばブリヂストンが主流ながら、私(国沢光宏)も騒音レベルやドライ路面での操縦安定性、燃費、雪道性能など総合評価でiG6を高く評価している。

 実際、越後湯沢までドライ路面の関越道は快適至極。クルコンとレーンキープを使えば186kmもあっという間。

 都市部に住んでいると最近人気のオールシーズンタイヤも考えるけれど、常時4つのタイヤを駆動しているクルマであり、なおかつサスペンションが滑らか&しっかり動くクルマなら都市部で本格的なスタッドレスタイヤを履かしておいてもまったくストレス無し。

 ややもするとスタッドレスタイヤだということを忘れてしまうほど。

 1日目は越後湯沢近辺のアイスバーンを試す。まごう事なきスバルの味ですね!

 私の場合「レガシィ」は初代からオーナーとして雪道を走ってきた。正確に書けばスキー修行していたからですけど。頻度が高かった1995年から2010年くらいまでは年間40日間ゲレンデにいたほど。毎週金曜日に越後湯沢へいき、日曜日の午後に帰ってくる日々。

 スバルの4WDの特長を挙げるなら、安定と楽しさの両立だと思う。

 安定性ばかり追求すると基本的に安全を担保するためアンダーステア傾向になってしまう。初代から4代目まで横滑り防止装置なども付いていない。したがって曲がるクルマ作りをするとスピン傾向になる。

 アンダーステアなら誰でも対処できるが、スピンはコントロールしにくい。

 当時の4WD車に雪道で乗ると押し並べてアンダーステア。曲がらないのだった。ノロノロ走るしかない。けれどスバルは上手なドライバーならググッと曲がってくれた。滑りやすい雪道でも「アクセル踏もう!」という気合い入れれば曲がっていくワケ。

 だからこそ当時レガシィはスポーツ心あるスキー好き達から絶賛されたということです。

 私も雪道に出会ったら「ひゃっほ~!」と叫んで飛び込んでいったほど。「関越トンネル抜けたら新潟側が雪道になっていた」なんてときの楽しさったら辛抱溜まらなかったですね。アイスバーンを走りながらそんなことを思い出す。

 新型レヴォーグは、横滑り防止装置が付いているためスピンモードにならないが、しっかり曲がってくれます。

【画像】越後湯沢の本気! 最後は雪で真っ白! でもへっちゃら!? 疾走するスバル新型「レヴォーグ」を画像で見る(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 深雪でも、柔らかいところばかりではないので、スピードはほどほどにして走ってください。
    雪国に住んでいる人であれば、そのようなところは慎重に走ります。

  2. ものは言いようで
    レヴォーグの最大の弱点はエンジン効率は向上してるとは言うものの
    それでも相変わらず燃費が悪い事
    だから最後までサバイバル出来ず
    MazdaスカイアクティブDのAWD車より先にガス欠して力尽きるよね(笑)

    • レボーグ納車待ち、年間20日のスキーヤーです。
      せっかくテストするなら、雪の柔らかい越後湯沢でなく、内陸カチカチ路面ですれば良いのに。
      また、ただ"良い"ではなく、他の車と比較してほしいですね。良いのは分かってるので。

    • 誤解のない様に言っておくと
      前述のコメントはレヴォーグに対してと言うより
      広報資料に毛が生えた程度の試乗コメントしか書いても無い上で
      サバイバルに強いなどと大見得をきる国沢氏の記事への皮肉です。
      まあ、
      レヴォーグの出来は良いと思うんですが、
      燃費が他社よりイマイチなのは弱点だと思う
      これはエンジンと言うよりCVTの方が問題要因だろうな
      ジャスティ以来CVTを先駆けたメーカーとして自社開発へのこだわりなのだろうけど
      CVTはその構造上、プーリーを押し付けて回す為に摩擦や油圧による駆動損失が大きくなるから
      高トルクで高回転まで回るエンジンには不向き
      つまりボクサーエンジンとは相性が悪い為上手く燃費を稼げないのだと考えられます。
      折角トヨタと提携してるんだからアイシンAWと多段速ATを共同開発してくれよ、
      じゃなきゃMTも出してくれっその方がマシだと思っちゃう所が残念なんです。

  3. bn9、最後のB4乗りです。
    サイズ?→1840mm北海道では全く問題ないです。
    燃費?→よくないけど動力性能を日々堪能させてもらってます。踏めば後続車は点になります。雪道でも。
    これほど冬の北海道にあったセダンはありません。
    ボンネットに穴の空いた車に乗りたくないセダン乗り。
    次はM340ixDRIVE。