SUV気分が楽しめればヨシ! 世界的に人気のクロスオーバー車5選

近年、世界的に人気が高まっているSUVですが、コンパクトなモデルから3000万円クラスの超高級モデルまで、あらゆるセグメントでSUVが出揃っています。なかでも注目されているのがクロスオーバーと呼ばれるジャンルで、ワイルドなSUVのイメージが普通の乗用車でも味わえると大人気です。そこで、国内外のクロスオーバーモデルを5車種ピックアップして紹介します。

見た目重視ならクロスオーバーという選択はアリ!

 ここ数年で、世界的に人気となっているクルマといえば、SUVです。各メーカーとも、もっとも力を入れているジャンルで、次々と新型モデルが登場し、コンパクトなサイズのモデルから巨大かつ高額なモデルまで多種多様なモデルが販売されています。

さりげなくSUVなところが好印象のクロスオーバーモデルたち
さりげなくSUVなところが好印象のクロスオーバーモデルたち

 ひとことにSUVといっても大きくふたつに分かれ、ひとつは本格的なクロスカントリー車をイメージさせるモデルと、もうひとつはステーションワゴンやコンパクトカーなどをベースに、SUVに仕立てた「クロスオーバー」と呼ばれるモデルで、とくに後者の人気が高まっています。

 クロスオーバーモデルはドレスアップに近く、SUVのワイルドなイメージがありつつも、一般的な乗用車からの乗り換えでも違和感なくドライブできるということが、ユーザーから絶大な支持を得ました。

 また、メーカーにとってもSUVをゼロから開発するよりも安価に仕立てられることと、オンロードがメインと割り切って、必ずしも4WDを設定する必要が無いなどメリットが大きく、積極的に展開。

 そこで、現在人気となっている国内外のクロスオーバーSUVを、5車種ピックアップして紹介します。

●ホンダ「フィット クロスター」

使い勝手の良さにSUVテイストを加えて人気の「フィット クロスター」
使い勝手の良さにSUVテイストを加えて人気の「フィット クロスター」

 2020年2月に4代目へと進化したホンダ「フィット」。これまでと変わらずコンパクトカーに分類されていますが、進化したハイブリッドシステム「e:HEV」を採用したモデルや、最新の先進安全運転支援システム「Honda SENSING」が標準装備されるなど、次世代コンパクトカーに求められる性能が充実しているのも特徴です。

 4代目フィットではライフスタイルに合わせた5グレードが展開され、なかでもSUVのイメージをまとって登場したのが「フィット クロスター」です。

 外観のデザインは、ベーシックなフィットはグリルレスなのに対し、フィットクロスターにはフロントグリルが設けられ、専用デザインの前後バンパー、サイドシルガーニッシュやホイールアーチプロテクターなどの専用樹脂パーツを装着。

 ボディサイズは全長4090mm×全幅1725mm×全高1545mm(ルーフレール装着車は1570mm)となり、シリーズ初の3ナンバーサイズとなっています。

 また、16インチタイヤが装着され、最低地上高が標準より+25mmの160mmとなったことで、よりSUVらしさを表現しています。

 パワーユニットは1.5リッター直列4気筒エンジンに2個のモーターを組み合わせたハイブリッド仕様=e:HEVと、1.3リッター直列4気筒エンジンを設定。

 駆動方式も生活に密着したコンパクトカーとあって、クロスターのみならず全グレードでFFと4WDが用意されています。

 4代目フィットは、従来型よりAピラーの太さを半分以下することで前方視界が向上し、クラストップレベルの広い室内空間を有するなど、とにかく使い勝手の良さを重視して開発され、歴代フィットのコンセプトをさらにブラッシュアップしたモデルといえます。

●トヨタ「アクア クロスオーバー」

発売10年に迫るも流行をキャッチアップした「アクア クロスオーバー」
発売10年に迫るも流行をキャッチアップした「アクア クロスオーバー」

 1997年に世界初の量産ハイブリッド車、トヨタ「プリウス」が発売されると、一気にハイブリッド車の普及が加速。プリウスと並んでハイブリッド車普及の立役者といえるモデルが、コンパクトハッチバックの「アクア」です。

 アクアのパワーユニットは2代目プリウスのものを基本に開発され、よりコンパクトなサイズのボディと安価な価格で、大ヒットしました。

 その人気はいまも高く、2011年にデビューしてから現在に至るまで、基本的なスタイルは変えずに現在でも売れている超ロングセラーモデルといえます。

 このアクアに2017年、SUVテイストの新グレード「アクア クロスオーバー」が追加されました。

 アクア クロスオーバーは上級グレードの「G」をベースとして、フロントグリルや前後バンパー、スキッドプレート、サイドマッドガード、フェンダーアーチモール、ルーフモールが追加され、タイヤも16インチに変更。

 これらの装備によってボディサイズは全長4060mm×全幅1715mm×全高1500mmとなり、アクアとしては初の3ナンバーボディになっています。

 SUVらしいしっかりした操舵感を演出しながらも、27.2km/L(WLTCモード)の低燃費を実現。システム出力135馬力のパワーに、バッテリーやモーターを搭載しながら1100kgの軽量ボディが相まって、軽快感のある走りも獲得しています。

 メカニズム的にも熟成の進んだアクアだからこそ、安心感もあるクロスオーバーといえます。

●スバル「XV」

コンパクトクロスオーバーの先駆け的存在の「XV」
コンパクトクロスオーバーの先駆け的存在の「XV」

 スバルは1995年に「レガシィ ツーリングワゴン」をベースとして最低地上高を高くし、オフロードテイストを強めた「レガシィ グランドワゴン」を発売。クロスオーバーモデルの先駆け的存在で、後に「レガシィ アウトバック」に名を変え、世界中のメーカーに影響を与えました。

 そして、2010年には3代目「インプレッサ」をベースにしたクロスオーバーモデル「インプレッサ XV」が登場。現在は2017年にデビューした3代目となり、インプレッサから独立したスバル「XV」として販売しています。

 都会的なデザインとスバル車らしい悪路走破性、先進の安全装備を搭載したモデルで、レガシィ アウトバックの弟分的な存在です。

 ボディサイズは全長4485mm×全幅1800mm×全高1550mmで、全高は低く抑えつつもSUVらしい堂々としたサイズとなっており、クロスオーバーモデルでは定番のアンダーガードを模したバンパーや、樹脂製フェンダーアーチ、サイドステップなどに力強さを表現。

 パワーユニットは1.6リッター水平対向4気筒ガソリンエンジンと、2リッター水平対抗4気筒エンジン+モーターの「e-BOXER」を採用し、チェーン式CVT「リニアトロニック」を介した全車AWDです。

 スバルが提唱する左右対象のレイアウトかつ低重心化が可能な「シンメトリカルAWD」に加え、フルハイブリッドシステムのe-BOXER搭載により、スムーズかつ安定したパワフルな走りが可能となりました。

ホンダ・フィットの中古車をさがす

トヨタ・アクアの中古車をさがす

スバル・XVの中古車をさがす

【画像】なんちゃってでもカッコ良ければイイ! 注目のクロスオーバーSUVを見る(24枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー