街中でスーパーカーを無断撮影&SNS投稿は違法? 悪質カースポッターが横行する背景とは

最近では、スマホで誰でも気軽に撮影が出来、SNSでその写真や情報を世界中に拡散出来る時代になりました。とくに、スーパーカーなど高級車や激レア車を勝手に撮影してSNS上にアップする「カースポッター」という人達が話題となっています。いったい、どのような迷惑行為がおこなわれているのでしょうか。

街中の激レア車を勝手に撮影&SNSアップ!? 迷惑行為が増えている。

 街中で通りすがりのクルマを無断で撮影する人を「カースポッター(CAR SPOTTER)」といい、欧米では50年以上の歴史を持つ言葉です。

 鉄道ファンでいうところの「撮り鉄」のクルマ版とはえ、ほとんどはクルマ好きの若者が個人のコレクションとしてレアなクルマの写真を撮る行為ですが、なかには法的にアウトな撮影もおこなわれているようです。

ド派手な金色のロールスロイス「レイス」。イベント時以外で無断で撮影すると違法行為になる可能性も。(撮影:加藤博人)
ド派手な金色のロールスロイス「レイス」。イベント時以外で無断で撮影すると違法行為になる可能性も。(撮影:加藤博人)

 CAR SPOTTERを直訳すると「クルマを見つける人」という意味になります。

 spot(スポット)は「場所」や「地点」という意味のほかに、「見つける・探す」という意味もあり、欧米では1970年代から「カースポッターズガイド」と名付けられた本が多数、発行されてきました。

 簡単にいえばクルマ好きのための車種解説のガイドブックですが、子ども向けに「レアなクルマ探し」をゲーム感覚で楽しめる構成になっている本もあります。

 2000年以降、インターネットやデジカメ、スマホのカメラなどが普及してからは、街中で見つけた珍しいクルマの写真を撮る人のことをカースポッターと呼ぶようになりました。

 近年はスーパーカーやレアなクルマの写真を撮ってSNSで公開するほか、「Exotic Spotter」や「Auto gespot」など、カースポッター専門サイトに投稿するケースが増えています。

 カースポッターは世界各地で増加傾向にありますが、とくに、ロンドン、パリ、ミラノ、ドバイ、ジュネーブ、モナコ、東京、ニューヨーク、ビバリーヒルズ、香港などスーパーカーが多く集まる裕福な国や都市に存在しているようです。

 日本ではSNSが普及してきた2010年以降、カースポッターが急増しており、悪質カースポッターの割合もじわじわと上がってきています。

 一般的に、公道を走るクルマの写真を撮ってSNSなどにあげる場合、ほとんどのカースポッターは以下のマナーを守っているようです。

 ・場所が特定されないようにする
 ・ナンバープレートを隠す
 ・ドライバーや同乗者の存在が分からないように配慮する

 しかし、このような配慮がないのはもちろん、高級車が多く駐車している高級マンションの地下駐車場など私有地に入りこんで撮影し、動画を公開するなど悪質なカースポッターも少なからず存在しています。

 複数のスーパーカーを所有するX氏はスーパーカー仲間と箱根へツーリングに行った際、とんでもない経験をしました。

「悪質カースポッター対策も兼ねて、集合場所、ツーリングルートなども完全非公開にして出かけました。

 目的地近くの高速ICで降りようとしたところ、なんとIC(出口)周辺に7、8名のカースポッターがカメラを構えていたのです。

 しかも歩行者の立ち入りが禁止されている場所です。びっくりしました」

 非公開にしていたのにタイミングよく多くのカースポッターが集まっていたことに驚いたXさんですが、後日、もっと驚く経験をしました。

「IC出口で撮影していた1人からSNSのメッセージを通じて連絡があったのです。

『あなたのクルマを撮影しました。写真を買ってくれませんか?』という内容でした。もちろん買いませんでした」(前述のX氏)

 X氏はその際、なぜ場所が分かったのかを聞いたところ、「途中のPAで休憩をしていたときに別のカースポッターから連絡が回って来たので、先回りしてICの出口で待ち構えていた」と答えたそうです。

【画像】コレは凄い!総額50億円の世界有数のスーパーカーを見る(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 多種多様の車王国ってwwww陸運局の許可が下りたメーカー吊しのノーマル車が殆どだろ。カタログ見てればいいくらい普通の車ばかり。だから、珍しい車は目を引くだけ。逆にカスタムカーが増えたらスーパーカー?そんなもん珍しくない、ってなる。