トヨタ新型「GRヤリス」は本格4WDスポーツも意外な美点が!? 公道試乗で判明した実力とは

内燃機関のみのスポーツカーという貴重な存在

 乗り心地がしっとりすれば質感だってググッと上がる。駆動系の遊びは無く、ブレーキタッチはガッチリしていて気持ち良い。素晴らしいことに優れた性能を持つ自動ブレーキだって付く。

 加えてブレーキホールド機能付きのため、坂道発進で面倒なサイドブレーキ操作不要。万が一エンストしても、アイドリングストップ付きだから自動で始動してくれます。

トヨタ新型「GRヤリス」
トヨタ新型「GRヤリス」

 バリバリの高性能モデルながら街乗りしていてストレス無し。ランエボとWRXもストレス無く乗れるクルマだったけれど、GRヤリスには「軽快感」がある。

 このクルマに近いモデルを挙げるならポルシェ「911」でしょう。いや、10タイプくらいの路面コンディションで勝負したら911に勝てると思う。コストパフォーマンス、高いです。

 このまま乗るのも良いが、私なら前述の通りダンパーを変更し(前のめりになった車高は、もう少しリアを落としたい)、バーチャル発表会に出ていたGRヤリスのような大型リアウイングを付ける。

 というか、なんでリアウイングのオプションを用意しなかったのか不思議でならない。モリゾウさんが乗っていたGRヤリス、カッコ良いです。

 そうそう。1.5リッター直列3気筒+CVTを組み合わせたFFの「RS」グレードにも試乗してみた。AT限定免許で乗れるため、GRヤリスの雰囲気を楽しむならいいと思う。

 WRC好きならラリーカーのような大きいリアウイングを付け、奥さん用のクルマとして導入するも良い? ボディや車体骨格など共通なので、どんな走りをしたってボディは余裕しか感じない。

 世界規模で燃費規制が厳しくなっているご時世、もうGRヤリスのようなガソリンエンジンだけで走るスポーツモデルは出てこないだろう。エンジンで走るクルマ好きにとって、最後のプレゼントのような存在です。

 気になる人はぜひディーラーで試乗してみたらいいと思う。

トヨタGR・ヤリス のカタログ情報を見る

【画像】峠道が似合う!? 本格スポーツ4WD! トヨタ「GRヤリス」を画像で見る(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

Writer: 国沢光宏

Yahooで検索すると最初に出てくる自動車評論家。新車レポートから上手な維持管理の方法まで、自動車関連を全てカバー。ベストカー、カートップ、エンジンなど自動車雑誌への寄稿や、ネットメディアを中心に活動をしている。2010年タイ国ラリー選手権シリーズチャンピオン。

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. オーリンズで何年も乗ってますから、自分はオーリンズで粘度を変えながら試したいです。

  2. ボロい。