相場は800万円超え!? マツダ「コスモスポーツ」 当時は1500万円級のスーパーカーだった?

マツダの「コスモスポーツ」は、世界初のロータリーエンジンを搭載した量販車としていまなお根強い人気を誇ります。そんななか、イギリスの中古車販売店では、800万円を超えるプライスカードが付けられていました。

世界初のロータリーエンジン搭載を統合した名車とは

 世界初のロータリーエンジンを搭載した量販車として名高いマツダ「コスモスポーツ」。
 
 イギリスの中古車販売店では、800万円を超えるプライスカードが付けられていました。

世界初のロータリーエンジン搭載車となるマツダ「コスモスポーツ」
世界初のロータリーエンジン搭載車となるマツダ「コスモスポーツ」

 マツダ「コスモスポーツ」は、1967年に発売が開始された2シータークーペです。

 コスモスポーツ最大の特徴は、ロータリーエンジンを搭載した世界で初めての量産車という点です。

 ロータリーエンジンという概念自体はかなり古くから存在し、欧州メーカーなどが研究開発を続けてきましたが、量産車として発売をしたのはマツダが初めてでした。

 心臓部となるA10型エンジンは、1リッターに満たない小排気量(491cc×2ローター)ながら、当時としては強力な110馬力を発揮。その後、後期型では128馬力まで最高出力が引き上げられます。

 また、7000rpmという高回転型のエンジンであったことも特徴で当時のエンジンは技術的な問題などから比較的低回転型が多かったなかで、高回転まで吹け上がるロータリーエンジンは、まさにスポーツカーとして理想的なエンジンでした。

 ロータリーエンジンという先進性に加えて、クーペフォルムもまた、コスモスポーツを未来的な印象に仕立てています。

 2020年現在、環境性能やコスト面に課題があることを理由に、マツダのラインナップからロータリーエンジン搭載モデルは消え去っています。

 しかし、いまだにロータリーエンジン復活を望むファンが多いのは、コスモスポーツやその後に登場する「RX-7」などのマツダスポーツカーが与えた衝撃の大きさに由来していることは間違いないでしょう。

 コスモスポーツの新車価格は148万円でした。現代的な感覚からするとお買い得に感じますが、発売当時の平均年収が約53万円ということを考えると、現在の価格では1500万円オーバーの高級車といえます。

 こうした高額な価格ということもあり、コスモスポーツはおよそ1000台の販売に終わっています。しかし、トヨタ「2000GT」に勝るとも劣らない1960年代から1970年代を代表する国産スポーツカーの名車として、いまなお多くのファンに愛されています。

【画像】当時は1500万円級!? マツダの名車「コスモスポーツ」を見る!(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 世代的にこの車で帰ってきたウルトラマンを思いだすがな、円谷は金持ちだったんだな
    帰ってきたウルトラマンが何処から帰ってきたか?は知らないが