なぜAppleは「車の鍵」を開発? iPhoneを鍵化する「CarKey」の狙いとは

Appleが提供するキーレスシステム「CarKey」は、従来のような物理キーを持たずに、ドアロックを解除したり、エンジンを始動したりできる画期的なシステムです。今後、普及していく見込みはあるのでしょうか。

Appleの提供するCarKeyって何?

 Appleが提供するキーレスシステム「CarKey」は、従来のような物理キーを持たずに、ドアロックを解除したり、エンジンを始動したりできる画期的なシステムです。今後、普及していく見込みはあるのでしょうか。

AppleがBMWに搭載するデジタルキー「Apple carKey」。今後、Apple CarPlayのように普及するのか?
AppleがBMWに搭載するデジタルキー「Apple carKey」。今後、Apple CarPlayのように普及するのか?

 2020年6月、Appleが開催した開発者会議(WWDC20)にて発表されたiPhoneの新機能「CarKey」ですが、これは簡単にいえば、iPhoneやApple Watchがクルマのキーになるというものです。

 まずは近距離無線通信をベースに、従来のキーレス機能をiPhoneに付与するところから始まることが明らかにされていますが、その後、クルマに近づくだけで自動的に解錠できるようにするという計画も発表されています。

 これにより、手ぶらでクルマのドアロックを解錠したり、iPhoneを使ってエンジンを始動する、といった近未来的な方法でクルマを使用することができるようになると期待されています。

 2020年11月時点では、BMWの1/2/3/4/5/6/8各シリーズ、X5/X6、X7/X5M/X6M/Z4となり、2020年7月1日以降に製造されるモデルが対象。なお、45か国で利用可能にすると発表しています。

 これは、CarKeyを利用するためにはクルマ側にも専用の装備が必要であるためであり、AppleとしてもまずはBMWで実績を作り、順次他のブランドへ拡大させていくと考えているようです。

 また、従来の物理キーではできなかった「権限の付与」も可能になるため、キーを複製しなくても、iPhoneさえあればドアロックの開施錠ができるようになります。

 自車の開施錠が便利になるのはもちろんですが、この機能の真価を発揮するのがカーシェアリングです。

 物理キーの引き渡しをすることなく、カーシェアリングを利用することができるようになるため、CarKeyは自動車業界のシェアリングエコノミーの発展にも貢献すると考えられます。

 日本ではクルマを運転する際には運転免許証の携帯が義務付けられていますが、現在運転免許証とマイナンバーカードを連携させる方向で議論が進められています。

 これが実現すれば、スマートフォンに自動車運転免許を搭載することも可能になるため、CarKeyと合わせればまさに「スマホひとつ」でクルマの運転ができることになります。

 電子マネー決済も普及しつつあるため、スマホさえあれば出先での食事や買物に困ることもありません。

 一方で、新しい技術が採用されると、クルマに新しい部品が増え、故障の原因となるリスクが増えるという問題もあります。ある自動車修理工場のスタッフはこのように話します。

「プッシュスイッチ式のエンジンスターターが登場したとき、シリンダー型の始動システムでは必要なかった電子部品が追加されました。こうした電子部品の不調が原因でエンジンが始動できないといったトラブルは年に数件ですが存在しています。

 自動車メーカーやAppleは、CarKeyの搭載に際して厳しい試験を繰り返して信頼性を担保するとは思いますが、機械である以上何らかの問題が発生する可能性はあります。

 もし故障した際、CarKeyはAppleの認証が必要になる可能性が高いため、これまで以上に修理に時間がかかったり、修理費用が高額になる可能性はあります」

※ ※ ※

 技術が進歩し、あらゆることが便利になる一方で、複雑化したシステムによって故障のリスクが増えたり、整備に時間や費用がかかる可能性もあるようです。

【画像】iPhoneが鍵になる!? 驚くべき実態を見る!(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント