ルノー新型「カングー」ついに世界初公開! 大開口サイドドアで使い勝手大幅向上

仏ルノーは2020年11月12日、乗用モデル「カングー」と商用モデル「カングーバン」をフルモデルチェンジして世界初公開した。

新型「カングーバン」は「イージーサイドアクセス」という大開口のサイドドアが特徴

 仏ルノーは2020年11月12日、小型MPVの乗用モデル「カングー」と商用モデル「カングーバン」をフルモデルチェンジして世界初公開した。

2020年11月12日に世界初公開されたルノー新型「カングー」
2020年11月12日に世界初公開されたルノー新型「カングー」

 カングーは、1997年の登場以来400万台以上が販売されているモデルで、現行型は2007年にフルモデルチェンジした2代目。日本では2009年9月に販売開始されている。

 新型の外観は、より筋肉質のデザインになっているのが特徴だ。フロントはグリルとバンパーの間にクロームのラインを配置、完全に新しいフェイスとなった。

 新型カングーの商用モデルとなるカングーバン最大の特徴は、「イージーサイドアクセス」と呼ばれる大開口のサイドドアだ。

 これはBピラーをなくすことで、駐車場の制約に関係なく、ユーザーは室内に簡単にアクセスでき、荷物の出し入れなどが楽にできるというもの。新型カングーバンでは、1416mmという従来の約2倍のサイド開口部の広さとなり、これは同セグメントのなかでもっとも広いモデルとなるという。

 インテリアは多数の収納スペースを備えた水平基調のダッシュボードとなる。またシートは完全に再設計されたもので、より快適で耐久性がある。

 ボディは標準とロングボディの2種類を用意。標準バージョンの室内体積は3.3立法メートルから3.9立方メートル、ロングバージョンは4.2立方メートルから4.9立方メートルとなる。またパワートレインはガソリン、ディーゼルのエンジンモデルとフルEVも用意される。
 
 EVバージョンは5シーターの乗用版・新型カングーにも展開される。スリーサイズをはじめ、細かいデータは発表されていない。

 新型カングーは、フランス・モブージュにあるルノー工場にて生産される。欧州での発売は2021年初頭の予定だ。日本での発売時期はまだ発表されていない。

※ ※ ※

ルノー新型「エクスプレス」
ルノー新型「エクスプレス」

 同時に、新型「エクスプレス」「エクスプレスバン」も世界初公開された。新型エクスプレスバンはルノーブランドのスタイルコードを踏襲、現代性と堅牢性を表現している。またインテリアは高品質さと快適さをもたらしている。

 新型エクスプレスとエクスプレスバンは、モロッコのタンジールにあるルノー工場で生産される。

ルノー・カングー のカタログ情報を見る

【画像】また人気になりそう! 世界初公開されたルノー新型「カングー」を画像でチェック(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント