ボルボ「60シリーズ」に限定65台の「T8 Polestar Engineered」登場! 圧倒的なパワーと安全性

ボルボ・カー・ジャパンは、「60シリーズ」3車種に「T8 Polestar Engineered」を追加し、台数限定で発売すると発表した。

昨年導入された「S60 T8 Polestar Engineered」は発売初日に完売

 ボルボ・カー・ジャパンは2020年11月6日、「60シリーズ」3車種の「T8 Polestar Engineered」を台数限定で発売すると発表。同日より専用WEBサイトでの申し込み受付を開始した。

ボルボ「V60 Polestar Engineered」
ボルボ「V60 Polestar Engineered」

 T8 Polestar Engineeredは、昨年S60の限定車として30台のみ販売され、発売初日に完売となったモデルだ。

 2020年は導入車種がセダンのS60に加え、ステーションワゴンのV60、SUVのXC60の3車種に拡大された。

 Polestar Engineeredの主な専用装備としては、フロントをエンジン、リアをモーターで駆動するボルボ独自のプラグインハイブリッドパワートレインに専用チューニングが施され、合算参考出力420ps(エンジン:333ps/430Nm+モーター:87ps/240Nm)の圧倒的なパワーを発揮する。

 併せて、プラグイン・ハイブリットパワートレインにより、通常の「Hybrid」モードでの走行のほか、「Pure」モードではモーターのみによるゼロエミッション走行が可能となり、EV走行換算距離42km(S60/V60)、40km(XC60)という高い環境性能を両立させた。

 また、「Polestar Engineered」モードでは、アクセル、ステアリング、トランスミッションのレスポンスを向上させ、ESCをスポーツモードにした上で、リアモーターの出力特性をよりスポーツドライビングに適した設定にすることが可能となる。

 シャシはPolestar Engineered専用チューニングが施され、専用装備となるオーリンズ DFV(デュアル・フロー・バルブ)ショックアブソーバーは、前後とも22段階で減衰力の調整が可能となっている。

 専用ストラットタワーバーによるボディ剛性の向上と併せて、異なる路面条件で最大限のグリップを実現しながら、正確で一貫したハンドリング特性が得られると同時に、しなやかな乗り心地を実現した。

 ブレーキは強力なストッピングパワーと高い耐フェード性を得るために、S60とV60 T8 Polestar Engineeredには、ブレンボ社製6ピストン・フロントブレーキキャリパーとスリット入りベンチレーテッドディスク(フロント/Φ371mm)を、XC60 T8 Polestar Engineeredには、ドリルドベンチレーテッドディスクタイプのブレーキローター(フロント/Φ400mm)とアケボノ社製6ピストン・フロントブレーキキャリパーが採用されている。

 エクステリアでは、専用のバンパーやグリルデザインをはじめ、Polestar Engineered専用にデザインされた19インチ(S60/V60)と21インチ(XC60)の軽量で高剛性な鍛造アルミニウムホイールが装着されている。

 併せてPolestar Engineeredのカラーアイコンでもあるゴールドに着彩されたブレーキキャリパーや、Polestar Engineeredのロゴタイプがあしらわれたブラッククローム仕上げのステンレススチール製エキゾーストパイプ等を採用。インテリアでは、専用のゴールドカラー・シートベルトやテキスタイル/ファインナッパレザー・コンビネーションスポーツシート、パドルシフト等が採用されている。

【画像】ボルボ「60シリーズ」の限定車「T8 Polestar Engineered」を画像で見る(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント